眉間・こめかみニキビは肝臓が原因!疲れをとるデトックスで肌荒れを治す方法とは

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

顔に出来るニキビの中で最も出来てほしくないのが、眉間のニキビではないでしょうか?顔の中心線上にあるために、目立ちやすいですよね。お化粧や前髪で必死に隠してはみたものの、それが更なる炎症に繋がってしまって、なかなか治らないということもあると思います。

手や足に反射区があるように、顔にも内臓の状態が現れると言われています。そして眉間やこめかみのニキビと関係するのが肝臓(写真で「LIVER」と書かれている部分)なのだそうです。

本編では、眉間やこめかみに出来るニキビの共通原因と言われる「肝臓の疲れ」を取り上げながら、ニキビを治すために肝臓をデトックスしたり修復して良くするための方法をお送りします。

 

ニキビと肝臓の関係とは?|眉間・こめかみニキビの原因

ニキビは肌の内側の炎症ですが、その炎症の元となる毒素を送り出してしまっているのが肝臓です。健康な肝臓であれば、食事の栄養を分解して、肌が求める物質に変換し、血液を介して肌に栄養を届けます。しかし肝臓が疲れてくると、栄養の再合成の力が落ちて栄養が少ない割りに毒素が多くなるようになるのだそうです。これが眉間ニキビやこめかみニキビの原因になると言われています。

次に肌荒れを治すために、肝臓の働き疲れ、眉間やこめかみのニキビとして症状が現れるまでのメカニズムを確認しておきましょう。

 

ハードな働きで肝臓が疲れると解毒が追い付かない

肝臓の働きは「毒素の解毒」「栄養の貯蔵」「栄養の再合成」です。肝臓は”沈黙の臓器”と言われるように、黙々とハードワークをこなす臓器です。どのくらいハードワークかと言うと、1分間で1.5リットルもの血液を、生きている間中、休みなく解毒・貯蔵・再合成の処理をし続けています。

この血液がどこから来るのかというと、肺で吸った酸素や毒素を含む血液が流れ込む「肝動脈」と、腸で吸収した栄養や毒素の含まれた血液が流れ込む「門脈」からです。大量の血液を処理することから、人の体の中で最も基礎代謝量が多いのは、肝臓だということが判明しています(筋肉ではないのです)。

1位:肝臓27%、2位:脳19%、3位:筋肉18%

4位:腎臓10%、5位:心臓7%、その他19%

引用:「横浜市スポーツ医科学センター」より

 

 

しかし肝臓にも限界があります。肝臓を疲れさせる原因となるものは「毒素」です。毒素には、呼吸に含まれる排気ガスや、喫煙による有害物質、食事に含まれる添加物や残留農薬、アルコールやカフェイン、多すぎる糖質や脂質、腸内の悪玉菌がつくる有害ガスや毒、ストレス等で発生する活性酸素やフリーラジカル、増えすぎた女性ホルモン、洗剤などの化学製品による環境ホルモンなど多岐に亘ります。

これらの毒素が多くなりすぎると、肝臓が疲れて機能が落ちるそうです。

 

ニキビは溢れた毒素を肌が解毒しようとしているサイン

肌は排泄器官の1つでもあることから、東洋医学では「ニキビは肝臓が処理しきれなかった毒素を皮膚が処理しようとした結果」と考えるそうです。肝臓の解毒能力を超えると、毒素を含んだ血液が肌にも届きます。肌細胞はその血液から毒素を取り込んで、炎症を起こし、ニキビの膿(うみ)と一緒に排出しようとするそうです。これを発表解毒(はっぴょうげどく)といいます。

また眉間やこめかみは肝臓の反射区だと考えられています。これらの箇所にニキビが出来たり、繰り返すような場合は、肝臓を良くするために、デトックスや傷んだ細胞の修復を検討しましょう。

 

肝臓のデトックスによい食べ物とは?

集中的に肝臓を良くするために有効だと言われるのが、デトックスです。ここではデトックスに良いと言われる食べ物をご紹介します。

ただし添加物・糖質・脂質たっぷりの加工食品は肝臓のデトックス効果を打ち消してしまいかねないので、なるべく避けましょう。生の素材を薄味で調理して食べるのがコツです。またアルコールやカフェイン、喫煙などの嗜好品も極力控えるようにして、ミネラルが豊富な天然水を1日あたり1.5~2リットルを目標に飲んでいくこともお忘れなく!期間はご自身が決めて実施いただければと思います(私は1週間で実施しています)。

眉間やこめかみのニキビを治すためや予防改善にもお役立ていただければと思います。

 

抗酸化作用|レモン水、ルイボスティー

肝臓には”エネルギー工場”と呼ばれる小器官(ミトコンドリア)が多数存在しています。ミトコンドリアは酸素をエネルギー源としているため、燃えカスである活性酸素が発生しやすく、血液に含まれる脂質などと結びついて、より強力な毒素となりやすいため、まずは抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを積極的にとるようにしましょう。

肝臓のデトックスで有名なのが、レモン水です。「空腹時、お湯に生のレモンを搾って飲む」と良いです。砂糖は入れないようにしましょうね。

また抗酸化作用がありノンカフェインのルイボスティーをコーヒーの代わりにするのも良いでしょう(ルイボスティーの抗酸化作用についての関連記事はこちらから)。

 

キレート作用|りんご、グレープフルーツ、ブロッコリー、アスパラガス、玄米

キレート作用とは有害物質を捕獲して尿や便と一緒に排出する作用のことです。血液中の毒素を捕らえる力が強いと言われるのが、りんごをはじめとするこれらの食べ物です。サラダやおやつ、料理に上手に取り入れましょう。

 

巡りを良くする作用|ニンニク、ネギ、たまねぎ、にら、シナモン

デトックスした毒素を体外に運び出すのは血液の仕事です。血流が悪いとデトックス効果が出にくいので、巡りを良くする食材も摂っていくようにしましょう。硫化アリルを豊富に含む食べ物は身体を温め、肝臓の働きをサポートしてくれます。代表的なものが、ニンニクです。ネギやたまねぎ、にらなどの香りが強い食材にも豊富に含まれているので、料理で取り入れるようにしましょう。またシナモンには体を芯から温める効果があると言われているので、豆乳などと一緒に摂ると良いでしょう。

 

肝臓の修復が期待できるサプリメントとは?

眉間やこめかみのニキビを積極的に治すために検討したいのが、肝臓の修復が期待されるプラセンタ入りのサプリメントです。プラセンタと肝臓がどう関係するのか?という疑問を晴らすために補足しておきます。

現在、厚生労働省が医療用に使用を認めているプラセンタ(人由来)は、更年期障害・乳汁分泌不全を治療する場合と、肝炎・肝硬変・肝機能障害を治療する場合に限られています。

プラセンタには細胞を増殖させて内臓を作り出すグロスファクター(成長因子)が含まれているため、ダメージを受けた肝細胞の再生を促す作用があるということですね。

眉間やこめかみのニキビの治りが悪く、繰り返すような場合には、プラセンタを検討してみると良いと思います。

人由来のプラセンタではないですが、私も豚プラセンタ(発酵して成分を濃縮したタイプ)を飲み始めてから、ニキビがスムーズに改善しました。ニキビ跡の色素沈着にも悩んでいたのですが、プラセンタを飲み始める前よりも日に日に薄くなっていくのを感じています。お医者さんに行くまでではないけれど、眉間やこめかみニキビを早く治したい場合は、参考になさってみてください。⇒公式HP:【発酵プレミアム プラセンタとケフィア】、私の体験レポート:こちら

 

まとめ

どうしても目立ってしまう眉間やこめかみのニキビ。これがなかなか治らない、繰り返すなどの場合は、肝臓からの”疲れ”のサインかも知れません。肝臓の顔の反射区が眉間やこめかみだと言われているからです。

肝臓は1分間に1.5リットルもの血液を、休みなく解毒したり栄養を貯蔵したり、再合成したりしているため、ハードワークになりがちです。これにより肝臓が疲労すると、毒素の解毒能力が落ちて、肌が膿と一緒に毒素を排出しようとするそうです。その結果が眉間ニキビやこめかみニキビです。

肝臓を休ませるためのデトックスをしつつ、肝細胞の修復が期待できるサプリメントを賢く活用していきましょう。肝臓の修復に良いと言われ、眉間やこめかみニキビの治りを早くするものとして、プラセンタが有効だと言われています。

病院に行くまでではないけれど、早く眉間・こめかみニキビを治したい場合は参考にされてみてください(【発酵プレミアム プラセンタとケフィア】)。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2