髪の毛が抜ける原因は女性ホルモンの乱れとストレス性抜け毛。女性の薄毛対策!

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

私の30代の女性の友人に、頭頂部の薄毛に悩む子がいます。

20代後半くらいから、髪の毛が抜けるようになり、

原因を探ろうにも、納得のいく答えにはなかなか辿り着けず、

次第に薄毛に悩むようになったそうです。

確かに、つい目がいってしまうんです・・・。

色白で顔も美人、ファッションセンスも抜群、性格だって誠実で優しい彼女なんです。

でも、本人は「どうせわたしは薄毛だから・・・」と思い落ち込み、自信が持てないようで、

恋愛も思うようにいかないの・・・と、苦しい胸の内を告白してくれました。

 

その気持ちに触れて、私にも何か役に立てることはないかと思い、

女性の薄毛対策につながること、予防のために試していることをあれこれ話したんです。

同じ悩みを抱えていらっしゃる方、特に20代や30代女性の方に向けて、

先日、彼女と話した内容をこの場を借りてシェアしようと思います。

少しでも、ふわっと、あなたの心が軽くなることを願いつつ、

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

髪の毛が抜ける原因は女性ホルモンの乱れー薄毛に悩む女子のための対策

生活習慣の乱れなどで早い方であれば20代後半くらいから、

前更年期症候群の期間に突入していると言われています。

前更年期症候群とは、女性ホルモンの乱れや、加齢による女性ホルモンの減少が原因で、

皆さんも心辺りのある様々な症状を伴います。

PMSが重くなったり、生理周期の乱れ、無排卵月経、子宮や乳房の問題や病気などなどですね。

そして、女性ホルモンの乱れは、髪の毛が抜ける原因にもなり、薄毛問題に深く関係しています。

 

女性ホルモンには、卵巣(主)や脂肪細胞(サブ)でつくられるエストロゲンと、

排卵で卵子を放出した後、空になった卵胞が黄体となりつくられるプロゲステロンがあります。

重要なのは、プロゲステロンです。

プロゲステロンのレベルが低下すると、それを補うために、副腎皮質という場所で、

男性ホルモンの原料となるアンドロステネジオンが生成されるんです。

もちろんアンドロステネジオンも男性っぽい特質があるので、抜け毛/薄毛の原因になります。

 

ではプロゲステロンのレベルを保つためにどうしたらいいか、についてです。

 

無排卵月経を改善する

プロゲステロンは排卵後の空の卵胞を原料としているので、排卵が正常に起こる必要があります。

極度のダイエットやストレス状態で、排卵はもちろんのこと、生理すらとまること、ありますね?

これらの要因があれば、速やかに解消しましょう。

遺伝性、体質的な根本要因がある場合は、専門医に相談しましょう。

その際、安易に合成のホルモン剤を処方するような医師はダメです。

症状が重くなるか、数年後に婦人科系の病気になる処方箋を渡されるだけです。

生活習慣の乱れやメンタルケアを含め、ビタミンやハーブ、完全自然由来のホルモンクリームなどを

あなたに即して処方してくれるような医師を探しましょう。

極度のダイエットや遺伝的体質上の問題でなければ、自律神経を整えることが有効だと私は思います。

女性ホルモンの体内バランスをコントロールしているのは、脳の視床下部です。

脳の視床下部は、自律神経のバランスもコントロールしているのです。

アンチエイジングの専門医:齋藤氏によれば、

自律神経が整えば、同じ場所でコントロールされている女性ホルモンのバランスが整うそうです。

自律神経を整えるためには、食事/睡眠/運動の基本を見直すこと、

加えて、腸内環境の改善に注力しましょう。

脳と腸は自律神経の一種、迷走神経で直接やりとりしています(脳腸相関)。

便秘があれば即、改善を。

また免疫力と自律神経は密接に関係していて、免疫力をあげると自律神経も整います(逆も然りです)。

特に腸には体全体の70%の免疫細胞が集結しています。

わたしも婦人系の病気を腸活で乗り越えた経験があってお話しています。

 

ちなみに、免疫力とアンチエイジングの両方を兼ねてわたしがお勧めできるのはこちら。

1兆個もの腸に確実に届く免疫活性型乳酸菌(100%純菌体)を使った

便秘改善/美肌/基礎体温があがる効果をわたし自身が実証済みの乳酸菌↓

商品サイト:

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150

わたしの体験談:

メガサンA150 

 

もしくは、腸内環境をケアしながら、自然由来の成分で女性ホルモンに似た

エクオールをつくれる体になる乳酸菌で、

スーパーイソフラボンの効果で、PMS対策にも良かったです。

商品サイト:最先端のエビデンスにもとづく正統派の乳酸菌サプリ 

わたしの体験談:ノムダス

 

エストロゲン過剰を避ける

わたしもホルモンの勉強をするまでは知らなかったのですが、過剰なエストロゲンは危険です。

一般的に世間では、加齢によって、エストロゲンが減少し、老化を加速させるというストーリーで、

エストロゲンを補うサプリの販売で語られることが多いですよね。

「でも!」です。

エストロゲンに拮抗する(=肩を並べる)ホルモンなしに、エストロゲンだけを補給すれば、

過度にエストロゲン優勢な状態となり、美容にも健康にも悪影響なのです。

エストロゲンの量が増えると、プロゲステロンの量が減ります。

プロゲステロンの量が減ると、アンドロステネジオンやテストステロンなどの

男性ホルモンが生成され、抜け毛/薄毛の方向へ向かってしまうからです。

 

エストロゲンに拮抗する(=肩を並べる)ホルモンが大事です。それはプロゲステロンです。

ということは、改善方法は、自律神経を整えるために、腸内環境を改善するということになります。

繰り返しになりますが、私が信頼を寄せている腸内環境改善のための乳酸菌サプリはこちら。

1兆個もの腸に確実に届く免疫活性型乳酸菌(100%純菌体)を使った

便秘改善/美肌/基礎体温があがる効果をわたし自身が実証済みの乳酸菌↓

商品サイト:

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150

わたしの体験談:

メガサンA150 

 

余談ですが、エストロゲン過剰で気になっていることに、

プラセンタとか、バストアップサプリに配合されている成分があります。

エストロゲンだけを意識した成分配合になっていないか、

今一度、しっかりと検証する必要がありそうだとわたしは個人的に思っています。

 

肝機能をあげる

過剰なエストロゲンはプロゲステロンの量を減少させて、

アンドロステネジオンやテストステロンなどの男性ホルモンを生成するサイクルを生みだし、

抜け毛/薄毛に帰結する可能性がある訳です。

この過剰なエストロゲンを無害化してくれるのが、肝臓なんですよ。

だから肝機能をあげることが大事です。

肝臓は血流の臓器で1分間に1.5リットルもの血液を処理しています。

毒素や老廃物などの不要なものをろ過したり、

あらゆる代謝酵素をつかって栄養を体が求める形に変換して全身に送り出しています。

また漢方医学では、「髪の毛は血液の余りでつくられる」と言われるそうです。

タンパク質/アミノ酸も豊富な栄養満点の血液力が抜け毛/薄毛対策には重要ということです。

 

そして、大仕事を黙々とこなす肝臓を助けるのが、一歩手前の腸なのです。

肝臓と腸は門脈という血管で繋がっていて、腸管から吸収される栄養や毒素が血流にのって

肝臓に注ぎ込まれるからです。

だからここでも腸内環境の改善はマストとなる訳です。腸内環境の改善には乳酸菌がベスト。

参考までに:

1兆個もの腸に確実に届く免疫活性型乳酸菌(100%純菌体)を使った

便秘改善/美肌/基礎体温があがる本物の乳酸菌↓

商品サイト:

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150

わたしの体験談:

メガサンA150 

 

腸内環境をケアしながら、自然由来の成分で女性ホルモンに似たエクオールをつくれる体になる乳酸菌で、

スーパーイソフラボンの効果で、PMS対策にも◎

商品サイト:最先端のエビデンスにもとづく正統派の乳酸菌サプリ 

わたしの体験談:ノムダス

 

腸内環境をケアしながら、ダイエットしたい方向けの乳酸菌はこちら↓

わたしも1ヶ月弱で3キロ痩せました。

商品サイト:セレブのように毎日手軽に菌活生活!!コンブチャスリム 

わたしの体験談:コンブチャスリム

 

ストレスも抜け毛に拍車をかけるー薄毛に悩む女子のための対策

体がメンタルを含むストレスを感じると、副腎からコルチゾルという物質が量産されます。

コルチゾル自体は、傷んだ細胞を修復するために糖を細胞内に招き入れ易くする働きをするので、

決して悪いものではないのです。

「でも!」です。

コルチゾルが過剰になると、女性ホルモンのうち、抜け毛/薄毛を予防するプロゲステロンの働きを

阻害してしまうんです。。

ではどうすれば、この状態を避けられるかといえば、

「ストレス状態を慢性化させないこと!」と言える訳です。

 

Myストレス発散方法をもっておくことは重要です。

 

でもこれって、仕事や家事やプライベートで何か問題が起こっている時は

すぐにどうにかできないことも多いと思うんですよね。

 

その時には、腸内環境を整えることに注力するのがベストだと思います。

具体的には乳酸菌を摂取すること。

なぜなら、腸ではストレスに負けないメンタルタフネスを司るセロトニンが生成されるのです。

脳では全体の10%ほどしかつくられないですが、腸では90%もつくられるんです。

このセロトニンが迷走神経を通じて、脳に働きかけていることが分かっています。

(直接脳には運ばれませんが、腸のセロトニンが減ると、脳のセロトニンが減ります)

セロトニンがよくつくられる腸になるためには、便秘はNGです。

便秘はなくても、便の色が焦げ茶、黒色だったり、おならが匂う、口臭がする、体臭がするなどの

自覚症状があれば、腸内は悪玉菌に占拠されている可能性が高いです。

そうなると体が解毒に追われて、セロトニンどころではないですし、

頭皮や髪の毛まで栄養が行き渡らないですからね。

 

最後に参考までに:

1兆個もの腸に確実に届く免疫活性型乳酸菌(100%純菌体)を使った

便秘改善/美肌/基礎体温があがる本物の乳酸菌↓

商品サイト:

特許取得の最高品質乳酸菌!
1兆個の乳酸菌メガサンA150

わたしの体験談:

メガサンA150 

 

腸内環境をケアしながら、自然由来の成分で女性ホルモンに似たエクオールをつくれる体になる乳酸菌で、

スーパーイソフラボンの効果で、PMS対策にも◎

商品サイト:最先端のエビデンスにもとづく正統派の乳酸菌サプリ 

わたしの体験談:ノムダス

 

腸内環境をケアしながら、ダイエットしたい方向けの乳酸菌はこちら↓わたしも1ヶ月弱で3キロ痩せました。

商品サイト:セレブのように毎日手軽に菌活生活!!コンブチャスリム 

わたしの体験談:コンブチャスリム

 

今回はここまでです。

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2