幸せオーラの出し方!幸せホルモンのオキシトシンとセロトニンを増やす方法

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

女性は、幼い頃はその小さな体から幸せオーラを輝かせて、愛くるしい仕草で周りを癒し、幸せにするパワーを秘めていますよね。10代や20代の頃は、ただ呼吸をして、ただそこに居るだけで、春に花が一斉に咲き薫るような天然の美しさとキラキラオーラで、パッと周りを明るく照らし、周りの人を幸せにするパワーを秘めています。

そして30代を迎え、40代、50代とその先も続いていくあなたの人生に、何を求めますか?

これから続く人生、わたしは若く美しく健康なままの時間を生き抜いて、これまでの人生で起きた出来事を大切にしながら、自分だから出来ることを見つけて育て、価値観の合う支え合えるパートナーを得て、幸せに溢れた時間を過ごしたいと願っています。

先日とある知人から、肉食女子と言われて思わず苦笑してしまいましたが、なりたい自分になるために、自分にできることは何でもしたい。そう思います。結果、幸せオーラに包まれた女性を徹底的に目指す点で、肉食女子という言葉は合っていると思います。

現状はどうあれ、これから先の時間をどうせ生き抜くならば、愉快に、時に痛快に、時に穏やかに、満ち足りた時間を過ごしたいって思いますよね?例えば、魅力的な男性とお付き合いして、心揺さぶられる時を経て結婚し、その人の子どもを産みたいと願う方もいると思います。

結婚している方なら、いつまでも旦那さんや世の男性の目を奪うような女性でありたいと願うかも知れません。

周りにいる幸せオーラを出している女性に嫉妬する側でいるよりは、いつも幸せそうな人で羨ましいなと思われるような立場でいたいです。不幸そうな女性というよりは、幸せオーラのある女性として認められたいですよね。

でも願望はあるけれど、どうやって実現させましょうか?この解決方法の1つに、どうやら、オキシトシンとセロトニンという幸せホルモンが関係しているようです。

 

今回は、幸せホルモン:オキシトシンとセロトニンを物理的に増やす方法について、お話しようと思います。久しぶりに今宵もお付き合いくださいませ^^それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

幸せホルモン:オキシトシンとセロトニンの増やし方

そもそもオキシトシンってなに?という方もいらっしゃると思います。オキシトシンは人間を含む哺乳類しか持っていないホルモンで、以前は子育て中の母親の脳内で確認されたことから、子育てに限ったホルモンだと言われてきました。

しかし最近では、人間社会で起きるストレスが解消された時に、ホッと落ち着いたり、人との繋がりを通じて、じわ〜っと温かい安心感を感じる時などにも脳内で分泌されることが分かっています。

ポイントは、他人との関わりを通じて分泌されているという点です。

 

この後ご紹介するもう1つの幸せホルモン:セロトニンは、どちらかというと、自分の体とこころを制御するために分泌される性格が強く、オキシトシンに比べると、自己完結しているホルモンシステムと言えると思います。

そのもう1つの幸せホルモン:セロトニンですが、快楽や喜びをもたらしてやる気を出させる物質:ドーパミンとわたしたちの生命を守るために、高い集中力で、不快や危険を察知させる物質:ノルアドレナリンのどちらか一方が過剰に分泌されるのを抑制して、穏やかなメンタルを保つために重要な物質です。

ドーパミンは脳の報酬系を刺激するので、一度ターゲット(報酬)を手にすると、次の報酬、また次の報酬という具合に、欲を暴走させてしまう危険性があります。一方、ノルアドレナリンが過剰になると、うつの危険性が高まります。この両者のバランスをとって、落ち着きやリラックスを担当しているのがセロトニンという訳です。

 

幸せオーラという言葉からはこんなイメージが連想されませんか?

  1. 愛する人達に囲まれて、いつも満ち足りた生活を送っている人
  2. メンタルの起伏が比較的落ち着いていて、安心感を抱かせる人

この2つの要素は、それぞれ、「1.オキシトシン」「2.セロトニン」が関係しているんですね。

 

幸せホルモン:オキシトシンとセロトニンを増やすには、腸内環境の改善を

幸せホルモンと腸内環境、一見繋がりがあるようには思えませんよね?

でも実際には深く関係しているのです。

オキシトシンとセロトニンはどこから分泌されていると思いますか?

答えは、オキシトシンは脳の視床下部、セロトニンは脳幹という部分です。

(脳は、脳幹→視床下部の順に進化して付け加えられてきた経緯があります)

ちなみにセロトニンは、脳で作られる割合が全体の10%程度で、90%以上は「腸」でつくられています

腸で造られたセロトニンが脳幹に直接運ばれることは無いですが、脳と腸は迷走神経という自律神経の一種で直接コンタクトし合いながら、全身のコントロールをし合っている(脳腸相関)ので、腸内のセロトニン量が減ると、脳幹セロトニンの量も減ることが判明しています。そのため、セロトニンをしっかりと分泌させるには、腸内環境が整っていることが条件となります。余談ですが、便秘だと気分も優れないというのは、脳腸相関とセロトニンの量が関係しているとも言われています。

 

またオキシトシンについても、セロトニンが上手く生成されていないと、オキシトシン自体も上手く分泌されないことが分かっています。

脳は、脳幹→視床下部の順に進化したことを考えてみても、大元の脳幹に関係の深いセロトニンの量が、視床下部と関係するオキシトシンの分泌量を左右しているというのは、妙に納得ですよね。

また視床下部だけに目を向けてみると、視床下部は、メンタル面を含むあらゆるストレスを認識したり、食欲や性欲(ドーパミン)、怒りや不安など(ノルアドレナリン)の情緒のコントロールを担当しています。

ドーパミンとノルアドレナリンによる情緒のコントロールはセロトニンが深く関係しているので、やはり視床下部の機能を整えてオキシトシンを正常分泌させるには、セロトニンが大切だと言えそうです。

 

セロトニンは腸内環境が改善されてこそ、正常に生成されます。またオキシトシンの分泌にもよい余波を与えるためにも腸内環境の改善は、必須だと言えます。

 

このサイトでは、セロトニンやオキシトシンの分泌状態にも左右する腸内環境の改善に役立つ本格派の乳酸菌サプリメントを紹介しています。

本格派乳酸菌サプリの代表格がエンテロコッカスフェカリスEF2001株乳酸菌を1兆個配合したこちらのサプリです。

メガサンA150

腸に確実に届く1兆個の乳酸菌|エンテロコッカスフェカリスEF2001の効果を体験してみた

乳酸菌はどれも一緒ではありません
特許取得の特別な乳酸菌をお届け!

 

他にも腸内環境をケアしながら、ダイエットに強いタイプのもの、減少する女性ホルモンのバランスを補うタイプのものといった、個性的で優秀な乳酸菌サプリもご紹介中です。

詳しくはこちらをどうぞ

 

幸せホルモン:オキシトシンを増やすために、恋人とハグ&キスを

オキシトシンに限っては、他人との繋がりを感じる時に分泌されます。でも他人なら誰でも良いかと言えば、答えはNOです。自分が信頼を寄せられる人、穏やかな愛情を注げる人に限ります。そんな気持ちになれる恋人がいれば、存分なハグが効果的です。もちろんキスでもOK!お気づきかも知れませんが、家族でもお友達でももちろんOKです!

恋人が今はいない方であれば、両親でもお友達に会ったらハグを^^お互いに幸せオーラの源:オキシトシンを分泌させて幸せホルモンを爆発させましょう^^

 

 

今回はここまでです。

最近、あなたにとって嬉しいことや楽しいこと、ホッコリするような心温まる幸せなこと、起きていますか?

生身の人間ですもの。

生きていれば、どちらかと言えば、思わずホロりと涙してしまうような悲しいことや辛いこと、

雲のように、もくもく立ちこめる不安を抱えることもありますよね。

特に女性はこころと体は密接に繋がっています。

20代後半〜30代の女性は前更年期症候群という時期に突入していると言われています。

PMSの影響でこころが乱れるということもあるかも知れません。

こころに元気を無くしてしまっている時は、できるだけ何も考えずに、

体の調子を丁寧に整えていきましょう。

体調が整えば「必ず」こころが元気になる方向へ向かいますからね。

そして、あなた本来の自信も、泉のように内側から沸いてきます。

そのようなあなたからは、幸せオーラが滲み出るようになりますよ。

 

その根本は、腸内環境に尽きます。磨きに磨きをかけていきましょう。

このサイトでは、セロトニンやオキシトシンの分泌状態にも左右する腸内環境の改善に役立つ

本格派の乳酸菌サプリメントを紹介しています。

本格派乳酸菌サプリの代表格がエンテロコッカスフェカリスEF2001株乳酸菌を1兆個配合したこちらのサプリです。

メガサンA150

腸に確実に届く1兆個の乳酸菌|エンテロコッカスフェカリスEF2001の効果を体験してみた

乳酸菌はどれも一緒ではありません
特許取得の特別な乳酸菌をお届け!

 

他にも腸内環境をケアしながら、ダイエットに強いタイプのもの、減少する女性ホルモンのバランスを補うタイプのものといった、個性的で優秀な乳酸菌サプリもご紹介中です。

詳しくはこちらをどうぞ

 

幸せオーラは一日にしてならず!

心身の状態が良い時も、悪い時も、今からはじまる一秒一秒のために、

体の内側から溢れる笑顔と幸せのために、

自分にできることを丁寧に取り組んでいきましょう^^

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2