腸内リセットvol.7♥軟水と硬水の使い分けでデトックスダイエットも狙う

こんばんは。アンチエイジングマニアことsayakoです。

今日は久しぶりに「腸内リセット」シリーズをお送りしようと思います。

軟水と硬水を上手に使い分けることができれば、

あなたの60兆個の細胞のデトックスをサポートし、

デトックスできれいになった細胞の代謝が上がるので、

おまけにダイエット効果も狙っちゃおうというお話です。

 

相変わらず、わたくし、文章の構成力が弱いもので、

思いついたままに書いていくこと、ご容赦くださいませ。

 

ではでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

腸内リセットとは、何だっけ?

腸内リセットの確認をするために、いきなりですが質問です。

 

「退化病」って何のことかご存知ですか?

 

腸内細菌の研究者らによると、

ガンやアレルギー、リウマチ、糖尿病、動脈硬化などの免疫疾患や

うつ病、認知症などの精神・脳疾患などのことを指すそうです。

 

今まさに直面されている方には、

気分を害される表現ですみません。

お伝えしたいことの本意は、

あなたを傷つけることでは決してないです。

 

実はこれらの心身疾患は、

「第二の脳」と呼ばれる腸の機能が弱まったことが原因

とも言われています。

 

腸の機能の主だったものを、いくつか挙げてみます。

  • 腸には全身の免疫細胞の70%が集まっている
  • 心の平和を司るホルモン(セロトニン)全体の90%が腸で作られる
  • 腸は脳と直接繋がっていて、脳が司る自律神経やホルモンバランスに関与している
  • 腸は排便や、水素を生み出し、活性酸素を無害化するデトックスの役割がある

そしてこれらのすべてに主役として関与しているのが

腸内細菌叢(腸内フローラ)です。

 

そしてそして、最も大事なことは、

腸内細菌叢(腸内フローラ)は、あなたの意思と行動で

変えることができるのです。

正確には、腸内細菌の種類は生後1年で決まるそうですが、

誰の腸にも善玉菌の種類は居て、

その勢力図を拡大することが出来る!ということです。

 

ということは、

腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善すると

「退化病」とは、金輪際、きれいさっぱりおさらば!

って、

明るく、堂々と言えるあなたになっていくことができるのです^^

 

病気だけじゃないです。

腸内細菌叢(腸内フローラ)は

シミやシワ、たるみ、ニキビなどの肌トラブル、

若白髪や抜け毛、薄毛などの髪トラブル、

薄い爪、割れ爪などの爪トラブルなどの

予防や改善・修復にも大いに直結します。

 

腸内リセットとは、

あなたの体を健康で美しい状態へ導くための

腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善するための方法です。

 

必要なものは、あなたの気持ちだけ。

 

実はvol.1~vol.6までご紹介済みの方法もありますので、

お時間が許す限り、併せてみてみてください。

とりあえずvol.1だけ貼っておきます。

腸内リセットvol.1♥朝は目覚めをすっきりさせるペパーミントティーで

 

余談ですが、何らかの事情で、もしも早道・近道をしたい場合、

腸活で子宮頸がんを克服した経験をもつ私の見立てでは、

こちらのサプリが良いと思います。

腸にしっかり確実に届きます!
1兆個の乳酸菌!メガサンA150

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

 

腸内リセットと水の関係

腸内リセットと水の関係について。

第1に、水は便秘の予防対策になります。

毎朝、バナナ2本分くらいの大きさで、

臭くもなく、いきまなくても済む排便が理想的です。

大きな便をするためには、適度な水分が必要です。

便の大半は水分です。

 

第2に、水には脳の沈静作用があります。

水をゆっくり一口ずつ飲むことによって、

脳の暴走を鎮める作用があります。

脳の暴走とは、甘いものを繰り返し食べたくなったり

コーヒーをリピートで飲みたくなったり

インスタント食品やスナック菓子などの

手軽で味が濃いものを繰り返し食べたくなったり

イライラが止まらないとかのことです。

脳の報酬系ホルモンの過剰な働きによるものですね。

腸は脳と直接やりとしていて、腸から脳に働きかけることもできますが、

逆も然り。脳から腸は影響を受ける。

腸内細菌叢(腸内フローラ)は食べ物の影響を色濃く受けるので、

脳のよくない暴走は食い止める必要があります。

 

軟水も硬水も水毒には気をつけて

腸内リセットとして、この後の章で

体内時計に沿った軟水硬水の飲み分けや

目的別の飲み分けをご紹介しますが、

注意点を最初にお伝えしておきますね。

 

軟水も硬水も、一度にがぶ飲みするのは厳禁です。

良いものだから~と言って、がぶ飲みすると、

細胞が潤うのではなく、水浸しになって、むくみます。

大事な代謝も落ちてしまうので、

デトックスもダイエットも叶いません。

これぞ水毒。。。

1日、1.5リットル程度を目安に、

一口ずつ、ちびちび飲みを積み上げましょう^^

 

話が少し飛びますが、今、まさに、むくみに悩んでいる方は、

こちらも併せてみてみてください。

むくみと腸は関係大あり。足首のむくみ/脚のむくみ解消に効く乳酸菌はこれだ!

 

腸内リセット❤軟水と硬水の飲み分け方法

(やっとメインの話に到達!)

あなたの体の細胞や腸内細菌のすべてに、

太陽の光に沿った体内時計が内臓されています。

だから、いつ何を摂るのかが重要。

腸内リセットとして、朝・昼・夜にとったら良いよ~というお水、

つまり軟水と硬水のことですが^^

そちらをご紹介します。

 

腸内リセット❤「朝」は軟水が基本、便秘改善には冷えた硬水を

朝起きたらすぐに、コップ1杯の軟水を飲みましょう。

軟水でも、水道水はNG。

細胞に良い影響を与えるために、人の手が加えられていない生水であること。

ボトルに「ボトルドウォーター」と入っていないこと、「非加熱」であることを

目安に選んでみてください。

腸内リセットには、ほどよいミネラルバランスで腸内細菌にも良い

鉱泉水・鉱水・温泉水などがお勧め。アルカリ性だとなお良し!

また体液は弱アルカリ性だそうで、お水もそれに近い方が良いです。

便秘にお悩みの時は、硬水で腸内細菌に刺激を与えて排便を促しましょう。

排便はデトックスそのものなので、大事です。

排便後に体がポカポカする感覚をお持ちの方もいると思いますが、

便が腸にいる間、解毒に回されていた代謝エネルギーが、

体温アップなどの代謝に回されている証拠。

このリズムが毎日積み重なると、自然とダイエット効果が出てきます。

※ただし、腎臓に疾患のある方は硬水はリスクになるので軟水を。

 

腸内リセット❤「昼」は体質改善を兼ねて硬水を

昼は体質改善を目的にして、飲み分けます。

肥満解消を主に体質改善したいなら、超硬水を。

代謝アップに必要なミネラルを十分に補充してあげましょう。

そして、軽めの運動もセットにすることで、燃えやすさをサポートし、

ゆくゆくはダイエット効果も。

 

冷え性や慢性疲労、肩こりがあれば、硬水を。

甘くない硬水タイプの炭酸水も良いです。

 

イライラする際にも、硬水タイプの炭酸水を。

 

むくみの解消には、1リットル当たり100~300mg程度の硬水を。

 

腸内リセットを活用した体質改善では、昼は硬水が基本です。

 

腸内リセット❤「夜」は軟水を

就寝前や、就寝中に目が覚めてしまった時に飲むお水は

軟水がベストです。

夜は腸がメンテナンスモードに入っているので、

ミネラル吸収で余計な負担をかけないようにするためです。

腸内リセットになる夜のお水は、軟水を。

 

菜食から肉食に変わって便秘になったらお水で腸内リセットを

今日はここまで!といいつつ、

最後に、最初にお話したらよかったことを余談します^^

あなたは食事の基本形をお持ちですか?

朝・昼・晩で大体何を食べるかが決まっているとか。

中長期的に良く食べているものがあるとか。

何らかの理由で、これらの基本形が変わることもあると思います。

美容目的で、意図的に食事内容を変えたりすることもありますよね。

菜食メインだったけれど、

お肌のハリと潤いがなくなったので肉食になるとか。

 

そうすると、連動して、腸内細菌叢(腸内フローラ)の勢力図が変わります。

よくある困ったパターンが、

菜食メインだった人が、久しぶりに肉を大目に摂って、

便秘になった。。。などですね。

そのような時には慌てずに、今回の記事を参考に、

水の見直しをしてみてください。硬水を多めに。

しばらくしたら、ちゃんと腸内細菌叢(腸内フローラ)も

落ち着いて、働いてくれるようになりますよ。

くれぐれも、便秘で太るのが嫌だからお肉は摂らない

なんてことのないように^^

そうだ、硬水の代表ともいえるコントレックスの記事を書いたことがあったので、

貼っておきます。お時間があればどうぞ。

コントレックスって効果あるの?ダイエットと便秘改善のウソとホント

それでは今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、

ありがとうございました!次回またお会いしましょう。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2