水素水は嘘くさい。水素水は効果なし。賢い人は腸内細菌による水素効果を知ってる!

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

水素水と聞いて、あなたはどんなイメージをお持ちですか?

抗老化の強い味方!という良いイメージをお持ちの方、

実際に水素水の虜になって、水素水の飲み水だけではなくて、

水素水と名のつく商品は片っ端から試されたり、

水素発生器などの本格的なものを買われた方もいらっしゃると思います。

 

一方で、水素は健康やアンチエイジングに良いんだって〜とぼんやり思いながら、

酸素スプレーやカプセルなら、まだ体感的に分かるような気がするけど、

水素水って色も臭いも無いし、どのくらい水素が含まれているのか確認できないし、

少なくとも、カジュアルに売られている水素水は嘘くさい、

「水素水は効果なし」と人知れず思っていた方もいらっしゃるだろうと思います。

 

そういう私も後者です。

以前、化粧品や健康食品を企画開発する会社に勤めていた頃、

水素水ブームに合わせる企画が検討されていたんですけど、結局商品化は見送ったんですね。

「そもそも水素は水(H2Oで安定している)に溶けにくいのと、

無理矢理充填してもあっという間に大気中に抜ける」という話でした。

こんなこともあって、カジュアルな水素水は嘘くさいなって思うようになったんです。

 

例えば、自動車エンジンを作るような高レベルな技術を使った水素生成器であれば

水素の効果を得られるのかも知れません。

こういうものがあれば、私も是非使ってみたいです(絶賛、高額だろうな)。

 

でも!実はもっと確実に水素の効果を得られているんですよ。あたなも私も。

実は腸内細菌+食物繊維の組み合わせで、水素を大量発生させることができるのです。

 

今回は、水素水よりも頼りになるお話をあなたとシェアしようと思います。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

水素の効果とは?活性酸素と水素の関係

あなたの健康や若返りにお役に立つ水素の効果で見逃せないのは、

やはり、活性酸素を除去する働きでしょう。

全身の60兆個の細胞を酸化から守る、ということですね。

ガンの一歩手前の高度異形成や、ガン化、肥満や糖尿病、動脈硬化などの免疫上の問題や

シワ/シミ/たるみなどの見た目の老化を防ぐということに繋がってくるので、

水素の効果は見逃せません。

 

体内に活性酸素(酸素の燃えカス)が生じてしまうというのは、

酸素をエネルギー源として生きていく人間にとっては、

からだのつくりからして、どうしようも無い事です。

適量であれば、消毒作用/殺菌作用もあるので、免疫上もプラスです。

 

が、、やっぱり増えすぎると、活性酸素の酸化力は猛毒になります。

健康でいること、いつまでも若々しい見た目でいるには、

細胞の新陳代謝がスムーズに繰り返されることが条件となりますが、

増え過ぎた活性酸素は、深刻化すると、その強い酸化力で、

細胞のコピー元となる遺伝子情報が詰まったタンパク質(テロメアを含む)を損傷させてしまいます。

つまり、健康にも若返りにも、まずい状態となります。

 

水素には高い還元力(酸化力の反対で、相手に電子を与えて中和しようとする作用)があります。

体内での活性酸素と水素の関係で言うと、水素は活性酸素と結びついて、無害な水になります。

 

20億年前〜40億年前に、わたしたちの祖先でもある古細菌(バクテリア)は

猛毒でもある酸素をエネルギー源として体内に取り入れることに成功しました。

その古細菌をパラサイトとして体内に住まわせることに成功した腔腸動物(こうちょうどうぶつ、腸だけの単細胞生物)は、

酸素の強い燃焼エネルギーの力を活用して、DNA情報のつまった核をもつようになり、

爆発的な細胞分裂を繰り返し、腸を分化させ、

肝臓、腎臓、心臓、胃、脳を形成するという進化を遂げたそうです。

 

ということは、人間の体には、猛毒の酸素を無害化する機能が元からあるのでは?

と思っていたところ、やっぱりでした。

生命の起源でもある腸に住み着いている腸内細菌が、水素を発生させていることが判明したそうです。

 

水素生成器は不要!だって腸内細菌が大量に水素生成するからね

これを読んだあなたは、今日から高い水素水や水素生成器にお金を払うのではなくて、

あなたの腸が良い仕事が沢山できるように、

無農薬や有機栽培で育った、土壌菌LPSもたっぷりついた良質な食事に

気と時間とお金を使うのが賢明だと思いますよ。

 

何故かといえば、

腸内環境が整っていれば、腸内細菌が水素を大量発生させてくれるからです。

体内の活性酸素が体内で生じる生理水素で中和されて、次々に水になり、

活性酸素の害を無害化する方向へ舵取りできるからですよ。

 

また腸内細菌による水素量が、悪玉のメタンガスよりも多く優勢な状態では、

蠕動運動(ぜんどううんどう)が促進されて、便秘改善効果が高いそうです。

 

水素を体内生成させるメリットは大きいですね。

 

水素を体内発生させるには、腸内細菌がエサとしている食物繊維を豊富に摂りましょう。

食物繊維を腸内細菌が発酵する過程で水素が発生するのだそうです。

 

腸内細菌叢(腸内フローラ)が良好であれば、腸内は弱酸性で、温度も高めの環境です。

酸性で温かい環境下であれば化学反応は起こりやすいですよね。酸化還元反応も然りでしょう。

そこに、食物繊維が豊富(大抵そういう食材はミネラルも豊富)な食材が入ってくると、

腸内細菌の発酵力で、水素イオンが生じ、ミネラルに電子を与えて、晴れて水素になり、

活性酸素と結合して水となり、活性酸素の害を中和する生理機能を果たし、

イオン化されたミネラルの方は、腸管血管から取り込まれ、からだの代謝に使われる。

こんなストーリーが浮かびました(間違っていましたら教えてください)。

 

細菌学者の中には、腸内細菌の中でもバクテロイデスという日和見菌が水素生成を担っている

という方もいます。

いずれにしても腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスを良好に保ち続けることが

水素による恩恵を受けるためにも必要ですね。

 

たっぷりの野菜や果物を毎食摂るのは基本になりますが、

時には忙しくて、ご飯と納豆だけ、なんて時もありますよね。

できれば、このご飯を白米ではなくて、玄米に変えてもらえたらと思います。

玄米に変えて24時間後に、便通がいつもの3倍になりました。

 

玄米って、一昔前のタイ米のように、食わず嫌いや食べ方を知らないが故に、

イメージが先行してまずいとか言われますけど、全然美味しいですからね。

 

もしかすると、腸内細菌叢(腸内フローラ)が整ってくると、痩せ菌が増えるせいか

彼らの好みなのか、自分の味覚が変わってきます。

食物繊維もミネラルも豊富なので、玄米は断然良いと思います。

味覚にも関係する腸内細菌叢(腸内フローラ)の話はこちらに用意しました。

よければ見てみてくださいね。

痩せたいのに食べてしまうーデブ菌があなたの食の好みを操りデブ食をとらせる!

 

玄米を炊いたり、お茶碗に盛ったり、納豆をかき混ぜる時間がない!

そもそもそんな食事に魅力を感じない!

という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、あなたの腸をおデブ菌の勢力拡大から守るために、

素早く善玉菌を増やしたり元気にしてくれる整腸作用のある乳酸菌サプリを活用しましょう!

このサイトでも3つほどご紹介しています★☆★

どれも基本は体質改善を主眼に置いて選んでいますので、ちょっと寄り道して参考にされてみてください。

 

あなたのからだの起源:細菌・腸・ミトコンドリア、水素と酸素

以下は余談です。お時間があれば、どうぞ。

 

宇宙に一番多く存在している分子が水素なのだそうです。

現在の地球上には酸素や二酸化炭素、窒素などもあり組成割合は違いますが、

水素もしっかりとあって、海水に一番多く含まれているのだそうです。

地球誕生の当時、地球には、現在の海の80倍の水があったそうですが、

マントルが固まる際に、地球の中心部にあるコアの鉄などに水素がとられて、

今の海水量になったとの説明を見た事があります(確か京都大学の論文だったような・・・)。

 

約40億年前に深海に発生した酸素を必要としない古細菌が、わたしたち生物の先祖です。

一方で現代のわたしたちの腸内細菌は古細菌と一緒で、多くは酸素を必要としない嫌気性細菌です。

現代のあなたやわたしの腸(実質は腸内細菌)に水素を生成する機能があるということは、

40億年前に深海に発生した古細菌には、水素を発生させる機能があったのかも知れないですね。

 

話を戻しますが、その頃は大気によるベールがないので、

宇宙から放射線や紫外線が直に降り注ぐ過酷な状態でした。

次第に、光合成を行って酸素を出すシアノバクテリアといった細菌が出現。

やっと地上が酸素で覆われるようになります。

でも、酸素を知らずに生きて来た古細菌にとって、

酸素はものを酸化させ変質させ、劣化/老化させる作用があり、

まさに猛毒以外の何者でもなかったのです。

 

進化の過程で、酸素を処理できるαプロテオバクテリアという好気性細菌が誕生し、

古細菌の一部はこれを取り込むことに成功したそうです。

これが、現代のわたしたちの細胞内で代謝エネルギーをつくり出している「ミトコンドリア」の源です。

 

これによって、DNA情報をもった核をもつ細胞ができ、莫大な細胞分裂の歴史がはじまったのだそうです。

20億年前に、腔腸動物(こうちょうどうぶつ)が、αプロテオバクテリアなどを取り込むことに成功して、

腸だけの生き物が、肝臓、腎臓、心臓、肺、胃、脳という具合に、腸を分化させていきました。

 

酸素による恩恵がいかに大きく、わたしたちに欠かせないものかを知る一方で、

活性酸素との付き合いも上手になっていきたいですよね。

言い換えれば、水素と仲良くなっていくことですね。

そのために、生命の起源である腸内細菌との関係性を改善し強化する外交戦が大切ですよ!

 

腸内細菌への信頼の証に、食事で腸内細菌が喜ぶ食物繊維を積極的に摂ってくださいね。

手作りの食事は苦手だけど、信頼の情は伝えたい方はサプリのプレゼントでも良いと思います。

食物繊維も豊富で腸内細菌が喜ぶサプリ3選。

 

それでは今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、

ありがとうございました!


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2