紫外線は老化の悪者か?ミトコンドリアの機能を高めるアンチエイジング効果も

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

5月も近くなって、太陽の日差しも初夏を感じさせるように。

通勤時に25〜30分ウォーキングしていて、

行き交う方の中に、紫外線による老化対策のためか、

日傘やアームウォーマー、サングラスをかけた女性を

よく見かけるようにもなりました。

 

紫外線は肌の老化を招くことは皆さんもよくご存知だと思います。

肌細胞のDNAのキャップで正常な自己複製を担うテロメアも

紫外線によって短くなると報告されています。

肌の代謝(ターンオーバー)を乱して、メラニン色素の沈着で

シミをつくったりしてしまう原因にもなる紫外線。

 

ですが、ですがです。

陰と陽は紙一重で、紫外線による恩恵も実は大きいんですよ。

 

今日は「適度な」紫外線が、

アンチエイジングや健康にもプラスなんですよ〜

ということをお伝えしようと思います。

今宵もどうぞお付き合いくださいませ^^

「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

紫外線でミトコンドリアの機能は活性化(代謝で血流・体温の改善)

アンチエイジングは「腸内環境×血流×体温」の掛け算式の関係です。

どの要素も大切ですよ~というお話を何度かしてきました。

覚えていらっしゃいますかね^^

 

この内、「酸素たっぷりで栄養たっぷりな血流」や「体温をあげる」ことに

深く関わる「代謝」の大元を握っているミトコンドリアの働きに

スイッチを入れるのが、太陽光に含まれる紫外線なんです。

 

ミトコンドリアについては過去に書いたものがあるので、

よければこちらもどうぞ。

肌くすみの原因は肝機能低下。ミトコンドリアの働きを知って肝機能改善を!

 

話を戻しますね。

ミトコンドリアは全身の細胞内にある小器官です。

 

細胞内のエネルギー生産工場であるミトコンドリアは、

酸素をエネルギー源にして、糖や脂肪を分解します。

その時に発生する熱のおかげで、

わたしたちの体温を維持出来ている関係なんですね。

 

でもこの生産回路には酸素だけではなく、紫外線が必要なんです。

1日の太陽光(紫外線)を浴びる推奨時間は

「合計で1時間」と言われています。

 

季節によっても太陽光(紫外線)の量は違うので、

合計で1時間というのはあくまで目安です。

 

のちほどの項でも説明しますが、

紫外線を浴びるとビタミンDが体内生成されます。

 

東京都内で、真夏の直射日光を露出度50%の格好で浴びると、

6分で1日に必要な量が足りる一方、

冬場は同じ条件でも7〜8倍の時間が必要です。

こう思うと、上記は冬を基準とした数値かもしれないですね。

 

日焼け止めをたっぷり塗って、一日中屋内で過ごしている方は、

太陽光が足りていない状態だと思います。

全身のミトコンドリアの機能があがらずに、代謝が低い状態に傾くので、

顔や首は日焼け止めは塗るけど、

手や足は適度に紫外線を浴びれるようにしたら良いかも知れませんね。

 

紫外線でビタミンDを体内生成し、乳がんや大腸がんを予防する

唯一わたしたちのからだ(皮膚経由)が造れるビタミンが

ビタミンD3です。

 

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cがあります。

このうち、ビタミンD3生成に関係するのが紫外線UV-Bです。

 

UV-Bは、日焼け止めやガラス窓、ストッキングなどでも

シャットアウトされてしまうので、

ビタミンD3を体内生成するには、

直接太陽光を皮膚で浴びる必要があります。

 

ちなみにUV-Cは

オゾン層でほとんどシャットアウトされて無害なはずですが、

オゾン層破壊が問題になっているので、断言はできない状況です。

 

紫外線による老化、肌老化などで一番問題なのはUV-C、

その次にUV-A、UV-B。

紫外線を過剰に浴びすぎると、

肌細胞のDNAやその複製を担うテロメアが損傷するため、

よくありません。

 

UV-Aは、肌の表皮細胞だけでなく、真皮細胞にまで届き、

活性酸素を発生させ、肌の弾力を失わせ、たるみの元になります。

 

UV-Bもシミそばかすの原因になります。

 

少し話しを戻します。

では何故「適度な」紫外線に当たった方が良いかというと、

以下のような理由があるからなんですよ。

 

これまでビタミンDは骨粗鬆症に良いくらいにしか認識されていなかった・・・

でも、わたしたち20代30代を含む生理卒業前の

全ての女性にとって関係がないとは言い切れない

乳がん、大腸がんの予防効果がビタミンDにあることが分かっています。

 

ハーバード大学医学部のリン氏が、

アメリカの閉経前の女性1万578人の乳がん発症を平均10年間追跡し、

血液中の血清カルシジオール(ビタミンDが肝臓で分解されたもの)の濃度レベルと、

乳がん発症率を調べたところ、

ビタミンDの量が5段階で最高(548  IU以上)のグループは

最低(162  IU以下)のグループに比べて、

35%も乳がんの発症率が低いという結果が出ました。

(別の研究結果では、ビタミンDによって50%も乳がんの発症率が抑えられる結果もあります)

 

これはビタミンDの免疫アップ効果によるもので、

風邪やインフルエンザなどの感染症に対しても有効のようです。

 

余談ですが、今、ホルモンについて勉強していて、

エストロゲン(女性ホルモン)とか、成長ホルモンには嬉しい効果もある一方で、

これらのホルモンに拮抗(きっこう)するものがなく過剰になると、

やっぱり害はあるんですよね。

それが乳がんとか子宮系の病気だったりしてですね。

 

わたしも子宮で経験があることもあり、

冬場に限っては紫外線が少ないので、

ビタミンD3のサプリを乳酸菌と一緒に摂るようにしています。

 

話しを戻します。

免疫に有効とされるビタミンDですが、

乳がんや大腸がんの予防を目的とする場合、1日の体内推奨量の上限は4000  IU

(引用:平柳要氏著書:ガン予防に実は「日光浴」が必要なわけ)。

ただしご注意を!

食品やサプリメントから摂るのは1日2000 IUまでです!

これ以上とると高カルシウム血症の危険性あり!

 

ちなみに食品でいくと、

シラスや焼き鮭、焼きサンマなど魚に多く含まれいます。

 

また話を戻します。

残りの2000 IUはどうするか?というと、

皮膚で生成することになります。日光浴ですね。

 

時間でいけば、前段の合計1時間を目標にするのが良いと思います。

ミトコンドリアのことも考えて。

 

でも夏場は短めに木陰でOKです。

繰り返しますが、

都内で真夏の直射日光を露出度50%の格好で浴びると、

6分で1日に必要な量が足りる一方、

冬場は同じ条件でも7〜8倍の時間が必要です。

 

 

本編は以上です。

ビタミンDについてのお話はいかがでしたでしょうか?

皮膚で造られたビタミンD3は、ビタミンD結合たんぱく質と結合して、

血液に取り込まれて肝臓に運ばれます。

ここでカルシジオールなります。

 

そして腎臓や他の組織に運ばれて、

より強力な活性型ビタミンDに変換されて、

良い仕事をしてくれるんですよ。

 

やっぱり肝臓も大事だし、腎臓も大事だった。

血流に関わりまくっている。。

 

でも肝臓、腎臓で物質が変換されるには触媒となる酵素が必要で、

その活性にはビタミンB群やミネラルの力が必要で、

それって腸内細菌叢(腸内フローラ)が整っていないとダメなんですよね。

ということで、「腸を制するものは全てを制する」ので、腸内環境が基本です!

加齢で減少する腸内細菌の種類や数を積極的に補う

アンチエイジングの近道ですよ^^

 

 

このサイトでも良質な乳酸菌サプリをご紹介中です。参考にされてみてください。

1.メガサンA150

腸にしっかり確実に届きます!
1兆個の乳酸菌!メガサンA150

2.コンブチャスリム

セレブのように毎日手軽に菌活生活!!コンブチャスリム

3.ノムダス

最先端のエビデンスにもとづく正統派の乳酸菌サプリ

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2