アトピー性皮膚炎の治療対策|大人も子供も使える体質改善用サプリメントとは?

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

乾燥肌に敏感肌、ニキビ等々、肌荒れに関連した症状はいくつもありますが、その中で最も悩みが深いものが「アトピー性皮膚炎」ではないでしょうか?もしもこの記事を読んでくださっているあなたが、アトピー性皮膚炎を大人になってから発症したという場合や、長期に亘って人生の貴重な時間を奪われていたら、これほど悔しく悲しいこともないと思います。アトピー性皮膚炎の症状には個人差があるので「主治医ともよく相談されながら」が前提とはなりますが、もしも「体に負担の大きいお薬ではなく、なるべく体質改善することで治療の方向性を模索したいな」と感じている場合に、参考にしていただけるような情報をお送りしたいと思います。

アトピー性皮膚炎に限らず、花粉症やハウスダスト、食事等が原因で発症している皮膚のアレルギー症状でお悩みの場合にもご参考にいただける内容としてまとめてみました。

 

アトピー性皮膚炎とは?

日本皮膚科学会のガイドラインによると、アトピー性皮膚炎とは「良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする疾患で、患者の多くはアトピー素因を持つ」とあります。その症状には、表皮の毛細血管の拡張によって赤くなる紅斑や、毛細血管が真皮細胞へ入り込むことなどで起きる水泡やかゆみを伴った皮膚の盛り上がり、掻くほどにかゆみが増したり液体が出てくるなどの症状、皮膚が剥ける・かさぶたが出来るなどの症状があります。これらの症状が出やすい箇所は、年齢によっても異なりますが、一般的に「おでこ、目の周り、口の周り、耳の周り、首、ワキ、関節周辺、四肢」など体の左右対称に現れやすいという特徴があります。

偶然でしょうか?アトピー性皮膚炎が出やすい箇所は「リンパが集まるところ、大きな血管周り、粘膜があるところの周辺」で、実は「免疫力」と密接に関係しているところだったりします。これからの治療対策方法にも関係してくるかも知れません。アトピー性皮膚炎にはアトピー素因と言われるものがあるそうです。免疫力との関係性が潜んでいないか、もう少し深く確認しておきましょう。

 

アトピー素因とは何か?

アトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるものとして、乾燥や皮膚のバリア機能の低下、食物アレルゲン、ダニ・ハウスダストなどの環境アレルゲン、発汗、皮膚に触れる様々な物質、ストレスなどがあると言われていますが、根本的な素因には2つあると言われています。日本皮膚科学会のガイドラインによると、アトピー性皮膚炎の根本的な原因(素因)には、①「遺伝」と②「体質」があるそうです。

①家族やご自身の既往歴に「気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのどれか、または複数の疾患」があること。

②「IgE抗体をつくりだしやすい体質」です。

アトピー性皮膚炎は、遺伝や体質で決まると言われてしまうと「じゃあもう治療も無理だし対策法もないじゃないか~」という半ば諦め気分になってしまうかもしれませんが、この言葉の魔力に屈する必要は全くありません^^!

よく見てみると👀、①も②も「免疫細胞のバランスの問題」だからです。バランスの問題なので、シーソーのようにどちらかに偏り過ぎているならば、バランスがとれるように、逆サイドに何かプラスの要素を付け加えてあげれば良いということになりますよね^^

 

アトピー性皮膚炎を治すには、体質改善を

アトピー性皮膚炎の治療法として、過剰な免疫応答を抑えるために「ステロイド剤」や「抗ヒスタミン剤」が処方されることが一般的かと思います。クリームなどの外用薬や内服薬があります。困ったことに、ステロイドはホルモンに直接作用する強いお薬なので、症状の緩和に即効性がある分、体への負担も大きく、長期服用でガンを誘発するなどの副作用の危険性が拭い切れないです><; 抗ヒスタミン剤は、アトピーやアレルギーを起こす「ヒスタミン」を分泌する脂肪細胞の働きを抑えるためのお薬で、対処療法にはなっても、免疫細胞のバランスを根本から整えて治療するというタイプのものではなかったりします>< 便秘になりやすくなるなどの副作用も報告されているので、個人的意見ですが、微妙かと思います><

アトピー性皮膚炎やアレルギー症状に関係するのが「免疫バランス」です。免疫力が強すぎると、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を起こす一方で、免疫力が弱いとガンや糖尿病などを発症してしまうと言われていて、バランスを整えることが先決です。

免疫力の正体は、免疫細胞と言われるものです。特にアトピー性皮膚炎やアレルギー症状に関係が深いのが「液性免疫」と言われる抗体(IgEやIgGの免疫グロブリン)なのだそうです。細胞は生まれ持った遺伝情報の影響も受けますが、体質改善で発現の仕方に変化を与えることも可能なのだそうです。

 

エピゲノム(後天的遺伝情報)の上書きで体質改善

あなたの体は60兆個の細胞で出来ていて、肌や髪、骨などの分かりやすいものから、脳細胞、神経細胞、免疫細胞etc.色々な細胞があります。それぞれの細胞がもつDNA(全体設計図)は全て一緒です。でもDNAのどの部分の情報が使われるかが違っていて、その違いが細胞の形や役割の違いを生んでいます。驚くことに最新研究から、食習慣の改善で、元々のDNAの情報だけでは起きるはずのない現象が起きることが分かってきました。分かり易い例だと、肥満体質が痩せ体質になるなどですね。あなたの免疫に関するエピゲノム(後天的遺伝情報)を、バランスのとれた新しいものに上書きすることも夢ではないと思います。治療対策として試してみる価値がありそうです。次項以降に、個人差はありますが、一般的に大人から子供まで使うことのできる体質改善用のサプリメント(食べ物の情報も少し載せました)の情報と選ぶ際のポイントをお送りします。

 

アトピーやアレルギーの治療効果が期待されるサプリメントとは?

アトピー性皮膚炎やアレルギーの治療対策として、大人から子供まで試せる体質改善向きのサプリメントはあるのでしょうか?サプリメントも食べ物の一種なので、合う・合わないの個人差があるという前提付きではありますが、最新の研究成果や学会発表された情報を拾ってみました。参考情報として載せておきますね。

 

治療効果|IgE抗体の抑制作用のあるものを

アトピー性皮膚炎やアレルギー症状を引き起こしている免疫細胞の代表格が「IgE抗体」と言われるものです。免疫細胞は自分(無害)と外敵とを区別して、外敵として認識したものをやっつける働きがあります。IgE抗体も本来はとても有益なものですが、過剰になると、自己や本来は無害であるはずの食べ物や花粉などを「外敵」と誤認識し、アトピーやアレルギー症状を発症させてしまいます。

IgE抗体は「液性免疫」グループなのですが、これとバランスをとるグループに「細胞性免疫」があります(NK細胞やT細胞などのことで、ガン細胞やウイルス・細菌を自爆死させる細胞として有名です)。最新の研究から、細胞性免疫を活性化させることで、IgE抗体などの液性免疫の働きを抑えることができる可能性が指摘されています。

ということは、アトピー性皮膚炎やアレルギーの治療対策として大人から子供まで試せる体質改善策として、細胞性免疫の働きを上げるような食べ物やサプリメントを積極的にとっていく策がありますね。サプリメントで摂るとしたら、細胞性免疫を活性させるだけでなく、免疫細胞の70%は腸に集まっていて腸内フローラの良し悪しが免疫細胞の質に反映されると言われているので、腸内環境を改善する効果も同時に得られるものが良いと思います。おすすめはこちらをどうぞ。

なお食べ物なら、キャベツや大根、昆布も良いでしょうし、亜麻仁油・EPA・DHAなどのオメガ3油脂を意識すると良いと思います(サラダ油などのオメガ6油脂は液性免疫を活性化すると言われているのでご注意を!油脂の種類については別コンテンツでまとめたものがあるので、ご興味があればこちらからどうぞ⇒「腸内リセットvol.6★油で健康も若さも決まる!脂肪酸の種類やオメガ油とは?」)。

 

治療効果|炎症性サイトカインの抑制作用のあるものを

アトピー性皮膚炎やアレルギー症状が起きている時、あなたの体の中では、サイトカインという免疫シグナル(サイレン)が大音量で鳴り響いている状態にあります。本来、サイトカインはマクロファージなどの免疫細胞が、ガン細胞や細菌・ウィルスなどの外敵を駆除する際に、他の免疫細胞を呼び寄せたりするための信号として、とても重要な役割を担っています。ですが、この信号の調節が上手くいかなくなって、集まってきた仲間がさらに「炎症性サイトカイン」を発し続けてしまう状態になります。大人も子供もアトピーやアレルギー症状をいち早く抑えるためには、この炎症性サイトカインを鎮めることが大切です。体質改善用サプリメントを選ぶ際にも、炎症性サイトカインを鎮める作用のあるものを選ぶと良いでしょう。おすすめはこちらをどうぞ。

なお食べ物なら、抗炎症作用のある亜麻仁油などのオメガ3油脂、エキストラバージンのオリーブオイルなどのオメガ9油脂、炎症を抑える酵素「ブロメライン」を含むパイナップルやキウイ、ビタミンCやビタミンEが豊富な食べ物だと言われています。

 

治療効果|脂肪細胞を減少させる作用のあるものを

アトピー性皮膚炎やアレルギー症状は、肥満細胞(マスト細胞)からヒスタミンという物質が拡散することで起きている側面もあります(その根本には過剰になったIgE抗体の存在があるのですが・・・)。肥満細胞の数を減少させることができたら、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状を招くヒスタミンの量を抑えることができるということでもありますね。

体質改善のサプリメント選びは乳酸菌の中から

アトピー性皮膚炎やアレルギーは免疫細胞のエラーが原因でおこり、免疫細胞の70%が「腸」に集まっていて、腸のコンディションの影響を色濃く受けます。そのためアトピーやアレルギーの治療対策として、大人も子供も体質改善で完治を目指すのであれば、腸内環境の改善が必須だということを、ぼんやりとでも押さえておきましょう^^

NK細胞などの細胞性免疫を活性化して、IgEなどの液性免疫を抑える効果のあるサプリは色々あると思いますが、腸に直接働きかけることが出来るものをとなると、乳酸菌の範囲になってきますね。単純に免疫系の乳酸菌となると、ヨーグルトや飲料分野では「森永のビヒダスBB536」や「タカナシのLGG菌」、「協同乳業のLKM512」、「小岩井乳業のKW3110株」、「カルピスのL-92」などがあります。アレルゲンだと判明している場合を除いて、2週間くらい試してみて症状の変化を見てみるのも良いと思います。

ただしヨーグルトや飲料は効果を実感するために必要な乳酸菌の配合量が少なかったりするので、もう一歩踏み込んで、本格的に体質改善に取り組みたい場合には、アトピーやアレルギーの治療効果があるとされるサプリメントの活用を検討すると良いと思います。

 

免疫コントロールの王様|エンテロコッカス・フェカリス乳酸菌

エンテロコッカス・フェカリス乳酸菌は、免疫細胞の活性化や調整力に優れていることで有名です。EC12菌などが代表格で、久光製薬などからもサプリメントで販売されています。しかし、現在判明している中で、最も活性が高いのは「エンテロコッカス・フェカリスEF2001乳酸菌」です。人由来の乳酸菌で、あえて加熱処理して死菌にすることで、菌の細胞壁にある栄養源を大量に摂取できる点が特徴としてあります。

EF2001は、1兆個以上~活性が確認されていて、NK細胞やT細胞などの細胞性免疫の活性をあげて、IgE抗体などの液性免疫を抑え結果的にバランスをとる効果や、炎症性サイトカインを抑制する効果、脂肪細胞(マスト細胞)の減少作用などが確認されています(エビデンスを確認されたい場合はこちらから確認できます)。EF2001を1兆個以上配合したサプリメントを試してみたい場合は「メガサンA150」がおすすめです。大人から子供まで使用できて、保存料なども一切含まれていません。メガサンA150はこちらで確認することができます➡腸にしっかり確実に届きます!1兆個の乳酸菌!メガサンA150

なおEC12でエンテロコッカス・フェカリス乳酸菌を検討する場合、EF2001で1兆個以上必要なので、それと同等レベルの菌数が含まれているサプリメントを選ぶと良いと思います。参考になさってみてくださいね^^ノ

まとめ

アトピー性皮膚炎の原因には遺伝と体質が関係していると言われますが、根底には「IgE抗体」などの液性免疫や炎症性サイトカインの暴走といった免疫細胞の誤作動があることが判明しています。一般的にはステロイド剤や抗ヒスタミン剤で症状を抑えることが多いですが、完治を目指すならば、それらの対処療法だけでなく、食習慣の改善によるエピゲノム(後天的遺伝情報)の上書きなどを含む、体質改善が必要です。大人も子供も使える体質改善用サプリメントを選ぶ際のポイントなどをまとめました。辛いアトピー性皮膚炎から1日も早く解放されるための一助として本編情報をお役立てください。

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2