首筋~デコルテのしわ・たるみを解消する方法|肌年齢の若返りサプリで美首に!

こんにちは。アンチエイジングマニアことsayakoです。

「20代前半の若い頃は、首筋からデコルテにかけて、しわやたるみなんて全く無くて、美しい首が自慢だったのに、最近は日に日に年齢を感じさせる見た目に変わってきたな」とか「自信がないので首筋からデコルテを隠すようなファッションが多くなってきた」ということはありますか?

これらの悩みを解消するためには、首筋からデコルテのしや・たるみの原因を知り、年齢に応じた解消方法を実践することが大切です。本編ではこれらの原因や予防・解消方法についてまとめました。最後に私自身の体験談を踏まえながら、肌年齢の若返り効果のあったサプリの情報を追記しています。

 

首筋~デコルテのしわ・たるみの原因

首筋からデコルテのしわやたるみの原因は、大きく分けて3つあります。肌年齢により大きな影響を与える順に並べてみると、1つ目が「加齢によるもの」、2つ目が「乾燥によるもの」、3つが「体の動かし方を含む日常生活によるもの」です。それぞれについて、もう少し詳しく見てみましょう。

 

加齢による真皮層の劣化が原因で、深いしわやたるみを引き起こす

首筋やデコルテを含む肌全般に言えることとして、特に深いしわやたるみは、肌の真皮層に蓄積されたダメージが原因となっている場合があります。真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが豊富で健康な状態であれば、肌の弾力がキープされて、しわやたるみの無い理想的な”美首”になります。しかし加齢によってコラーゲンやエラスチンの量が減ることが分かっています。これは、成長期を過ぎた成熟期の細胞では、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞の働きが落ちることに加えて、30代頃から減少すると言われる女性ホルモン:エストロゲン(卵胞ホルモン)が関係していると言われています。エストロゲンにはコラーゲンを増やす働きがあるためです。

加齢による影響はあるものの、日々の取り組み次第で、老化スピードを遅らせたり、しわやたるみの予防だけでなく、解消していくことも可能です。既に出来てしまった深いしわやたるみの解消方法は大項目「3 ”美首”におすすめ|肌年齢の若返りサプリとは」をご覧ください。

引用:ニチモウバイオティックス株式会社HPより

 

乾燥肌が原因で、深いしわやたるみを引き起こす

首筋やデコルテに現れる深いしわやたるみには、そこに至るまでのプロセスがあります。その初期症状が小じわです。小じわは角質層の乾燥が原因で起きると言われています。乾燥によって肌のバリア機能が失われ、水分が外に抜けていく状態になると、肌の奥にもダイメージが及び、深いしわやたるみをに発展するそうです。

顔の保湿ケアと同様に、首筋からデコルテにかけての部分も念入りに保湿するようにしましょう。なお乾燥肌対策は「外側からのケアが20%、内側からのケアが80%」と言われることもあり、乾燥に負けない強い肌を体の内側から作っていくことが大切です。特に紫外線などの外部刺激から肌の内側を守るバリア機能や、保湿機能に大きく寄与するのがセラミドに代表される細胞間脂質です。これを効果的に増やしていくことも有効な対策となります。セラミドを効果的に増やす方法は過去に関連記事で取り上げたことがあるので、ご興味があれば、参考にされてみてください➡つらい乾燥肌を優しく改善♥潤い成分”セラミド”を増やすには乳酸菌が効果的!

 

姿勢が悪いと、しわやたるみを引き起こす

首筋のしわは、普段の姿勢が原因で刻まれることも多いです。例えば、猫背でうつむいた状態でPC作業を長時間すると、首筋の筋肉が内側にたたみ込まれる格好となり、首筋に深いしわが刻まれる原因になりますし、筋肉の衰えも誘発し、たるみを引き起こしやすくなります。

またバックの肩掛けが習慣になっている場合、肩の筋肉や骨格が荷物の重さに耐えるために首筋方向に持ちあがりやすい格好になります。これによってデコルテや首筋にしわが寄りやすくなるので注意が必要です。バックを持つ時は、両手や両肘など持つ箇所をこまめに変えて、同じ姿勢が長時間続くのを避けるようにした方が良いですね。

また就寝中の枕の高さが合っていないと、首筋に深いシワが出来る原因となります。顎を深くひいた状態だと、しわができやすいので、高すぎる枕は避けましょう。

 

体の内側からしわ・たるみを防止する食べ物

肌トラブルの対策の基本は「外側からのケアが20%、内側からのケアが80%」だと言われています。ここでは首筋やデコルテのしわやたるみを防止するために摂りたり食べ物の情報をお送りします。

 

肌の弾力を保つコラーゲンを多く含む食べ物

首筋やデコルテに深いしわやたるみを生じさせないためには、真皮層のコラーゲンやエラスチン量を増やして肌の弾力を保つことが大切です。コラーゲンを多く含む食べ物はこちら↓です。ただし高カロリーなものも多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

◎鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、豚バラ肉、魚の皮、すっぽん、フカヒレ、うなぎ、エビ、ゼラチン、プリンなど

 

コラーゲンを増やすサポートをする食べ物

ビタミンAやビタミンCは、真皮層のコラーゲン生成をサポートする働きがあるため、食事で積極的に摂るようにすると良いです。日本食品標準成分表2015年版によると、1日の摂取量の目安は成人女性の場合、ビタミンAが650~700μg、ビタミンCが100mgとのことです。それぞれ多く含まれる食べ物はこちらです。

◎ビタミンA⇒豚レバー、鶏レバー、あんこうの肝、焼きのり、うなぎ、パセリ、にんじん

◎ビタミンC⇒レモン、アセロラ、パセリ、グァバ、焼きのり、赤ピーマン、ゆずの皮、キウイ、ブロッコリー

 

エラスチンを増やすサポートをする食べ物

エラスチンを増やすには「オメガ3脂肪酸」が必要です。鮭やマグロに含まれるEPAやDHAが役に立ちます。また「ロースト亜麻仁」のスーパーフードでも摂ることが出来ます。油でとる場合は亜麻仁油、しそ油、えごま油(ごま油ではない点に注意!)で摂ると良いです。なおオメガ3脂肪酸はとても酸化されやすいので、油で摂る場合は、炒めものには使わず、ドレッシングにするなどして生の状態で食べるようにしましょう。

 

既に出来てしまったしわやたるみの解消には、サプリの活用が効果的

もう既に、首筋やデコルテに深いしわがあったり、たるみの症状がある場合には、食べ物による予防改善を続けながら、解消のために、もう一歩踏み込んだケアを検討すると良いでしょう。30代以降のしわやたるみの大きな原因と考えられるのが、コラーゲン繊維を生み出す線維芽細胞の働きが落ちることと、女性ホルモンの減少です。それぞれにアプローチできるサプリの活用を検討してみると良いと思います。実際にこのアプローチで私自信が試してみた結果、深いしわが解消しました。次に詳細をまとめました。引き続きどうぞ。

 

”美首”におすすめ|肌年齢の若返りサプリとは

既に出来てしまった首筋からデコルテの深いしわ・たるみを積極的に解消したい場合には、加齢の影響で弱まったコラーゲン繊維を生み出す線維芽細胞の働きを上げることと、減少する女性ホルモンのケアが大切です。これらは、普段の食事改善だけでは効果が薄い場合があるので、専用に開発されたサプリを取り入れることも賢い選択だと思います。私自信も首のしわ・たるみ解消に効果のあった、肌年齢の若返りサプリを参考情報としてお送りします。

プラセンタを配合したサプリメント

加齢によって首筋に深く刻まれたしわ・たるみにアプローチするには、線維芽細胞増殖因子(FGF)や上皮成長因子(EGF)を含むプラセンタが良いと言われています。これらは元々体に備わっているものですが、加齢とともに衰えてきます。プラセンタを摂ることで、肌のターンオーバーを促進し、美しさを生み出す力を取り戻す効果が期待されます。

実際に私もプラセンタを配合したサプリ(【発酵プレミアム プラセンタとケフィア】)を飲み始めて数日で、首筋にあった深いしわが改善されたので、速やかに結果を感じたい場合はプラセンタが良いと思います。ただしプラセンタは哺乳類の胎盤という非常に品質管理が難しいものであることや、サプリで摂る場合は、馬や豚由来のもの(人由来は医療用のみのため)であることを考慮して、選ぶ際にはSPF(特定病原体不在)の証のあるものを選ぶようにしましょう。【発酵プレミアム プラセンタとケフィア】はSPF管理による豚プラセンタを発酵させたものです。ケフィアによる美白効果・腸内環境の改善効果もあるため、内側から綺麗になりながら、白くハリのある美しい首を目指す場合にも良いと思います。

 

スーパーイソフラボン:エクオール産生菌を含むサプリメント

しわやたるみの原因には加齢による女性ホルモンの減少があると言われます。エストロゲンがコラーゲン生成に関係するからです。減少するエストロゲンを補うものとして、豆乳や大豆製品に含まれるイソフラボンが有名だと思いますが、最近、イソフラボンのはるか上をいく効果をもつ「エクオール」という物質が、女性のアンチエイジングを叶える物質として主流になりつつあります。その訳は、エクオールが、エストロゲン(卵胞ホルモン)と同一の働きをすることが分かってきたからです。事実「エクオールの血中濃度が高い人は、しわやたるみのトラブルが少ない」と言われています。

エクオールは元々、イソフラボンをエサにする腸内細菌(エクオール産生菌)がつくり出す物質ですが、全員の腸にエクオール産生菌がいる訳ではないのです(60代で2人に1人の割合ですが、30代で5〜6人に1人、20代では10人に1人の割合まで落ち込んでいるそうです)。そのため最近では、ラボで人工的にエクオールを抽出させてサプリにした商品が数多く出回っています。

しかしエクオールはエストロゲンと同一の働きをするので、ある意味強い作用があることと、経口摂取の場合、肝臓で分解・再合成のプロセスが入るため、副作用などの危険性が本当にないのかどうかについて、まだまだ調査が必要な段階だと個人的には思います。そのためできるだけ本来の形である「自分の腸内にエクオール産生菌を増やし、エクオールを作ってもらう」形が安全なのではないかと思います。実はこのプロセスにアプローチして開発された国内唯一のサプリがあります。福岡の会社が販売しているノムダスというサプリで、TVなどでも取り上げられています。

ノムダスは、腸から余計なものを排出してコンディションを整えながら、エクオール産生菌を飲んで腸内に増やすというアプローチのため、首筋やデコルテのしわやたるみへの即効性はプラセンタに比べると薄いですが、中長期的にしわやたるみに悩まない体質に改善していく効果を狙えるので、取り入れていきたい魅力的なサプリだと思います(『ノムダス』を見てみたい方はこちらからどうぞ

私の使用体験もレポートもご興味があれば見てみてください(ノムダス体験レポート

 

まとめ

首筋からデコルテの「しわ」や「たるみ」の原因と予防方法や、綺麗に解消するために役立つ肌年齢の若返りサプリなどの情報についてお送りしました。

首筋からデコルテのしわやたるみの原因には、加齢による真皮層の劣化や、乾燥による肌ダメージ、姿勢の悪さなどがあります。まだそれほど深いしわではない場合には、体の内側からしわ・たるみを防止する食べ物を摂ったり、普段の日常生活を改善することで予防することが可能ですが、既に出来てしまった深いしわやたるみの解消には、サプリの活用が効果的な場合が多いです。

”美首”におすすめな肌年齢の若返りサプリとしては、真皮層のコラーゲン繊維に働きかける2つの成長因子(FGFやEGF)を含むプラセンタを配合したサプリ(【発酵プレミアム プラセンタとケフィア】)や、 減少するエストロゲン(女性ホルモンでコラーゲン生成に深く関係する)とほぼ同一の働きをすると言われるスーパーイソフラボン:エクオール産生菌を含むサプリメント(『ノムダス』を見てみたい方はこちらからどうぞ)が有効だと言われています。

普段の生活を改善しつつこれらのサプリを賢く活用しながら、いつまでも美しい首ラインを保てるようにしていきたいですね。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2