一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

一生太らない体をつくりあげるためには腸内フローラに「痩せ菌」グループを増やすことが確実です。名付けて「腸ダイエット法」!

「痩せているから、痩せ菌型の腸内細菌が多い」のではありません。「太っているから、デブ菌型の腸内細菌が多い」のでもありません。

事実は全く逆です。正しくは、「痩せ菌型の腸内細菌が多いから、痩せていられる」のです。「デブ菌型の腸内細菌が多いから、太ってしまう」のです。

痩せ菌やデブ菌の概要については、記事を末尾に貼っておきましたので、ご興味があれば、後ほど読んでみてくださいね。

今日は「痩せ菌」の仲間である「アッカーマンシア菌(akkermansia muciniphila)」を取り上げます。その増やし方についても、あなたとシェアしたいと思います。それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

ダイエット効果に関わるアッカーマンシア菌とは?

アッカーマンシア菌は、2004年に発見されました。胃や腸などの表面を覆っている「ムチン」という粘性物質に寄生していて、またムチンを唯一の栄養源として生きている腸内細菌のことです。

人間は、生まれてからたったの1年間で、一生を共にしていく腸内細菌を取り込むようにプログラムされています。遺伝子によって、取り込む細菌の種類もある程度決まっているそうです。重要なものから、どんどん取り込んでいくようになっているのだそうです。

赤ちゃんが、ペロペロと舐めたり、口に入れているのは、細菌を取り込む大事なお仕事なのです。これからは温かい目で、お仕事を見守ってあげましょう^^

アッカーマンシア菌は重要な細菌なので、赤ちゃんの便からもしっかり検出されます。生後6か月くらい経つと70%の赤ちゃんが、1歳になると90%の赤ちゃんが保菌するのだそうです。

アッカーマンシア菌は腸内細菌叢(腸内フローラ)全体の1~4%を占めていて「大量に生息する菌」に位置づけらるそうです。腸内細菌の数は、100兆個~1000兆個と言われているので、少なく見積もって1%としても、1兆~10兆個ものアッカーマンシア菌がいることに!多いですよね。

でもアッカーマンシア菌がどうダイエット効果に関係するのでしょうか?アッカーマンシア菌が「一生太らない体をつくる」ために、どう役立つのかを見てみましょう。

 

アッカーマンシア菌の役割とは?|血糖値をコントロールする働きについて

アッカーマンシア菌はあなたの体の中で「血糖値をコントロールする働き」をしてくれます。

体は余分な糖質を脂肪として蓄積するシステムをもっています。血糖値が高い状態は太りやすい体を作り上げてしまうのです。アッカーマンシア菌は血糖値をコントロールしてくれるので、脂肪の溜め込みを抑制してくれます。

 

アッカーマンシア菌が減ると、どうなるの?|体型との関係

疫学的な調査結果によると、「太っている人」や「高血糖な人」の腸内フローラでは、アッカーマンシア菌の数が激減しているそうです。逆も然りです。ダイエット効果を高めるために、アッカーマンシア菌は欠かせない菌だと言えます。

アッカーマンシア菌を腸内フローラに増やすことを心がけて、食事などの日常生活に活かしていければ、「一生太らない体」を手にし続けることも夢ではないのです!「腸ダイエット法」の極意はあなたの腸内フローラを磨くことに尽きます。

 

「腸ダイエット法」を実践!アッカーマンシア菌の増やし方

一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」の基本は、アッカーマンシア菌が苦手とする要因を取り除くことと、彼らが心地よく生存できる環境を整えるです。日常生活で気をつけたいことや出来ることを書いておきます。参考にされてみてください。

 

脂質や糖質を摂り過ぎないこと

アッカーマンシア菌は血糖値を下げる働きがありますが、これはアッカーマンシア菌自身が高血糖な環境を苦手にしているからです。自分たちが生き抜くために、血糖値を下げる物質をつくりだしているのです。その結果、私達はダイエット効果という恩恵に預かっているんですね。

こういった背景があるので、「腸ダイエット法」の実践としては、アッカーマンシア菌を減らすことが無いように、脂っこいものや甘いものを摂り過ぎないようにしましょう。食材から調理した栄養バランスの取れた食事内容であれば問題ないと思いますが、お菓子や菓子パン、インスタント食品などの摂りすぎは避けましょう。一生太らない体を手に入れた自分をイメージして、食べたい欲望に打ち勝っていきたいですね^^

 

過度な肥満は即改善すること

アッカーマンシア菌は「太った体」が苦手だと言われています。アッカーマンシア菌は自分たちが生き残れる環境をつくるために、血糖値を下げる神経伝達物質をつくりだすのですが、過度な肥満状態では、血糖値のコントロールがそもそもうまく機能しないからだと思われます。

余談ですが、過度な肥満が引き起こす病気に糖尿病(Ⅱ型)があります。糖尿病は血糖値を下げる役割の「インスリン」というホルモン(人体がつくるホルモン)がうまく機能しない病気です。

アッカーマンシア菌による血糖値を下げる神経伝達物質もインスリンと同様に、「過度な肥満」が原因で打ち消されてしまうということなのだと思います。

一生太らない体を手に入れるためにアッカーマンシア菌を増やすのですが、「過度な肥満」の可能性がある場合は、脂肪を燃やす有酸素運動を取り入れて、まずは今ある脂肪を燃やして減らすことが大切です。

脂肪燃焼の効率を上げるためには、代謝を上げる必要があります。それには腸内細菌がつくり出すビタミンB群や腸内細菌がイオン化することによって吸収できるミネラルが欠かせません。ビタミンB群もミネラルも腸内フローラが整っていることが大切になってくるので、腸内環境の改善にも力を入れると良いと思います。私が半年で5.5Kg痩せた際に使用した乳酸菌サプリの体験レポートを載せておきますので、参考にされてみてください➡「コンブチャスリム」レポート

 

便秘を改善すること

滞留便から発生する有害ガスや毒素が、アッカーマンシア菌を減らす原因になるそうです。アッカーマンシア菌が寄生してエサにしている腸の粘膜(ムチン)は、本来は弱酸性で守られているのですが、古くなった便から発生する有害ガスや毒素によってアルカリ性に偏ってしまい、アッカーマンシア菌が生存しにくい環境になるからだと思われます。

アッカーマンシア菌を減らさないために、便秘状態が続きやすい場合には体質改善に力を入れましょう。私が便秘改善で一番効果を感じた乳酸サプリの体験レポートを載せておきます。➡「ノムダス」レポート

 

食物繊維やオリゴ糖を豊富に摂ること

アッカーマンシア菌が寄生し、エサにもする腸の粘膜(ムチン)を弱酸性に保つには、腸内フローラの善玉菌勢力を強くすることが大切です。善玉菌がつくりだす「短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸)」が腸壁を弱酸性に保ってくれるからです。善玉菌のエサになったり、短鎖脂肪酸の原料になると言われるのが、食物繊維です。特に玉ねぎやアボガド、納豆、こんにゃく、オクラなどの水溶性食物繊維を多めに含む食べ物を積極的に摂っていくことがポイントです。同様にオリゴ糖も善玉菌のエサになるので、コーヒーに入れたりお料理に使うなどして上手に取り入れていきましょう。

なお短鎖脂肪酸を生み出す善玉菌の内、酪酸菌を増やすサポートをしてくれる乳酸菌サプリがありますので情報を載せておきます。参考にされてみてください。➡「メガサン」レポート

 

Appendix.「痩せ菌」と「デブ菌」の関連記事

冒頭でお話した「痩せ菌」と「おデブ菌」の話や「痩せ菌」の増やし方を書いた記事はこちらからご確認いただけます。一生太らない体をつくりあげるためには、あなたの腸内フローラに「痩せ菌」グループを増やす「腸ダイエット法」がおすすめですよ~^^ノ

痩せ菌を増やす菌活ダイエットで、夏までに綺麗に痩せる!

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、

ありがとうございました!また次回お会いしましょう^^


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2