最先端の健康美容法は、うんちを移植する方法

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

あなたは今、どんな暮らしをしていますか?

1人暮らしですか?それともファミリー暮らしでしょうか?

20代から30代の女性は、結婚で人生のパートナーを得た方もいたり、

出産という、ある意味ではパートナー以上にかけがえのない存在を得た方もいますよね。

あるいは結婚も出産も意識してない訳でもないけれど、

それよりも自分1人で生きていける力や環境づくりが先だと

仕事にもみくちゃにされながれ格闘中だったり。

とにかく今のところは、お1人様だったり。

学生の時のような横並びの同質感や均一感に比べれば、

20代30代女性の暮らしぶりは、ぐんと多様性が広がっていますよね。

その人の大事にしている価値観が垣間みれたり色濃く現れてくるところが

実に興味深いところです。

他人との違いに戸惑い、自分を無意味に疑ったり責めてしまいがちなのが20代。

疑ったり責めても仕方ない!と良くも悪くも図々しく居直るのが30代(汗)。

今私は30代で、この居直り術によって実に生きやすくなりました(笑)。

余談つづきに、わたしは今かねてより興味のあったシェアハウス暮らしを体験中です。

人生の大半を1人で暮らしてきて、ふと、1人暮らし飽きたな〜と気づいて、

翌日にはシェアハウスの契約をしていました(笑)

一戸建てに女性数人で住んでいます。

半数以上は自分で何らかの事業をしている方たちで、

ご時世を感じつつ、実にたくましい(笑)。

シェアハウスに住まいを替えてから、かれこれ4ヶ月ほど経ちますが、

思い返してみると、この間の体調とメンタルの変化が著しいことに気づきました。

今日は、腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化が及ぼすアンチエイジング、

メンタルヘルスへの影響について、書き留めようと思います。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

腸内細菌叢(腸内フローラ)は性格も体調も変えてしまう

あなたはインドア派、アウトドア派、どちらですか?

今の質問は性格に関わる話です。わたしはインドア派です。

正確には、でした。今変化しつつあります。

変化度はざっくりこんな感じです。

  • フィジカル:体温が0.5度もあがった。肌が綺麗になった。運動を全くしなかったのに、毎日朝晩のウォーキングを30分ずつ、楽しんでしている。おかげで脚のむくみも一層解消されて細くなった

 

  • メンタル:お行儀は良いけど、遠慮がちで型にはまった人付き合いをするタイプだったのに、今は会社の社長と小汚い庶民の店で、割り勘で飲みながら、お悩みにズケズケもの言ってみたり、同僚をつかまえては馬鹿話をし、年下男子をつかまえてはおちょくるという、お行儀は悪いけど楽ちんな感じになってきた。

 

  • ライフスタイル:やりたいことがあっても色々と考えて行動に移せないタイプだったのに、このサイトを始めると決めてから1週間も経たないうちに立ち上げれた。

 

生活面で変わったことと言えば、住まいを変えたことくらいです。

1人暮らしだったのを共同生活に変えた。これだけです。

これだけですが、共同生活することで、

それまで触れなかった他人の細菌に触れることになるんですね。

トイレやお風呂やキッチンなどで。

じっくり考えると気持ちが悪い気もするので、この辺でやめておきます(笑)。

 

冒頭で、一緒に暮らしている女性たちの大半が、

アクティブなタイプの人達とお話しましたが、

腸内細菌叢(腸内フローラ)が、その影響を少なからず受けていると思います。

 

人のDNA解析が一段落したこともあり、新たな開拓分野として、

優秀な研究者が腸内細菌をテーマにし始めたというのがここ数年の流れで、

研究自体が始まったばかりですが、その成果は着実に出てきています。

 

実は、腸内細菌が動物の性格に影響を及ぼしているという最新の研究成果があります。

人間のうつや自閉症といった症状にも腸内細菌が関係していることが分かっています。

正確には、腸内細菌がつくり出す神経伝達物質が関係しているのですが。

また腸内細菌叢(腸内フローラ)にいる細菌の種類や数は

年齢とともに減少することも分かっていて、

これがアンチエイジングに悪影響を与えているらしいぞ、ということも分かってきています。

ということは、腸内細菌の種類と数を増やすと良いことがありそうだぞ、ということでもありますね。

このサイトでは腸内環境を良好に保つ乳酸菌サプリ(しかもアンチエイジング成分もたっぷり配合)をランキング形式で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

 

最先端の健康医療技術は便移植。腸内細菌の移植なのです。

念のため確認しますが、便とは、うんちのことです(笑)。

AIやらIoTやら、テクノロジーの進化が激しい2017年の現代。

最先端の健康医療技術が、便移植だなんて、にわかには信じられないかも知れないですね。

健康な人のうんち(腸内細菌)を抗生物質が効かない重症患者に移植すると、

健康が回復するのです。その成功率は92%。効果絶大です。

一方で、このサイトではアンチエイジングに良いこととして、以下のお話をご紹介してきました。

  • 体温をあげること
  • 血流を改善すること
  • 肝臓を守ること
  • 腎臓を守ること
  • 腸内酵素を始めとする体内酵素を活性化すること
  • 代謝をあげること
  • 自律神経を整えること
  • ホルモンバランスを整えること
  • 睡眠が大事なこと
  • 運動や筋力アップが大事なこと
  • 食事内容が大事なこと
  • すべてに関係するのが腸内環境であり腸内細菌叢(腸内フローラ)の改善が大事であること

これからも増えていくと思います。

そして重大な事実を告白すると、これらのお話はすべて、

健康(免疫力)に直接関係することなのです。

健康になるように努めればアンチエイジングが手に入り、

アンチエイジングに良いことをしようと努めれば健康が手に入るという関係です。

 

話を戻しますが、便の1/3は腸内細菌です。

健康な人の便を移植するということは、

健康な人の腸内細菌を移植することを意味しています。

 

そういえば、離乳食を始める前の赤ちゃんの便は、ビフィズス菌が沢山って知ってました?

もしかしたら、最先端のアンチエイジングサプリは、

赤ちゃんの便由来、なんて時代が来るかも知れないですね。

さすがにないかな?

 

また話が脱線してしましましたが、腸内細菌を移植すると健康になる。

健康になるとは、アンチエイジングが可能になるという方程式でしたね。

 

じゃあ自分で便移植をやってみよう!などとは決して思わないでくださいね。

これは専門医師による厳格な管理下で可能となるお話です。

腸内細菌には善玉菌だけではなく、悪玉菌もあるので、危険な場合もあります。

 

便の移植をする代わりにできることは、

乳酸菌を始めとする多種類の菌を積極的に摂取することです。

摂取後24時間後くらいから、

腸内細菌叢(腸内フローラ)に変化があるそうです。

 

意外と早くて嬉しいですよね。迷っている時間の方がもったいないかも知れないです。

このサイトでは腸内環境を良好に保つ乳酸菌サプリ(しかもアンチエイジング成分もたっぷり配合)をランキング形式で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2