腸内リセットvol.1♥朝は目覚めをすっきりさせるペパーミントティーで

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

腸の役割は、食べ物の栄養を吸収して、残りカスを便として出すだけではありません。腸は心身の若さや健康の根っこに関わっています。腸内リセットを通じて、健康的な外見の美しさを手に入れて、自信やこころの安定も手に入れて、この世であなたにしか創り出すことが出来ない満ち足りた時間(人生)を手に入れましょう!

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

腸内環境を整える「腸内リセット」の意義

腸は、あなたをガンやアレルギー、リウマチ、糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病から守る免疫機能があります。これは全身の免疫細胞の70%が腸に集まっているからです。また腸には、うつ病や自閉症、認知症などの精神疾患からもあなたを守る機能があります。これらの疾患は脳の疾患と考えらてきましたが、最新研究では腸の疾患であることが判明しつつあります。

耳にされたことがあるかも知れませんが、脳は腸を分化してできあがった歴史があります。そのため今もなお、腸は脳に次ぐ1億個もの神経細胞が集まる場所です(賢い犬の脳と同じ神経細胞数!)。また腸は脳に対して、自律神経を通じて直接影響を与えているのです(脳腸相関といいます)。

また腸には、肥満を防いでスリムな体型を維持したり、シミやシワ、たるみといった肌老化からあなたを守るといった20代30代女性の味方とも言えるアンチエイジング機能があるのです。これはあなたの腸内細菌が生みだすビタミンB群やミネラル吸収力、神経伝達物質のおかげです。

腸の栄養吸収力や便の排泄力(デトックス力)は、これらの免疫や美容という応用力を支えている、いわば「基礎力」といえます。

これだけ重要な腸ですが、その力が十分に発揮されるのは、交感神経と副交感神経の自律神経が整っている条件下です。自律神経は、朝日を中心とした体内時計にそって変動するようにプログラムされています。全身の60兆個の細胞と、1000兆個の腸内細菌の全てにこの体内時計が備わっているそうです。しかし、現代人の生活はどうなっているでしょうか?昼夜を問わないライフスタイル、睡眠不足、激しい精神ストレス、肉体を使わないPC仕事、車/電車移動などによる運動不足など、自律神経を大きく乱すことばかりです。

また腸内細菌は、永く続く食文化によって種類や構成が異なります。海藻をよく食べる日本人の腸にはこれを消化分解できる腸内細菌がいますが、海藻を食べる食文化がない欧米人の腸にはいません。そのため、日本人にとって、食の欧米化は、腸に混乱を起こしている原因といえるのです。自律神経は脳の視床下部というところでコントロールされますが、もうお分かりですね?腸は脳とダイレクトに通信しているので、腸が混乱すると、自律神経が乱れてしまうのです。

前置きが随分と長くなりましたが、腸内リセットを始める意義がここにあります。「第二の脳」と呼ばれる腸すなわち腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善して腸内環境を整えれば全身の自律神経が整います。すると「退化病」と呼ばれるガンやアレルギー、リウマチ、糖尿病、動脈硬化などの免疫疾患や、うつ病、自閉症、認知症などの精神疾患を予防改善する効果が見込まれます。もちろん、シミやシワ、たるみ、ニキビなどの肌トラブル、若白髪や抜け毛、薄毛、薄い爪などのトラブルの予防改善にも大いに直結します。腸内リセットを通じて、健康美を手に入れていきましょう。

 

朝は目覚めをすっきりさせるミネラルウォーター&ペパーミントティー

朝におすすめな腸内リセットの方法は、コップ1杯の冷たい水を飲む事です。冷たい水は、脳に「目覚めて」という刺激を送り、朝の目覚めをすっきりさせることにつながります。それと同時に、便秘解消にも直結します。冷たい水は胃を刺激して、胃から大腸に目覚めるように信号が送られるからです。

 

腸内リセットに取り組む際、最初から最後まで目標とするのは便秘の改善です。

お通じの状態が悪いと、有害金属や便から発生するアンモニアや硫化水素といった毒性の強い毒素をまるごと体内にためこむことになり、代謝を下げ、冷えを招き、腸から全身の自律神経を混乱させることになります。

ちなみに体内毒素の排出経路として、75%を占めるのがお通じです。次いで25%が尿、残りの5%が髪と言われています。

朝目覚めてコップ1杯の冷たい水を飲む習慣をつけることで、朝はお通じの時間という体内リズムをつけていくことができます。(すぐに効果が出なくても焦らないでくださいね。おおらかに続けていくことが大事です)

 

できれば、水道水のお水は避けましょう。

水道水に含まれる塩素は殺菌作用があるので、腸内細菌を減らす方向に働きます。腸や全身にとって、腸内細菌の種類と数は多い方が良いのです。できれば、鉱水、天然水、ミネラルウォーター、温泉水などの自然なお水を口にしましょう。

朝、お時間に余裕のある方は、腸内リセットの効果を高めるために、お水の後の食前食後の一杯として、ジンジャー&オリゴ糖入りのペパーミントティーがおすすめです。

  • ペパーミントのティーパック(市販のもの) 1個
  • レモンの絞り汁 大さじ1
  • ショウガ(チューブ2cm分または同量をすりおろしたもの)
  • オリゴ糖 適量

※レモンやしょうが、オリゴ糖はできるだけ保存料の入っていないものを選びましょう。腸内リセットの過程で腸内細菌を増やしていきたいのですが、保存料は腸内細菌が増えない方向に働きます。

ペパーミントの薬効は、胃腸の働きを良くする他、解毒作用、腸に溜まったガスの排出作用、偏頭痛に良いなどとされ、腸と脳の両方にメリットがあります。

また、ショウガは、温める作用が強いので、便秘由来の冷えの解消、血流改善、これらによる水分代謝を上げるなどの効果が期待されます。

オリゴ糖は、腸内細菌のエサになり、今いる腸内細菌を元気にし、増やすことに繋がりますし、それにより便秘改善効果が期待されます。

 

腸は1日で細胞が入れ替わると言われるほど、新陳代謝の激しい臓器です。

そのため、腸内環境の善し悪しは、日々日々の食生活の影響を受けやすいと言えます。だからこそ、毎日、継続的に、習慣として取り組むことが大切なのです。毎日、ペパーミントティーを飲むのを習慣にするのは難しい・・・という場合や、逆に新陳代謝が早いというスピードを活用して、腸内環境全体をよりスピーディーに改善したければ、腸内細菌を元気にして増やす効果のある、食物繊維入り&オリゴ糖入り&乳酸菌入りのオールインワンサプリを活用したら良いと思います。このサイトでも3つほど、私の独断と偏見で愛用しているものをご紹介中です。どれも体質改善の基本は押さえているものです。

 

水分の1日の摂取量とは?

朝はミネラルウォーターかペパーミントティーで始めた1日ですが、日中や夜まで、その後は1日を通じて水分はコマメに補給するようにしましょう。水分の1日の摂取量の目安は1.5L〜2Lです。これだけ飲んでも、大腸まで届くのは、たったの200ml以下なのです。しかも、大腸では水分が腸管から体内に吸収されるので、便の中に残るのはそれ以下の量ということになります。ちなみに、次回は、この残った水分を有効活用するために絶対に欠かせない助っ人についてご紹介します。

 

今回はここまで!

それでは今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2