食べても痩せる3時のおやつ★ダイエット中のお菓子はBMAL1が少ない時に!

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

わーい♪わーい♪やっと記事が書ける!!

いきなりすみません。

ちょっと前からうすうす予感もあり、、心づもりもしていたのですが・・・

遂に初代相棒のPCが壊れまして、更新ができなかったんです(汗)

新着記事を楽しみにしてくださっていた方、ごめんなさいね。そしてお待たせしました。

今日からまた新しく迎えたPCと一緒にコツコツと情報をアップしていこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします^^

 

気づけば、もう9月も半ばなんですよね。

たまにまだ暑い日もありますけど、朝晩の涼しさったら!

段違いの快適さじゃないですか?

快適になった分、これまでぐったりしていた胃腸が復活してくるという側面も。

荒ぶる食欲を我慢してのダイエットは本当に辛い!

ちょうど秋くらいから、各メーカーから新作チョコ商品が出てきたりしますしね。

やっぱり、どうしたって、食べたし!!ですよね^^

 

いいですよ、食べちゃいましょう。

食べても痩せる、太りにくい方法がありますので!!

 

今日は、秋の食欲対策(オールシーズンご活用いただけます)として、

ダイエット中のおやつのとり方をお送りしようと思います。

「3時のおやつ」って、ちゃんと理由があったんです。

 

ということで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

BMAL1とは?

最初に、この記事の表題をもう一度読んでみてください。

今、BMAL1って何?って思いませんでした?

 

BMALは「ビーマル」って読みます。

それでこれは何かというと、体内時計を調整するたんぱく質なんですね。

あなたの体は約60兆個の細胞からできていて、100~1000兆の腸内細菌も住んでいます(多い方が良いです)。

そしてこれらの細胞と腸内細菌のすべてに、太陽の光に沿った体内時計があります。

「昼は活動して、夜は眠って体をメンテナンスする」というリズムのことです。

 

でもですね、あなたの体は機械ではないですし、生身の人間ですし、

生活だって人生だって、ライブ感に溢れているほうが普通だと思います。

ついつい夜更かししちゃうこともあるでしょうし、

ライフスタイルが崩れてしまいがちになることだってありますよね。

 

BMAL1は、乱れた体内時計を体内で正常に保とうとする働きがあるそうです。

そしてもう一つ見逃せない働きが!

 

BMAL1は、脂肪分解を抑制して体内に脂肪をため込みやすくする働きがあるのです。

一読するとダイエットには有り難くない効果に思えてしまうと思いますが、ご安心を。

この働きも、時間帯によって、強まったり、弱まったりするのです。

 

ダイエット中のおやつ・お菓子のおすすめタイムは午後3時!

BMAL1には、細胞の体内時計を整える働きと、

脂肪分解を抑制して体内に脂肪をため込みやすくする働きがあるタンパク質ですが、

分泌量は、これまた体の体内時計によってコントロールされているそうです。

 

分泌量が多くなり始めるのが午後6時くらいからです。

次第に分泌量が増えて、ピークを迎えるのが深夜2時頃です。

 

そこからは逆に少しずつ分泌量が減少していきます。

だいたい、午後2時頃に一番分泌量が少なくなります。

 

ダイエット中なら特に、脂肪はため込みたくないですよね。

そもそも、脂肪の元って、油だけじゃないんですよ。

お菓子や炭水化物に含まれる糖質やお肉などのタンパク質も

体内で必要以上に余ってしまうと、脂肪として脂肪細胞に貯蓄されるんです。

 

BMAL1は脂肪をためこみやすくする働きがあるので、

おやつ・お菓子は、その分泌が一番少ない時間帯に食べるのがベストなんですね。

特にダイエット中は、おやつ・お菓子は午後2時~午後4時くらいに食べるのがベターです。

 

「3時のおやつ」というフレーズはもうお馴染みですよね^^

聞いたことないという方の方が、おそらく少ないと思うんです。

元々は江戸時代頃に生まれた言葉で、

午後2時~午後4時の時間帯を指す「八つ時(やつどき)」に

小腹を満たすためにとる軽食を意味していたようです。

 

BMAL1の本来の働きに、体内時計を整えることがあるとお伝えしましたが、

これは「あなたの自律神経を整えてくれる」ことにも繋がっていきます。

自律神経が整うと自然と健康的なボディバランスに傾いていくので、

太りにくくなったり、肌が綺麗になったりといったアンチエイジングや健康にとって、

と~っても重要な要素です。

 

そしてBMAL1はタンパク質なので、それを体内で再合成する肝臓が大事なんですね。

さらには肝臓に原料を供給する腸のコンディションが最も重要となる訳です。

 

ダイエットでお菓子を食べる際には、

腸内環境を整える働きのあるものも一緒にとっていけたら最高です。

オリゴ糖でも良いでしょうし、フルーツをおやつにするならアボガドをトッピングして

水溶性食物繊維をとっても良いでしょうし。

手間であれば、善玉菌に直接働きかける乳酸菌飲料やサプリをチャージするでもいいと思います。

コンブチャスリムの粉末は、それ自体が程よい甘みがあって紅茶みたいな風味なので、

おやつ感があって良いですよ。

ダイエットに成功!太らない体に❤ダイエット効果が高く腸を整えるコンブチャの効能

それでは今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、

ありがとうございました!次回またお会いしましょう。


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2