肌のターンオーバーを促進!新陳代謝を早めるための食事やサプリメントとは?

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

「肌のターンオーバーを促進して、ニキビやニキビ跡をきれいにしたい」とか「シミの悩みから一刻も早く解放されたい」と思うことや、「すっぴんがかわいいね」って言われたいなと思うことはありませんか?

20代や30代の女性の肌のお悩みを解消するためには、肌の新陳代謝を早めることや正常化させることが大切です。

そのために必要な食事やサプリメントについての情報をまとめました。食事やサプリメントで綺麗な肌を手に入れましょう。

 

肌のターンオーバーを促進!新陳代謝を早めるための食事とは?

肌のターンオーバーの周期には個人差がありますが、一般的に、28日~56日周期だと言われています。

20代を境目にして、年齢を重ねる毎に周期が長くなっていきます。

年齢による影響はあるものの、個人差に目を向けると、肌のターンオーバーの周期には、食事や運動、睡眠の質が大きな影響を与えます。

その中でも最も大切なのが食事です。肌は、あなたが日々食べている食事を元にして、つくられているからです。

肌のターンオーバーを促進したり、遅れている新陳代謝を早めるための食事のポイントを見てみましょう。

 

良質なタンパク質の食品や食材をとる!

肌の新陳代謝を早めるためには、食事の際に、良質なタンパク質を取り入れるようにしましょう。

体は70%が水でできていることは有名ですね。その次にランクインするのがタンパク質です。割合にして20%もあります。

水を除くと、タンパク質が占める割合は60%以上です!

肌そのものもタンパク質ですが、「コラーゲン」やコラーゲン同士をつなぐ「エラスチン」、肌細胞に栄養を送ったり老廃物を回収する「血清アルブミン」(血液に含まれる成分)も全て、タンパク質です。

タンパク質不足が起きると、肌のターンオーバーが促進されないことに・・・。

良質なタンパク質を食品や食材から摂っていきましょうね。

 

良質なタンパク質を摂るには、肉や魚、卵、大豆製品などを食べることが大切です。

特に、肉や魚、卵などの動物性食品に多く含まれていて、植物性食品からは摂れない、肌代謝に役立つ貴重な脂肪酸やミネラルなども一緒に摂ることができます。

食べ過ぎには注意が必要ですが、肌の新陳代謝を早めるためには、動物性食品をバランス良く摂ると良いでしょう。

 

なお食品や食材を選ぶ際には、以下の点に気をつけるようにしましょう^^

  • 動物性食品は、抗生物質やホルモン剤を使用したエサで育てられたものをできるだけ避けること
  • 植物性食品は、農薬不使用または減農薬のものをできるだけ選ぶこと

抗生物質やホルモン剤、農薬は、活性酸素を発生させる大きな要因になります!活性酸素は肌細胞を傷めつけるため、肌のターンオーバーを阻害してしまいます。

 

関連記事として、肉などの良質なタンパク質の不足が血清アルブミンの不足を招き、ひいては新型栄養失調につながり、肌のターンオーバーだけでなく健康にも悪影響が出る可能性があることをまとめましたので、ご興味があれば、見てみてくださいね。

肉を食べない菜食のみ!は血清アルブミン不足の新型栄養失調に注意を

 

炭水化物の食品や食材で糖質と食物繊維をとる!

肌の新陳代謝を早めるためには食事に炭水化物を取り入れる必要があります。

お米や麦、根菜類などの炭水化物を含む食品や食材には「糖質」と「食物繊維」が含まれていて、どちらも肌の新陳代謝を下支えするものとして重要な役割を果たします。

 

肌のターンオーバーの促進と糖質の関係

糖質は肌のターンオーバーをはじめとして、全身の細胞(60兆個の細胞)が新陳代謝をする時に必要とするメインのエネルギー源となっています。

もしも糖質が不足すると、体はタンパク質をエネルギー源とするため、どんどんタンパク質が使われて、肌も髪も爪も筋肉も枯れて先細りすることに・・・。

糖化による肌老化を気にされて、炭水化物の食材を一切食べないという方法をとる場合もあるかと思います。

行き過ぎた糖質オフは、肌のターンオーバーを遅らせてしまうという悲しい結果につながりかねないので、注意が必要です。

肌の新陳代謝を早めるためには、炭水化物を含む食品や食材からしっかりと糖質を摂っていくようにしましょう。

 

肌のターンオーバーの促進と食物繊維との関係

肌のターンオーバーの促進と食物繊維との間には、深い関係があります。

思い出してみて欲しいのですが、便秘や下痢が続くと、肌が荒れる経験はありませんか?

これは、腸内環境が乱れて排便がスムーズにいかなくなると、腐敗した便から発生する硫化水素やアンモニアなどの毒が血流にのって肌細胞にも行きわたるからなのです。

それと同時に、腸内環境が乱れると、肌の新陳代謝を早めるための栄養が肌細胞に届きにくくなるということもあります。まさにダブルパンチです。

 

腸内環境を改善して整えるためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌を増やすには、エサが必要ですよね?

そのエサが、食物繊維なのです。

 

炭水化物を含む食品や食材には、元々、食物繊維が豊富に含まれています。

ただし、白米や食パン、麺類などの白く精製された炭水化物は、精米や精紛の段階で、食物繊維が根こそぎ削り落されている状態となっているため、肌のターンオーバーを促進するためには、雑穀米や玄米、ライ麦パンや皮つきの根菜類を摂る方がより良い選択と言えます。

 

以前、白米と玄米の食物繊維の量がどれだけ違うのか?という記事を残しました。ご興味があれば見てみてくださいね。目次の「4. 食物繊維の1日の摂取量とは?」の部分です。

腸内リセットvol.2♥昼は食べるダイエットも兼ねて食物繊維食品を多めに

 

美容によい油を食べる!

肌の表皮は、汗と油(脂質)が交じり合った薄いベールによって守られています。

この肌のバリア機能が失われると、乾燥によって肌細胞の水分が奪われて、肌のターンオーバーに必要な栄養の供給や老廃物の回収がスムーズに行われなくなります。そのため、油(脂質)不足は避けなければいけません。

また油(脂質)は肌の質に関わる女性ホルモンの原料にもなっているため、不足すると、肌細胞の根本から崩れることにつながりかねません。

ニキビが出来ちゃうのが嫌だから、油は摂らないようにしている場合もあるかとは思いますが、お肌のターンオーバーを促進したり正常に戻すためには、美容によい油を食べることがとても大切になってきます。

 

美容によい油の代表は、オリーブオイル、亜麻仁オイル、しそ油、えごま油です。

生で食べるなら、エキストラバージンのオリーブオイルや亜麻仁油、しそ油、えごま油が良いそうです。

熱を加える場合は、普通のオリーブオイルが良いです。

 

サラダ油をメインに使っている場合も多いかと思います。

肌の細胞膜を守るためには、サラダ油と亜麻仁油の両方が必要ですが、サラダ油と亜麻仁油は、脂肪酸を受け取る細胞側のレセプター(数が決まっている)を奪い合う関係にあります。

そのため、サラダ油を摂り過ぎると、細胞側のレセプターが埋まってしまい、亜麻仁油が吸収されず、得られるはずの効果が帳消しとなる可能性が高くなります。

なおサラダ油や亜麻仁油とは競合しない油がオリーブオイルなので、食事に使うメインの油を、サラダ油からオリーブオイルに切り替えると良いでしょう。

 

最後に美容に最も悪い油の情報を載せておきましょう。

それはトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸は、プラスチック油脂と言われていて、排出されずに体内にたまり続ける傾向があり、ターンオーバーを阻害する要因になると言われています。

マーガリンやショートニングに多く含まれています。

その他、食品の裏面に「植物性油脂」と書いてある場合は、大半がトランス脂肪酸を使用していることを意味しています。

 

高級なスウィーツ専門店などのお菓子はおそらく違うかとは思いますが、コンビニやスーパーで手軽に買えるチョコレートやスナック菓子、インスタント食品の多くに、トランス脂肪酸が含まれているので、これらの食べ過ぎにはくれぐれもご注意くださいね。

肌のターンオーバーを促進するためには美容によい油を食べるようにしましょうね^^

 

肌によいビタミンとミネラルをとる!

肌の新陳代謝を早めるために食事で摂りたい栄養素が、皮膚や粘膜の新陳代謝に関わるビタミンB群や、細胞を活性酸素の害から守る抗酸化作用のあるビタミンA,C,Eとカリウムやマグネシウム、亜鉛や鉄などのミネラル類です。

 

ビタミンやミネラルは、単体で力を発揮することはあまりありません。

他の栄養素とのコンビネーションで、新陳代謝をサポートします。

例えば、コラーゲンがつくられるプロセスでは、食事で摂ったタンパク質を肝臓がアミノ酸に分解して、肝臓がまたアミノ酸をコラーゲンに再合成して肌細胞に届けられますが、この時に、ビタミンCや鉄などが体内酵素や補酵素として働きます。

そもそもの肝臓の働きを見ても、亜鉛が不可欠ですので、ビタミンやミネラルが不足すると、肌の新陳代謝が遅れることになります。

 

皮膚や粘膜の新陳代謝を早めるためのビタミンB群や鉄などのミネラルは、レバー類にバランスよく含まれています。

亜鉛は牡蛎などに豊富に含まれています。

また過剰な活性酸素は細胞をDNAレベルから傷つけてしまうので、これを除去するための抗酸化ビタミンであるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの摂取が必要です。

ビタミンAは、緑黄色野菜に、ビタミンCは、ほぼすべての野菜や果物に、ビタミンEは、ナッツ類などに多く含まれています。

 

旬の野菜や果物には、季節に合った、肌によいビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、肌のターンオーバーを促進する味方になってくれますよ^^

 

ビタミンB群のうち、ビタミンB12と肌の新陳代謝との関係をまとめましたので、ご興味があれば見てみてくださいね。

大人女性の魅力「いろはだ」には赤いビタミンB12不足の解消

また肌の新陳代謝と亜鉛との関係にも着目した記事も載せておきますのでこちらもよければ見てみてください。

夏の皮膚老化を防ぐには?亜鉛不足を解消してSODの活性酸素除去力をあげよう!

 

肌のターンオーバーを促進!新陳代謝を早めるためのサプリメントとは?

肌のターンオーバーを促進するためにはサプリメントが有効です。

サプリメントを活用することで、食事では摂り切れない栄養素を摂取することができます。

 

肌の新陳代謝を早めるために、以下のようなサプリメントを摂ることも良いでしょう。

  • タンパク質を補うための「プロテインサプリ」
  • 糖質を補うための「オリゴ糖サプリ」
  • 食物繊維を補うための「デキストリンサプリ」
  • 「マルチビタミンのサプリ」
  • 「マルチミネラルのサプリ」

 

ただし、1つだけご注意ください。

サプリメントは栄養の「摂取」効率は良いのですが、受け入れる側の体内コンディション次第では、どれだけ高価なサプリメントを飲んでも、効果が半減するどころか、無かったことになりかねません。

問題は、栄養の「吸収」効率にあります。

栄養の吸収効率に大きく関係するのが、腸内環境なのです。

 

「腸がきれいな人の肌はきれい」と言われるのは、排便の周期が規則正しくスムーズなので、滞留便が原因で発生する毒が少なく栄養の吸収効率が良いからだと言われています。

また血液が綺麗になって、肝臓がデトックスに追われなくて済むので、肌のターンオーバーに必要な成分を効率よく生み出してくれるからだと言われています。

 

肌の新陳代謝を早めるためには腸内環境を整えることがとても大切です。

腸内環境を改善するには、善玉菌を増やして元気にする効果があると言われる乳酸菌を日々の生活の中に上手に取り入れていきたいですね。

 

肌のターンオーバーの促進に必要な栄養成分が摂れて腸内環境の改善にも役立つサプリを今すぐ見たいかたは次項↓を見てみください。

 

メガサンA150

肌の新陳代謝を早めるために必要なエネルギー源となる糖質(オリゴ糖)や腸内環境の改善になる食物繊維、皮膚の新陳代謝をサポートするビタミンB5に加えて、メガサンA150には、腸内環境の改善効果が高いと言われるエンテロコッカスフェカリスEF2001株乳酸菌の「純菌体」が「1兆個」配合されています。

EF2001株は、久光製薬などのメジャーな製薬メーカーや食品メーカーから市販されているEC12株と同じグループの乳酸菌です。

なお腸内での活性度は、EF2001株が、EC12株より優れています。

 

市販されている乳酸菌サプリの多くは、乳酸菌の培養の段階で、カニから抽出したキトサンというものを使うそうで、製品化される段階で純度100%の菌体というのは、ほとんど皆無なのだそうです。

メガサンA150は、数多く存在する乳酸菌サプリの中でも希少価値のあるサプリメントだと言えます。

 

また善玉菌や悪玉菌、日和見菌と呼ばれる腸内細菌は合計で100兆個~1000兆個にのぼると言われています。

研究結果によると、腸内環境の改善が確認できるために必要な乳酸菌の数は、1兆個以上だそうです。

メガサンA150は、腸内環境の改善効果にこだわった正統派のサプリメントであると言えますね。

 

あくまでも参考レベルですが、わたしの使用感として真っ先に感じた変化は、肌のキメが整って、ワントーン明るくなり、肌が綺麗になったことでした。

その後で、便が綺麗な色に変わったことに気づき、基礎体温が以前よりも上がっていることにも気が付きました。

体温は自律神経がコントロールしているので、メガサンA150は、自律神経を整えることにも関係がありように感じています。

低体温では肌のターンオーバーが促進されないため、意外と重要なポイントかと思います。

 

メガサンA150は顆粒タイプのサプリメントです。

「顆粒タイプ」は、カプセルやタブレットに比べて、余計なものが入っていない分、体内吸収が速いそうなので、効果が出るのが早かったのかなとも思っています。

 

メガサンA150を見てみたい際はこちらからどうぞ。

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150

わたしの体験談はこちらからどうぞ。

腸に確実に届く1兆個の乳酸菌|エンテロコッカスフェカリスEF2001の効果を体験してみた

ノムダス

肌の新陳代謝を早める、整えるためには、女性ホルモンの乱れを整えることも必要です。

女性ホルモンの乱れは自律神経をも乱すことにもなるからです。

自律神経が乱れると、低体温を招いたり逆に体温が上がりすぎてしまったりして肌のターンオーバーをはじめとして、

全身の新陳代謝のリズムを崩すことに繋がってきてしまいます。

 

特に30代の女性の体は、徐々に女性ホルモンが減少してきて「前更年期症候群」にあると言われます。

わたしを含めて、30代以降の女性に向けて情報をお送りしたいと思います。

最近、エクオールのサプリメントのCMやWeb広告を見かけたことはありませんか?

エクオールは夢のような新しい美容成分として、今人気に火がついている成分です。

 

どうして人気なのかというと、エクオールは、女性ホルモンの内、生理後から排卵前までの期間に優位になる卵胞ホルモン(エストロゲン)と同一の働きをすると言われていて、肌の色つやが良く綺麗になると言われているからです。

 

エクオールは、エクオール産生菌という腸内細菌が大豆に含まれるイソフラボンを発酵分解して作り出す物質で、普通のイソフラボンの格段に上をいく「スーパーイソフラボン」と呼ばれます。

 

人気も知名度も急上昇中のエクオールですが、個人的に少し気がかりなことがあります。

それは、CMやWeb広告で紹介されているエクオールサプリメントの多くがエクオール成分をそのままサプリメントにしたものが大半であることです。

どういうことかというと、エクオールは、ホルモンと全く一緒と言えるほど同じ作用があるとされ、成分そのままをサプリメントにしたものを飲むことは、ホルモン剤をそのまま飲むようなものだとも言われています。

 

ホルモンは、微量であっても、体内に強いインパクトを与えるものなので対抗するホルモンを補わないと、短期的にはプラスでも長期的には美容や健康を損ねる可能性があると言われています。

そのため、個人的には、エクオール成分をそのままサプリメントにしたものを飲むことに少し危険性を感じています。

 

また口から摂取したサプリメントや食品は、腸で吸収された後に、肝臓で分解されて、別の物質か、運が良ければ同じ物質に合成されて全身の細胞に送られるというプロセスを通ります。

そのため、エクオール成分そのままのサプリメントが腸内細菌がつくり出す本物のエクオールと全く一緒のもので、全く一緒の効果を発揮するのかどうか、少し気がかりな点ではあります。

 

元々、エクオールはエクオール産生菌がつくり出す物質なので、なるべくなら、体と腸内細菌の自然の力を借りながら、自分の腸で、必要な量を作り出せるようになった方が安心ではないですか?

 

自分の腸でエクオールをつくり出せるようにエクオール産生菌をコツコツ飲んで、腸に棲んでもらうようにしたのがノムダスです^^ 優しい感じですよね。

 

「エクオール産生菌に腸に棲んでもらうようにする」と言ったのには訳があります。

実は、全ての人がエクオール産生菌を保菌している訳ではないのです。

味噌などの大豆製品をよく食べていた時代の人で2人に1人の割合だそうです。

現代は、味噌などの大豆製品を食す機会が激減しているので、60代で2人に1人、30代で5〜6人に1人、20代では10人に1人

といった割合にまで落ち込んでいるそうです。

 

同じ年齢の人でも、エクオールをつくれる人の肌とエクオールをつくれない人の肌とでは、ぱっと見て分かるほど、素肌の綺麗さに差が出るそうです。

エクオールをつくれる人の肌は、シミ、シワ、たるみが殆ど無いそうです。

ノムダスを、コツコツ飲み続けてエクオール産生菌を腸に増やしていきたいですね。

 

続いてノムダスの腸内環境の改善についてですが、配合には目を見張るものがあります。

エンテロコッカスEC12株乳酸菌が1.1兆個、配合されています。

EC12は久光製薬やメジャーな食品メーカー等から市販されている乳酸菌にもよく配合されていて、何より信頼性があります。

 

善玉菌や悪玉菌、日和見菌といわれる腸内細菌は合計で100兆個~1000兆個もいることが判明しているそうで、腸内環境の改善効果をあげるために必要な乳酸菌の数は、1兆個以上~と言われています。

 

ノムダスは1.1兆個の乳酸菌数なので、基準値クリアです。

また「体内のお掃除屋さん」こと、おおばこ種皮が多く配合されているため、わたしの使用感としても、まずはじめに感じたことが、便の量が増えたことです。他のサプリとは格段の差があると感じました。

 

また菊芋のイヌリンという物質は、腸内環境を弱酸性に保つことに繋がるため、腸内環境を健やかにしてくれます。

つまり、肌のターンオーバーを促進する強力なサポートになります。

 

ノムダスで腸内環境を強力に整えながら、肌のターンオーバーをも整えてくれるエクオールをコツコツ増やしていけたら良いですよね^^

 

エクオールの商品を見てみたい際はこちらからどうぞ。
エクオール配合【ノムダス】

わたしの体験談はこちらからどうぞ。

【口コミで話題】自然素材で『体内エクオール産生』を叶えるノムダスを体験してみた

 

コンブチャスリム

肌の新陳代謝を早めるために必要な栄養成分と腸内環境の改善に役立つ乳酸菌などを詰めに詰め込んだサプリメントがコンブチャスリムです。

 

成分一覧を見てみると、どれもこれも肌のターンオーバーに必要なものばかりなのが分かります。

ビタミンB群は、栄養機能食品として認可を取得しただけのことはある納得の高配合です。

  • 必須アミノ酸・・・タンパク質を分解したもので、体内でコラーゲンなどのタンパク質に再合成されやすい
  • 糖質・・・新陳代謝に必要なエネルギー源となる
  • 食物繊維・・・腸内環境の改善
  • ポリフェノール・・・抗酸化作用と腸内環境の改善
  • 88種類の野菜や果物からできた食物酵素・・・腸内環境の改善、代謝アップ、ミネラルが摂取できる
  • ビタミンB1・・・炭水化物をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の新陳代謝を助ける(1包で1日分を100%とれる)
  • ビタミンB2・・・皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素(1包で1日分を100%とれる)
  • ナイアシン(ビタミンB3)・・・皮膚や粘膜の新陳代謝を助ける(1包で1日分を100%とれる)
  • パントテン酸(ビタミンB5)・・・皮膚や粘膜の新陳代謝を助ける(1包で1日分を104%とれる)
  • ビオチン(ビタミンB7)・・・皮膚や粘膜の新陳代謝を助ける(1包で1日分を100%とれる)
  • ビタミンB12・・・赤血球の形成を助けて酸素を全身に回す【代謝アップ】(1包で1日分を100%とれる)
  • 葉酸・・・赤血球の形成を助けるとともに、新陳代謝を助ける(1包で1日分を83%とれる)

 

ここにさらにプラスして、日本人の腸と馴染みが良いと言われる味噌由来の乳酸菌が3000億個配合されています。

食品メーカーが市販しているファミリーサイズのヨーグルトを7個分食べるのと同じ量だそうです。

 

さらにもう1つプラスして、糖質とお酢を混ぜて発酵させたコンブチャという美容成分も配合されています。ビタミンが豊富に摂れることと、コンブチャも発酵食品なので、腸内環境の改善効果があるとされます。

原料のお酢自体が、腸内細菌を増やし元気にしてくれる成分でもあります。

 

全身の新陳代謝を早めることに注力してつくられているサプリメントなだけあり、わたしの使用感としても、お通じは良好でしたし、肌が荒れるようなこともなく、肌の質感も良いです。

おまけ情報ですが、商品コンセプト通りに痩せました(笑)

ダイエット用に売り出されてはいますが、内容成分を見れば、肌の新陳代謝を早めるためにも使える贅沢なサプリメントだと言えます。

 

コンブチャスリムは「顆粒タイプ」なので、カプセルやタブレットに比べて、余計なものが入っていない分、体内吸収が速いと言われる種類です。

またコンブチャスリムは嬉しい個包装タイプです。

ドリンクタイプに比べて、持ち運びが楽なので、オフィスや外出先でも手軽に飲むことが出来ます^^

ほんのり甘い顆粒が、口の中ではさっと溶けるので、水なしでも飲める点も良いです。

コンブチャスリムを見てみたい際はこちらからどうぞ。
【コンブチャスリム】

わたしの体験談はこちらから。

ダイエットに成功!太らない体に❤ダイエット効果が高く腸を整えるコンブチャの効能

 

まとめ

肌のターンオーバーを促進するために、食事で気をつけたいことは次の通りです。

第1に、肌細胞の元となる良質なタンパク質を摂ること。

肉や魚、卵などの動物性食品や、大豆製品などの植物性食品をバランス良く摂ると良いです。

 

第2に、炭水化物を摂ること。

お米や麦、根菜類などの炭水化物には、新陳代謝のエネルギー源となる糖質と、腸内環境を整えて、お通じを良くする食物繊維が含まれています。

便から発生する有害なガスが肌細胞に行き渡るのを防ぐことに役立ちます。

 

第3に、美容によい油を食べること。

肌の細胞膜が傷むことを防ぐために、メインで使用する油をサラダ油からオリーブオイルに切り替えると良いです。

 

第4に、肌によいビタミンやミネラルを摂ること。

ビタミンやミネラルは肌の新陳代謝の際に、酵素として使われます。

旬の野菜や果物、ナッツなどからビタミンを、レバーや牡蛎などからミネラルを積極的に摂りましょう。

 

また肌の新陳代謝を早めるためにはサプリメントの活用が有効です。

プロテイン(タンパク質)やオリゴ糖(糖質)、デキストリンなどの食物繊維、マルチビタミン&ミネラルのサプリメントなどが有効です。

ただし、腸内環境が悪い状態では、これらの栄養素の吸収率が悪く、効果が半減するか全く無になる可能性が高いため、腸内環境の改善にも取り組む必要があります。

腸内環境の改善には乳酸菌を含むサプリメントが良いと言われています。

 

肌のターンオーバーを促進させながら、腸内環境の改善にも役立つサプリメントについての情報は

こちらからどうぞ。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2