どくだみ化粧水の効果がすごいかも。VIOゾーンや肌の黒ずみ解消に!

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

VIOゾーンやお尻、脇、肘(ひじ)や膝、くるぶしなどの肌の黒ずみ、

密かに気になり出していませんか?

 

特に、VIOゾーンは、あえて言葉にするならば、

女性にとって「第2の顔」といえるくらい、

「美」への欲求が強いゾーンだと思います。

 

「綺麗な肌色にしたい。戻したい。」

切実に分かります。私自身もそうです。

 

でもどうやったらいいんだろう・・・?

今回は、VIOゾーンや肌の黒ずみを防止するために気をつけたいことと、

どくだみ化粧水の効果などについて、みなさんとシェアしようと思います。

 

「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

VIOゾーンや肌の黒ずみの原因とは?

VIOゾーンやお尻、脇、乳首、肘、膝、くるぶしなどの肌の黒ずみの原因は、

何らかの理由でメラノサイトが刺激され、色素をもったメラニンが分泌されること、

ターンオーバーが遅れることにより、色素沈着してしまうことです。

 

メラノサイトが刺激するものとして、紫外線が有名ですね。

紫外線が当たらないVIOゾーンなどでは、光脱毛も黒ずみの原因になりますし、

日常的に影響が大きいのが、下着や服による摩擦です。

ちょっとでもスリムに魅せるために、少し小さめのパンツを履きつづけて、

肌摩擦が蓄積されて、気づけばVIOゾーンが黒ずんでしまった。。なんてことも。

肌の黒ずみを解消したいなら、肌に優しいコットンやシルク素材で、

なるべく肌摩擦が起きにくいようなデザインの下着に買い替えちゃいましょう。

コットンレースのボクサーパンツとか、意外とセクシーな下着があったりしますよ。

 

また女性ホルモンの乱れでも肌が黒ずむと言われます。

実際には、心身にストレスがかかる状態が続くと、細胞が傷むので、これを修復するために

女性ホルモンと同じステロイド系のホルモン:コルチゾルが生成される時、

一緒にメラノサイトが刺激されてしまって、メラニンが生成されるということのようです。

 

女性ホルモンを含むステロイド系のホルモンはパターンによって、

別のホルモンに姿を変えることができます。

女性ホルモンの内、プロゲステロン(排卵後〜生理まで分泌される。別名:黄体ホルモン)は、

コルチゾルに形を変えることができるという訳です。

 

他のサイトを見ていると、

肌の黒ずみはプロゲステロン(黄体ホルモン)の過剰分泌によるもの、

まるでプロゲステロンが悪者のように書かれているように思います。

 

でも本当の原因は「ストレス」です。

ですので、ストレスを溜めない、溜まったらコレで解消!という

あなた独自のペース&やり方を1つでも見つけていけたら良いと思います。

 

余談ですが、プロゲステロン不足が起きると、

肌荒れ、肥満、むくみ、気持ちの塞ぎ、乳ガンや子宮の病気などに繋がるため、

プロゲステロンはとてもとても重要なホルモンです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)だけを良い!って言ってるストーリーには

十分に気をつけて欲しいなと思います。

 

余談ついでに、女性ホルモンは自律神経ととても密接で、

自律神経は、ストレスの影響を受け易いです。

また自律神経は、腸との関係が密接です。

だから腸内環境を整えることが、ストレス耐性や女性ホルモンのバランスを整える意味で、

遠いようで、実は最高に近道だったりします。

整腸作用の効果実感が大きいサプリをお探しの方はこちらをどうぞ。

 

どくだみ化粧水に、VIOゾーンや肌の黒ずみ解消の効果はあるのか?

フルーツ酸などのピーリング効果のある石鹸を使って黒ずんだ部分の角質を除くことや

保湿効果のある化粧水やクリームを使って、体の外側から肌のターンオーバーを促してきましたが、

これだけでは私の場合、効果は薄かったように思います。

ここに美白効果のあるものを足せないかと考えていた時に思い出したのが

「どくだみ化粧水」でした。

 

10年くらい前の話です。

友人の肌が、キメが整い色白で透き通るような綺麗な肌だったので、

どこの基礎化粧品を使っているのかを聞いてみたんです。

すると彼女は「近所のおばさんが大量に作っているどくだみ化粧水をずっと使っている」

って言ったんです。

「そのおばさんの手が真っ白なんだよ〜」なんて話していたことをふと思い出したのです。

当時は、ピンと来なかったんですけど、頭に残っていたんですね。

どくだみがお家の庭にわんさか生息していて(繁殖力が強い)

面白そうだから作って、使ってみました。

 

今使い始めて3週間ほど経ちました。

なんとなく、VIOゾーンやお尻の黒ずみの範囲が狭まったような気がします。

黒ずみの色も、濃い焦げ茶色だったのが、あれ?全体的に薄くなってる?

そんな実感があります。

肘や膝にも使っていて、そちらの肌の黒ずみは、殆ど気にならないです。

3週間でこの感じなので、使い続けたら結構良さそうな予感です。

あなたにもお勧めできるかも!

 

VIOゾーンや肌の黒ずみに効く、どくだみの美肌成分とは?

どくだみの効能は、抗菌/殺菌作用、消臭作用、傷を治す作用、

お茶にすれば利尿作用、毒素排出作用、抗酸化作用などがあります。

どくだみは「十薬」と呼ばれるのが納得な、万能生薬です。

 

VIOゾーンや肌の黒ずみに効いているどくだみの美肌成分はというと、

「クロロフィル(別名:葉緑素)」と「ケルセチン」による効果が大きいようです。

 

クロロフィルは、美白化粧水とかには結構使われている成分で、

皮膚細胞の再生効果が高いとのこと。

ターンオーバーが促進されて、色素沈着が改善され、美白効果が上がるということですね。

 

また「ケルセチン」は、血行を良くしたり、抗酸化作用があるとのこと。

血行が良くなって、肌にハリが出たり、血色が良くなったり、

クロロフィルとの相乗効果で、皮膚細胞のターンオーバーが促進されて、

肌の黒ずみが解消されていきます。

 

効果実感も高いどくだみ化粧水ですが、デメリットもあります。

どくだみ化粧水だけを使い続けると、肌が乾燥するみたい。

アルコールを使っているのとクロロフィルの影響によるものみたいです。

どくだみ化粧水の効果を永く引き出すためには、

保湿をたっぷりと念入りにしましょう。

 

どくだみ化粧水の作り方

どくだみ化粧水は、簡単に作れます。

今回は、どくだみの葉とホワイトリカーを使ったどくだみ化粧水の作り方を書いておきます。

 

どくだみのシーズンは6月〜8月です。

クロロフィルは生の葉に含まれます。

今ならまだ葉が茂っているシーズンですので、チャレンジしてみたい方はお早めに。

※できるだけ汚染されていない綺麗な土壌のどくだみを使うようにしましょうね。
<どくだみ化粧水の作り方>

  • 2リットル以上の容器を用意する
  • 容器をよく洗って、よく乾かす(防カビ目的)
  • ホワイトリカー1本(1.8リットル)を買って来る
  • どくだみの葉を100〜150枚、摘む(ナイロン手袋をして摘むとカブれない)
  • どくだみの葉をよく洗って乾かす(虫や枯れた部分、大きな茎は除くこと、また水分はカビの繁殖に繋がるので、よく乾かすこと)
  • 容器に乾かしたどくだみの葉とホワイトリカーを入れて、2週間以上冷暗所で保管(太陽光に当てないように)
  • 100均などにある化粧水の容器に使う分を入れ替えて、保湿成分としてグリセリンかオリーブオイル、はちみつを少量加える(小さじ1~2杯)
  • シェイクして使う

 

わたしは6月下旬に採取して、2週間寝かしてすぐ使い始めたのですが、

寝かす時間は、長ければ長い方が良いようですよ。

 

今は顔にも使っていますが、アルコールを使っているので、

初めて使う時には、二の腕の内側などの柔らかい部分でパッチテストをしてから使ってみてくださいね。

 

 

本日はここまでです。

 

ビキニ、何年着ていませんか?

いきなり否定から入ってすみません(汗)

毎年ビキニを着て海やプールを満喫されている方も多いかもしれないですよね。

でも私の周囲の女性たちに聞いてみると、もう何年も着ていないという声が圧倒的に多いです。

そういう私もその1人です。

体型が着る気にさせないということもありますが、

VIOゾーンやお尻の黒ずみを見られたくないって気持ちもあるかな、、なんて。

今回のどくだみ化粧水があなたのお役に立ちますように^^

あ、肌のターンオーバーを促進するために、

腸内環境を整えてビタミンBとミネラルを補給できる体にすることもお忘れなく!

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました。

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2