乳酸菌で脂肪分解酵素リパーゼを阻害して食べた脂肪を帳消しに!楽に痩せる第3弾

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

本当は、今日、脂肪分解酵素リパーゼの働きをあげて+αで「綺麗に痩せる」「楽に痩せる」第3弾を書こうと思っていたのですが、急遽予定変更となりました。

逆に、脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して痩せる!という、全く逆のことを言っている面白い論文を見つけてしまったからなのです。

日清食品ホールディングスの松村敦さんの「プロバイオティクス細菌による膵リパーゼ阻害作用」

という論文です。

アンチエイジングマニア、別名、乳酸菌オタsayakoとしては見過ごせない情報なので、その一端をみなさんと共有したいな〜と思います!

毛細血管中のリポタンパク質・リパーゼの働きを抑えて、食べた脂肪を、分解も吸収もさせにくくして脂肪細胞に蓄積させれるのを予防するお話です。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

脂肪分解酵素リパーゼとは?

まず基本を一緒に押さえましょう。リパーゼは脳の視床下部からの指令を受けて、すい臓から分泌される脂肪を消化する、消化酵素です。

リパーゼには、実は2種類あります。

1つ目が、血液中の中性脂肪を消化する「リポタンパク質・リパーゼ」です。

2つ目が、脂肪細胞内の中性脂肪を消化する「ホルモン感受性リパーゼ」とがあります。

「脂肪分解酵素リパーゼの働きアップ」で「ダイエット促進!」ていうイメージありませんか?実はわたしもそうでした。どうやら、このイメージや、よく売られているサプリは、2つ目のホルモン感受性リパーゼを主役にした時のお話のようです。こちらも着々と温めておりますので、後日改めて更新しますね♫

でもです!

今日sayako的にお熱いのは、血液中の中性脂肪を消化する「リポタンパク質・リパーゼ」の方です。

リポタンパク質・リパーゼの働きを阻害して、脂肪そのものの消化吸収を減らしてしまう方法という目新しくて楽しいお話です。

食べた脂肪を無かったことに!って、どこかのトクホのお茶のCMを彷彿とさせますが(笑)

 

リポタンパク質・リパーゼの働きを逆手にとる

まずリポタンパク質・リパーゼはどんな時にどう働く酵素なのか、よく分からないですよね。

念のため、脂肪の摂取から脂肪細胞に蓄積される流れの一緒に押さえちゃいましょうね。

食事で摂った脂肪の大部分はトリアシルグリセロールといって、脂肪酸がいくつか繋がった大きな分子です。

このトリアシルグリセロールは,十二指腸で胆汁によって細かく分解されます(ミセル化といいます)。

その後、すい液や腸液中の脂肪分解酵素であるリポタンパク質・リパーゼによって、さらに分解された後、小腸の上皮細胞(腸壁のことね)から吸収されます。

小腸の腸壁から吸収された後、実は、またトリアシルグリセロールに再合成されて、リン脂質とカイロミクロンという物質に変換されて、リンパ管へと輸送されます。

実はリンパ管って、最後は血管に合流するので、こうして全身の脂肪細胞内に脂質の粒が供給され、脂肪細胞が大きくなっていくんです。

脂肪細胞が脂肪を蓄積するのは、生命維持のためなので、リポタンパク質・リパーゼは、決して悪い作用を及ぼす酵素ではないのですよ。基本的に真面目で律儀ないい子です。

ただ「綺麗に痩せる」「楽に痩せる」というダイエットを目的とした場合、少し付き合い方に頭を捻る必要がありますよね。

日清食品ホールディングスさんの言葉を借りるとこうです↓

そこで実質的な摂取エネルギー減少を引きおこすためには、胆汁酸吸着によるミセル化阻害、もしくはリパーゼ阻害による機序が予想される。

お固い(笑)

要は、リポタンパク質・リパーゼの働きを逆手にとれば、うまい具合に食べた脂肪を無かったことにできそうじゃない?ということを日清食品ホールディングスさんは思いついたんですね^^

 

乳酸菌を摂って、リポタンパク質・リパーゼの働きを阻害!

はい。今日のお話は以上です(笑)タイトルで終わってしまった^^

乳酸菌を摂るだけで解決ですよ!これぞ「楽に痩せる」の極意!!

脂肪の吸収を押さえてメタボ予防もできてしまうんですって、乳酸菌ってすごい!!

20代30代の女性にとっては、メタボはまだまだ早いと思いますが、お腹周りの脂肪をすっきりさせてウェストラインに綺麗なくびれを夢見る女性は多いですよね^^

旦那さんや彼や、いつか夢見た好きな人とハグした時に、腰からウェストラインをチェックされても平気なように、ウェストラインに余計な脂肪はつけないように磨いて参りましょうね♫

ちなみに日清食品ホールディングスの研究では、ラクトバチルス門のガゼリ菌株NLB367とNLB365が、最も、リパーゼ阻害作用が高かったそうです。

このヨーグルトを見つけたら即買いしちゃいましょう^^ そして、食べながらでいいので耳を傾けて欲しいんですけど、実は腸内細菌の研究が世界的に熱気を帯びはじめたのはごく最近のことなんですよ。だから、ダイエットに効果のある乳酸菌などの腸内細菌は、まだまだ沢山見つかるはず!あ〜楽しみ!!

わたしも研究者になりたいわ。

それと。腸内細菌の種類や数は、若い人ほど多く多様性に満ちているんですって。これが若さのカギを握っていると言われています。

加齢と共に、腸内細菌叢(腸内フローラ)の多様性と数は失われてしまうんです。これが老化の原因にもなっています。

だからこそ、より多品目の食品、植物性/動物性など多種類の乳酸菌を、日頃からコツコツと摂取して腸内細菌叢(腸内フローラ)を豊かに保つのがアンチエイジングのカギとなりますね♫

乳酸菌といっても色々あるし。。と思い悩んでいる方がいたら、わたしが実際に試して効果のあった乳酸菌サプリを紹介しています。参考になさってくださいね。腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善する乳酸菌サプリはこちらから

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2