豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?

こんにちは。アンチエイジングマニアことsayakoです。

豆乳にはイソフラボンやサポニン、ビタミンBやビタミンE、カリウムといった栄養素が豊富に含まれていて、肌のコラーゲン生成をサポートしたり、血液を綺麗にしたり、結果的にターンオーバーを整えるなどの美肌効果が見込めるとして、美容意識の高い女性にとっては、「定番中の定番」な飲み物ですね。

特に有名で人気なのが「イソフラボン」ですが、「毎日豆乳を欠かさず飲んでいるのに、美肌になった感じがしない」という感想が意外と多いように感じます。そんな時に知っておきたい驚愕の事実や改善方法などをまとめました。

 

豆乳イソフラボンの美肌効果とは?

豆乳に含まれるイソフラボンは、ポリフェノール(植物が持つ「色素」「香り」「辛味」「苦味」成分)の一種で、女性ホルモンのエストロゲンに類似した構造をしています。実際に弱い女性ホルモンのような作用を示すことから「植物性エストロゲン」とも言われます。

本物のエストロゲン(卵胞ホルモン)は、肌のコラーゲン生成に深く関わっているため、弱いながらも、エストロゲンに似た作用のある豆乳イソフラボンにも、同様の効果が期待できます。

コラーゲンは肌のハリや弾力を支えているので、豆乳イソフラボンを摂り続けることで、顔や体のシワを改善したり、たるみを防止するといった美肌効果が期待できます。

またイソフラボンはポリフェノールの一種なので、抗酸化作用があると言われています。シミの防止など嬉しい美容効果が期待できます。

ただし元々ポリフェノール類は、体内への吸収率がとても低く、その原因には腸内細菌が関係しているのだそうです。これはイソフラボンにも同じことが言えます。もしも「毎日豆乳を欠かさず飲んでいるのに、ちっとも美肌になった感じがしない!」という場合には、あなたの腸に”ある菌”がいないのかも知れません。その”ある菌”とは何で、調べる方法や増やす方法などをまとめたので、続きを見てみてください。

 

豆乳イソフラボンの美容効果を高めるには?|肌老化防止力を格段に上げる

豆乳イソフラボンは一般的に「イソフラボン配糖体」といって、糖と結合した状態で存在しています。腸内細菌がイソフラボン配糖体を分解し、糖と切断した状態「アグリコン」に変化させることで、美容に良い働きをすると言われています。

特に大豆に含まれるイソフラボンの内、「ダイゼイン」が腸内細菌によって分解されると「エクオール」というエストロゲン活性の強い物質に変化します。通常のイソフラボンよりも強い活性なので「スーパーイソフラボン」とも呼ばれます。

30代半ば頃からガクッと減少すると言われるのがエストロゲンです。年齢に負けずに肌老化を防止して、なおかつ美肌効果をもっと高めたいのであれば、エクオールこそ味方につけるべき成分だと言えそうです。

 

エクオールを作れる人は見た目が綺麗

「いつまでもすっぴん美人でありたい」というのは多くの女性の願いですが、加齢によってどうしても肌のハリが失われてきたり、シワが出てきたりするのが一般的かと思います。

でも中にはシワやたるみがほとんどなくて、色白で、いくつになっても美肌をキープしている人がいたりします。「一体どんなスキンケアをしているのかしら?」とか「どんなサプリを摂っているのか知りたい!教えて!!」なんて思うことはありませんか?実際に聞き出してみたけれど、「特に高級な化粧品は使っていないし、美容サプリも摂っていないよ」なんて回答が返ってくるかも知れません。

そんな時は、エクオールの力なのかも知れませんよ。

エクオールは目尻のシワがみるみる改善する”若返り薬”と呼ばれることもあります。実際にエクオール配合薬と偽薬とを女性チーム(約90人の女性)に3カ月間飲んでもらったプラセボ実験(藤田保健衛生大学教授の松永佳代子さんによる実験)では、エクオール配合薬を飲んだ人は、明らかにシワが浅くなったのだそうです。

NHKスペシャル取材班著「腸内フローラ10の真実」より

まさに肌を若返らせるかのようなエクオール!「豆乳を飲んでいさえすれば、ダイゼインを腸内細菌が分解して最強の美肌成分エクオールを作ってくれるから安心!」と行きたいところなのですが・・・、実は、エクオールを作れる人と作れない人がいます>< 次に詳しくみてみましょう。

 

あなたはエクオールを作れる人?

大豆由来のスーパー美肌成分「エクオール」を作れる人と作れない人との差は、腸内に「エクオール産生菌」がいるかどうかだと言われています。

エクオールは1984年に見つかってから、各国で色々な研究がされてきています。今までに分かっていることは、地域や国によって、エクオールを作れる人の割合に偏りがあることです。アジアでは約50%、北米やヨーロッパでは20~30%なのだそうです。腸内細菌の種類は食習慣の影響を強く受けるので、大豆製品をよく食べるアジアではエクオールを作れる人が多いのだそうです。

「自分はアジア人だから大丈夫!」と安心したいところなのですが・・・食の欧米化によって事情がぐっと変わってきています。豆乳などの大豆製品を飲んだり食べたりする機会が激減しているため、アジア地域の日本人と言えども、エクオール産生菌をもつ人の割合は、60代で50%、30代で15%、20代では10%にまで落ち込んでいるそうです。

引用:http://www.s-equol.com/about.html より

スーパーイソフラボンの美肌効果の恩恵を自分は受けれているのかどうか、すごく気になりませんか?意外と簡単に調べることができますよ。

 

自分がエクオールを作れる人かどうかを調べる方法は?

自分が美肌成分「エクオール」を作れる人かどうかを知りたければ、尿検査で調べることができます。婦人科・泌尿器科などで対応してくれるクリニックもありますが、もっと簡単に、ネットで済む方法があります。「クリニックは行くのが面倒だし、何となく敷居が高くて・・・」という場合には、出かけなくて良くて、お医者さんと顔を合わせなくても済むネットが便利ですね。

名古屋大学のバイオベンチャー企業「株式会社ヘルスケアシステムズ」というところから「ソイチェック」という検査キットが発売されていて、エクオールがどれくらい作れているかを5段階で評価してくれます。

検査キットを購入して、届いたキットで採尿し、ヘルスケアシステムズに送付して結果が送られてくるのを待つだけです。スマホで結果通知してくれるので、いち早く知りたい時にも良いですね。

どこで買えるかというと、楽天などで普通に買えます。便利です。

 

もしも検査の結果、自分が作れない人だったとしても諦めないで大丈夫です!対策方法もまとめたので、続きを見てみてください。

 

エクオールを作れるようになるには?産生菌を増やす方法

大豆イソフラボン由来の美容成分「エクオール」を作れるのは、エクオール産生菌という腸内細菌です。一般的に、腸内フローラは生後1年くらいで菌の種類が決まってしまうと言われていて、大人になってから新たな菌を増やすのはほぼ無理だと言われることがあります。

この話の流れでいくと、もしも今、エクオール産生菌をもっていない場合は、エクオール産生菌を今後も定着させられないので、ラボで抽出した人工のエクオールサプリを飲むしかないという話になります。実際にこの流れで売られているエクオールサプリがとても多いです。

私の本音として「それってどうかな?」と思います。ガンなどの病気と一緒で、医者が治らないと言っても、本人の意思と生活習慣の見直しで自然完治させてしまう人もいるんですよね。私もその経験があって、しかも腸内環境の改善(自己免疫力を高める方法)で治した感覚があるので、エクオール産生菌についても諦める必要は全く無いなと思っています。

エクオールはエストロゲンとほぼ一緒の働きをするので、ラボで人工的に成分だけを抽出したサプリは、ホルモン剤を飲むようで、個人的にちょっと怖いです。

これは私の感覚にすぎないのかも知れないですが、もしもあなたの感覚が近いようであれば、エクオール関連のサプリを選ぶ際には、エクオールそのものを抽出したものではなくて、腸にエクオール産生菌を増やすタイプのものが良いと思います。私の体験レポートを載せているので、参考にされてみてください(ノムダスレポートはこちらから)。

また美肌成分「エクオール」を作れる人になるには、サプリの摂取に加えて、悪影響になる要素を取り除き、良い要素を取り入れることも大切です。

エクオールを作れる人に特徴的なポイントはこちらの7つです。特に★印は腸内細菌の書籍や論文などでもよく見かけるので、注視して生活習慣の見直しに活かしてみると良いと思います。

  1. 大豆製品をよく食べる習慣がある(★)
  2. 食物繊維をよく食べる習慣がある(★)
  3. 魚介類をよく食べる習慣がある
  4. 緑茶をよく飲む習慣がある
  5. 便秘しない(★)
  6. 非喫煙者(★)
  7. 睡眠を7時間程度とる習慣がある(★)

喫煙は出来るだけやめるとして、その他の項目は腸内環境と密接な項目ばかりなので、エクオール産生菌を増やすには、大豆製品を積極的に摂る以外にも、日常的に腸内フローラを整えるために良いと言われるものは、積極的に行っていくと良さそうです。

腸内環境の改善には乳酸菌が効果的です。このサイトでもいくつかタイプの違う乳酸菌を私の使用感をベースにランキング式で載せています。参考にされてみてください。➡乳酸菌サプリの情報はこちらから

まとめ

豆乳を飲んでいるのに美肌効果が感じられない場合には、体内でのイソフラボンの代謝が関係しているのかも知れません。本編ではイソフラボンの美容効果を高めるために知っておきたいこととして、イソフラボンを最強の美容成分「エクオール」に変換する菌の存在や、検査方法、エクオール産生菌を増やす方法をまとめています。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2