膣カンジダかも?カンジタの症状と原因、カンジダを自然治癒させる治し方とは

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

季節は春を過ぎて、夏のイニシエーションともいえる梅雨に入りました。

むしむしと蒸す日が続いたと思いきや、

思わず春秋もののニットを引っぱり出さずには居られないような寒い日があったりと、

体温調節も一苦労です。

みなさん体調など崩されていませんか?

 

これから猛暑の夏を迎えます。

わたしたちの体は、一年を通じて、夏が一番免疫力が落ちるのだそうです。

ちょっと意外ですよね。

ちなみに免疫力が高い季節は春と秋。

冬と夏が免疫力が落ちやすくて、

冬よりも夏の方が免疫力が落ちやすいのだそうです。

体が蒸発しちゃいそうなほど高い外気温と高湿度に耐えられるように、

体はうまく体温を調節しようとしてくれるんですけど、

エアコンでキンキンに冷えた室内とお外を行ったり来たりすることで、

体温を調節する係の自律神経が、混乱してしまうからなんですね。

自律神経は体温だけでなく、免疫力もコントロールしているので、

夏は免疫力が落ちてしまうんです。

 

さらに夏は、細菌バクテリアが繁殖しやすい時期です。

大腸菌由来のO157とかの食中毒なんかはピンときますよね。

女性のからだにとって、一番身近におこりやすいバクテリア系の迷惑事といえば、

カンジダ症だと思います。

sex経験や妊娠経験のある方なら、ほぼ誰もが1度はかかったことがあるのではないか?と思います。

わたしも過去1度、20代の頃、奔放かつ不規則な生活が原因で、かかりました。

今回はカンジタの症状やカンジダになる原因、薬を使わずになるべく自然な形で

カンジダを自然治癒させるカンジダの治し方について、

知りうる限りのことを、みなさんとシェアしようと思います。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

カンジタの症状とは?

カンジダの症状はこんな症状です。

  • 膣がかゆくなる
  • 膣や外陰部が赤くなる
  • 白色のカッテージチーズのようなおりものが出てくる
  • sex中に痛みを伴うようになることもある

こんな症状があれば、どうやらカンジダを含む感染症にかかっているかも?と思って良いかも知れません。

 

カンジダの原因には何があるの?

カンジダ症の原因となるのは、「カンジタ・アルビカン」という細菌バクテリアです。

口の中や体内、膣内に生息しています。これが増えると迷惑事を引き起こしちゃうんですね。

普段は、体内にいる人間のからだに役に立つ乳酸菌などの有用菌が

カンジダ菌を抑制しているので、問題ないんですよ。

カンジダの原因は、有用菌の力が弱まる原因とも言いかえられます。要因はこちらです。

  • 抗生物質(薬)で有用菌も殺してしまう

  • お湯などによる無理矢理な膣内洗浄で、膣内のpHのアンバランスを招く(通常は有用菌のおかげで弱酸性に保たれている)

  • 糖分のとりすぎで膣内のpHのアンバランスを招く

  • 過剰なエストロゲン(女性ホルモン、生理の終わり頃〜排卵前に多く分泌される)も、膣の粘膜にあるグルコース(糖分)を増やし、膣内のpHのアンバランスを招く

  • 適度なプロゲステロン(女性ホルモン、排卵後〜生理頃に多く分泌される)はIgA抗体という免疫物質の量をあげてカンジダ症を抑制するが、増えすぎると逆にカンジダ症を招く。バランスが大事。妊娠期間中は妊娠維持のために、多量のプロゲステロンが体内で造られるので、妊婦の方はカンジダ症にかかりやすいということもあるそう。
  • 頻繁なsex(射精は膣の酸性度を減らし、精子だけでなく、カンジダ菌にも居心地の良い環境をつくる)でも起こる

抗生物質は、病院というちゃんとした善の機関から処方されるから

絶対的に良いものというイメージが、どうしてもあると思いますが、

乱用は有用菌も殺してしまう事実を認識したら、

なるべくなら、薬に頼らずに自然な形でカンジダを自然治癒させたいなって思いますよね。

 

カンジダの治し方とは?カンジダって自然治癒するの?

あくまでも自己責任にはなりますが、どうやらカンジダ症っぽいぞ、という感じがする初期の頃であれば、

自己免疫を高める自然治癒の方法を試してみても良いかも知れません。

もしも自然治癒しそうに無い感じであれば、迷わず病院に行って抗生物質をもらいましょうね。

有用菌も殺してしまいますが、カンジダ症がいなくなった状態にして、

一から、腸内細菌叢(腸内フローラ)を含め、有用菌がいる状態に整えていけば良い話だと思います。

 

カンジダの治し方(カンジダを自然治癒させる試み)

  • 膣内のpHを元に戻す(酸性度を高める)ために、「乳酸菌などの有用菌」 または 「アップル・サイダー・ビネガー、12カップを約1リットルの水で薄めたもの」で、112回膣内洗浄する

  • ホルモン・バランスを維持する

  • 頻繁にsexしている場合、23日に1度、膣内洗浄する

(引用:ジョンリ・R・リー博士の「医者も知らないホルモン・バランス」)

わたしの個人的な意見ですが、乳酸菌などの有用菌が含まれた膣内洗浄剤を使うにしても、

慎重には慎重を期してほしいなと思います。膣はとてもデリケートですし、

粘膜に直接作用させることになるので、商品を選ぶ時は気をつけたいです。

「完全自然由来のものを選ぶこと」

「ホルモンは、ほんの微量でも大きな作用を生むので、男性/女性ホルモン的なものが含まれていないかどうか、含まれていないとしても、ハーブ系でも環境ホルモン的に作用して男性/女性ホルモン的な作用をしそうなものが入っていないか」

「不要な添加剤が入っていないか」

などを、自分自身の眼で、しっかりと見極めて選んでくださいね。

 

カンジダ症にならない!自己免疫力を高める方法

そもそもカンジダ菌に負けない体調を維持するためには、

自己免疫が下がらないようにすることが大切ですよね。

免疫細胞の70%は腸にあるんです。

だから一番の近道は、腸内環境を改善することです。

今の免疫力の状態を知るには、便の状態が雄弁に教えてくれると思います。

健康であれば、便は黄色〜薄い茶褐色で、臭いがなく、するっとバナナ1~2本分は毎日出ます。

便の状態については別途用意しましたのでこちらをどうぞ

30代のダイエット〜便の状態を観察すれば、あなたのダイエット能力が分かる

腸内環境自律神経免疫力は密接です。腸が整えば、自律神経も免疫力も整います。

ちなみに自律神経が整えば女性ホルモンを含むホルモンバランスも整います。

コントロールしているところが、同じだからです(脳の視床下部)。

 

同じ乳酸菌でも、便の色までも見事に改善してくれる(腸内を弱酸性にしてくれる証拠)乳酸菌は

私が色々試してきて、そう多くはないなというのが実感です。

そんな中、1兆個もの腸に確実に届く免疫活性型の乳酸菌(100%純菌体)は見事でした。

便秘改善/美肌/基礎体温があがる(代謝アップでダイエットも)効果をわたし自身が実証済みの乳酸菌↓

商品サイト:

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150
 

わたしの体験談:メガサンA150 

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

 

メガサンの次に免疫活性度の高いEC12菌乳酸菌を配合したサプリもあります。

お値段的にもリーズナブルな部類だと思います。

腸内環境の改善はもちろんのこと、大豆イソフラボンを原料に

腸内細菌がエクオールという免疫成分をつくり出すことをサポートするサプリです。

エクオールは抗ガン作用があると研究成果での報告もあります。

でも直接その成分を飲むは危険。

女性ホルモンに似た働きをするので、体内で作れる体になった方が

より自然に近く、体に優しいとされるからです。

気になる方は、こちらを見てみてください。

商品サイト:最先端のエビデンスにもとづく正統派の乳酸菌サプリ 

商品リンク

わたしの体験談:ノムダス

 

 

 

今回はここまでです。

「カンジダって感染症でしょ?それって、病気とか健康に関わる話で、

直接、アンチエイジングと関係ないじゃん!」

という厳し目な突っ込みを10人中2-3人の方の割合で頂くだろうな〜と思いつつも

書かせて頂いたには訳があるんですよ。

 

免疫力が下がる=自律神経の乱れ=代謝の乱れ=老化という関係があるんです。

こういう理屈は、説明するためには必要なんですけど、

私自身が免疫力をあげたらアンチエイジングが叶っちゃった的な存在の人なので、

理屈は最初から飛び越えちゃってて、体が分かってる感じなのです。

「老化を防ぐには免疫力をキープする」のがごく自然です。

 

あなたも、「あ、なんか肌コンディションがイマイチだな〜」とか

「体調がイマイチだな〜」と感じたら、”免疫力が下がってるかもな〜”と気にしてみてください。

テコ入れには、全身の免疫細胞の70%が集まる腸を大事にケアしてみるのが早道だと思いますよ。

大事にするために、便秘の改善などの整腸作用はもちろんのこと、

プラス免疫力を高める効果のある乳酸菌を摂ってみたらいいと思います。

それでは、

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2