糖化による肌老化を防ぐ。砂糖の種類と砂糖のおすすめはコレだ!

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

糖化って言葉、だいぶ耳慣れてきたような。

雑誌とかWebで見かけた、外国人女性のBefore After写真を思い出しながら、

「砂糖を摂りすぎると、肌がシワシワで頬は垂れ下がって老化しちゃうみたい」

とかのイメージ、あるかも知れないですね。

あとは糖つながりで、糖質オフダイエットにも関係してるっぽい?してないっぽいし?とか

正しいやら正しくないやら、ぼんやり感がありつつも、定着しつつある糖化テーマ。

 

今回は、糖化による肌老化とは?というお話の後、

糖質自体はあなたの体に必要なものなので、どうせ砂糖を摂るならば、

賢く砂糖を選べたらいいなと思いました。

ということで、今回は、砂糖の種類や、その中でもお勧めなのはコレですよ、

というお話をしようと思います。

ではいっちょう、いってみましょう。

「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

糖化による肌老化とは?

まず「糖質」について。

糖質とは、タンパク質や脂質と並んで、

あなたの体を健康に美しく維持するために必要な3大栄養素の1つです。

 

だから「糖化糖化!と必要以上に騒いで、じゃあ一切摂らないわ❤」

というのは絶対にいけません。

糖質は、体内でブドウ糖に変換されて、全身の60兆個の細胞の栄養源になります。

脳は最もブドウ糖を必要とする臓器なので、

ブドウ糖が不足すると、脳の機能が落ちたり、おそらく細胞が損傷することになると思います。

 

糖質は、お砂糖が最も分かりやすいですが、

他にもお米や根菜類などにも多く含まれています。

米(特に玄米)や根菜類には、善玉菌が喜ぶ食物繊維も含まれているので、

上手に取り入れていきたいところ。

 

次に「糖化」について。

糖質を一切摂らないのは毒ですが、逆に糖質を摂りすぎても毒になります。

代謝に使われる以上の量を摂ってしまうと、

脂肪として脂肪細胞に蓄積され、肥満の元になります。

この点では、糖質は糖質オフダイエットとの関係性がありますね。

肥満は長寿遺伝子のスイッチをOFFにするとも

糖尿病やガンとの関係性が深いと言われているので、

肥満という側面を見ただけでも、有り余る糖質は歓迎できないものです。

 

肥満だけでなく、「糖化」問題も。

実は、体内で余った糖質は、温かい体温の環境下だと、

タンパク質と結びつきやすい性質があります。

 

糖質にくっつかれたタンパク質は

AGEs(エイジズ)とか、最終糖化生成物質と言われる物質になります。

その様や、影響は、「焦げる」という表現が正しいようです。

ちょうど、トーストで焦げたパンをイメージしていただくと分かりやすい。

 

たとえば、コラーゲンもタンパク質なので、

これが糖化すると、焦げて、本当は透明のコラーゲンが黄色くなってくるとか。

これっていわゆる「くすみ」の完成なんですね。

 

また焦げたパンは、ゴワゴワ・固いですよね。

同じようなことが表皮や真皮内で起こるそうです。

コラーゲンやそれをつなぎ支えるエラスチンというタンパク質が変異して

固くなり機能性を失った結果、

シワ・たるみなどとしてあらわれてくるのだそうです。

怖いですね。

 

AGEsをできるだけため込まないことが、

糖化による肌老化を防ぐことに直結します。

それには、血糖値が高い状態の時間を短くすることがカギ。

だそうです。

 

何かしらのものを食べてその中に糖質が含まれていたら、

食後の血糖値が上がるのが普通です。

普通はブドウ糖に変換されて、腸で吸収され、肝臓に運ばれて

全身の代謝に使われるので、血糖値は緩やかに下がる。

 

でも、そもそも糖質を摂りすぎていれば、高血糖な状態になりやすいので注意!

また意外なところでは、ストレスが多い状況。

ストレスって、こころだけでなく、細胞を実際に傷めるんですよ。

その修復のために糖を細胞に招きいれやすくするために血糖値を上げる役割の

副腎皮質ホルモン:コルチゾールが分泌されて、高血糖な状態が続くことも。

 

前回ご紹介した「お菓子ご飯」なんかは、使われている糖の種類も悪いので、

糖化リスクがぐっと高まります。

いずれにしても、糖質の摂りすぎには十分に気をつけましょうね^^

そして、繰り返しですけど、糖質はあなたの体に必要不可欠な栄養素なので、

上手に取り入れていっていただければと思います。

 

糖化対策には腸内環境の改善を

実は、糖化対策の頼もしいカギとなる、「血糖値をコントロールする腸内細菌」がいます。

アッカーマンシア菌というもの。

あなたの体は、あなたの細胞と細菌との運命共同体、

共有物として機能している調和の世界だったりします。

腸内環境が良好になるような食物繊維豊富な食事や、

善玉菌を直接元気にして増やす乳酸菌などのプロバイオティクスのサプリなどを

上手に活用することによって、彼ら(腸内細菌)の力の恩恵を大きくすることができるんですね。

アッカーマンシア菌についてはこちらもどうぞ。

一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」-アッカーマンシア菌を増やすには

また腸内環境を改善してアッカーマンシア菌などの善玉菌を元気にするために、

乳酸菌サプリを摂るならば、本物志向でいかれることをお勧めします。

腸にしっかり確実に届きます!
1兆個の乳酸菌!メガサンA150

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

糖化対策には腸内環境の改善を。これが基本です。

 

砂糖の種類を知る!ミネラル豊富なてんさい砂糖とサトウキビ砂糖が吉

世界的に多く使われる砂糖の原料は「てん菜」という植物です。

日本では沖縄で大規模栽培されている「サトウキビ」も有名ですね。

 

砂糖の種類によっては、健康やアンチエイジングに悪く影響するもの

良い影響をしやすいものがあります。

 

砂糖の種類としてここで扱いたいテーマは、

精製糖か、非精製糖かという見分け方です。

 

お砂糖は、原料のてんさいやサトウキビを洗って裁断して、

お湯で茹でたり圧搾したりして、ショ糖成分を抽出します。

その後、不純物を取り除く、ろ過工程を何回か繰り返して、乾燥させて原料糖に。

まだこの頃には、ミネラルが含まれているのですが、

原料糖の状態からさらに精製を加えていくと、

真っ白な上白糖やグラニュー糖に仕上がります。

真っ白サラサラな上白糖やグラニュー糖になる頃には、

糖質の純度が増す一方で、ミネラル分はごっそりそぎ落とされています。

 

精製された糖、つまり上白糖やグラニュー糖は、

体内では血糖値を急激に上げる傾向があるといわれています。

つまり、糖化まっしぐら!

純度が高い分、血中にダイレクトに溶け込みやすいのでしょう。

何せ、血糖値を急上昇させるので、

健康に悪影響を与えるということで、問題にもなっていて、

最大の食品添加物は白い砂糖だ、という風潮もあります。

血管がボロボロなんて表現はよく耳にしますし、

血管系の疾患を起こしやすい、糖尿病リスクが高まるとかもよく聞こえてくる話ですね。

 

白い砂糖に比べれば血糖値の急上昇を抑えられるといわれているのが、

精製前の茶色いお砂糖です。

てんさい砂糖を参考にしてみましょう。

<引用:http://www.tensaito.com/process/>

ミネラルが残っているのが分かりますよね。

高純度の糖質と違って、ミネラルという

ある種、不純物がある方が、

消化吸収までに時間が稼げるということだと思います。

少し健康意識が高めなスーパーであれば、

「てんさい糖」「きび糖」として売られていると思います。

上白糖に比べるとお値段は少し張りますが、

日々日々の食事が一番アンチエイジングに効いてくるので、

できれば、こういったお砂糖を選んでいくのが良いと思います。

 

そうだ!同じ茶色のお砂糖で「三温糖」という砂糖がありますが、

三温糖は、上白糖を煮詰めたものなので、ご注意を。

ミネラルは無いですよ。

 

選んだ方が良い砂糖の種類としては、

茶色いてんさい砂糖やサトウキビ砂糖をということですが、

摂りすぎてはいけないですよ^^念のため。

やっぱり、そこは糖質なので。適度にとどめましょう。

 

また糖質というところでいくと、オリゴ糖もお勧めです。

甘味は、てんさい砂糖やサトウキビ砂糖にはやや劣りますが、

カロリーがほぼ半分(日本酒由来のイソマルトオリゴ糖を除く)なのと、

血糖値の急上昇が抑えられる!

さらには、オリゴ糖は腸内細菌のエサになるので、

血糖値をコントロールするアッカーマンシア菌にとっても

おそらく良い効果があると思われます。

糖化による肌老化を防ぐには、血糖値のコントロールがカギですからね^^

そう、オリゴ糖の種類についても詳しく書いた記事を用意しました。

よければ併せて読んでみてください。

腸内リセットvol.4♥善玉菌を増やすオリゴ糖は糖質オフダイエットにも吉!

今、少しダイエットも気になる方には、

おやつ代わりになって、オリゴ糖も摂れて、食物繊維も摂れて、

食物酵素に乳酸菌も摂れて、

代謝を上げるための1日分のビタミンB群もしっかりとれる

オールインワン型の乳酸菌サプリがお勧めです。

腸内環境の改善とダイエットが狙えるサプリでのケアをお望みならこちら

それでは今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、

ありがとうございました!次回またお会いしましょう。

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2