楽に痩せる第2弾「若々しくスタイルがいい人」と「老けて見られる人」の違い

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

くだらない世のオトコなんかより、同性の女性に注目してしまう。

ってことありませんか?

ちょっと背伸びしてセンセーショナルな登場をしてみました(笑)

ちなみにわたしはストレートです。オトコ好きです。

男性が魅力的な女性を目で追うことはよく見かけますが、

意外と「同性の女性ほど、女性を見ている」って、ありますよね。

こっちの方が興味深い。

 

その目線には、自分よりも上か下か、

上ならば、羨望と嫉妬のエッセンスが入り交じっていることもあるかな・・・。

ファッションセンスの良い女性や

肌が綺麗な女性

スタイルがいい人を見かけたら

自然と目がいきませんか?

 

特にスタイルがいい人を見かけたら、

それこそ穴が開くほどの凝視モードになります、わたくし(笑)

目標にするために(笑)

もっとスタイルがいい人になりたい!永遠に。

ただし、楽に。とにかく、楽に。

あわよくば痩せたい。

今日は、そんな気持ちを共有してくださる20代30代女性に向けた

楽に痩せるシリーズ第2弾です。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

「若々しくスタイルがいい人」と「老けて見られる人」の違い

これって何だと思いますか?

その答えの1つは、コアマッスルの状態にあります。

コアマッスルってよく耳にしますけど、

「なんか奥の方にある筋肉?」とか

「体幹とかのイメージ?」みたいな

ぼんやりしたものだったりしませんか?

改めて、確認しておきましょう。

 

コアマッスルとは、首から肩、背中、腰にかけた姿勢を保つ筋肉です。

コアマッスルの筋力が衰えると、

  • 首から頭が前に出やすい
  • 背中が曲がる
  • 骨盤が後ろに倒れてのっぺり尻になる

猫背の完成です。

実はこれ、老けて見られる大きな要因なんですよ。

Yahoo知恵袋の投稿をたまに見たりするんですが、

その中に「年下男子が年上女性に対して年齢を感じる瞬間」

というテーマがありました。

 

年下男子いわく、

「合コンの時、座っている時には美人に見えた年上女性が、

帰り道一緒に歩いている時に、背中が丸まっていたのを見て、

年齢を感じてしまって、一瞬で気持ちが冷めた。」

という手厳しいコメントが実際にありました。

しかも何件も。。

え、そんなことで!?って思わなくもないですが、

わたしも20代前半だった頃、逆の立場で経験があるので、

動物的感覚というか本能というか、妙に納得してしまいました。

くれぐれも老けて見られることが無いように、

首から肩、背中、腰にかけたコアマッスルを「意識」するようにしましょう。

コアマッスルが整っていれば、猫背が改善されて姿勢が良くなるので、

それだけでスタイルがいい人に見えますからね。

しかも、スタイルがいい人に見えるだけではなくて、楽に痩せる体になるのです。

というのも、

コアマッスルを鍛えると、基礎代謝量が20%アップする

と言われています。

20代女性の1日の基礎代謝量が平均1200Kcal、

30代女性の1日の基礎代謝量が1160Kcalとすると、

基礎代謝が20%アップして、

20代女性で240Kcal、

30代女性232Kcalがプラスして燃える体になるのです。

もっと分かりやすく言うと、なんとですね、

おおよそ、ジョギング1時間分に相当します!

実際に走っていなくても、寝ていても、

ジョギング1時間したことになる体になるのです。

これはまさに「楽に痩せる」にはもってこいですよね。

ちなみに、基礎代謝をあげる他の裏技も公開しておりますので、

よければそちらも見てみてください。

綺麗に痩せる裏技♥「お熱を上げる」ことと「腸内酵素とのご縁づくり」

 

「若々しくスタイルがいい人」になって「楽に痩せる」方法

スタイルがいい人になって、楽に痩せるには、

コアマッスルを鍛えることが効果的だということが分かりました。

でも「何するの?やっぱり筋トレとかキツいことしないとダメ?」と

不安になった方、ご安心ください。

「スタイルがいい人になって、楽に痩せる」のに、

もってこいの方法があります。

それは「日常生活の中で、首から肩、背中、腰にかけたコアマッスルに意識を集中して、姿勢を良くする」ことです。

コアマッスルの本来の目的に沿って、姿勢を良くするだけです。

姿勢を良くすることは、立派な筋トレなのです。

何気なく書きましたが、上の太字部分をもう一度見てください。

意識をどこに集中させるか、

鍛えたい箇所に意識を集中して筋トレすることが大切なのです。

余談ですが、たとえば、腕立て伏せをする時に、

ぼんやりと散漫な意識ですると、腕が太くなりますが、

胸に意識を集中させると、バストアップが実現します。

今回のテーマはコアマッスルですので、

日常生活の中で、ウォーキングすることがあれば、

腹筋やお尻の筋肉に集中すると、脚は太くならないまま、

ウエストの引き締めと、ヒップアップが実現します。

椅子に座っている時も、両肩を後ろに引き、

首筋を立て、お腹を引っ込め、お尻の穴をぐっと締めるイメージで、

意識を集中させると良いです。

 

「姿勢がキープしにくい」時はストレスを疑って。腸内環境改善を。

つい先週、わたしはこの状態でした。

会社までの道のりを、いつも通りコアマッスルに意識を集中して

ウォーキングしていたんですけど、

どうしても、いつもみたいに上手く姿勢が作れないんですね。

何でだろうな?って思いながら、もんもんと歩いていました。

実はわたし、病気をして以来、

なんとなく直感的に体の不調部位が分かるという

ちょっとした特技が備わりまして。

その時は、腸だなって思ったんです。

いつもより多めに乳酸菌を摂るようにしてから、

上手く姿勢がつくれるし、キープできるようになりました。

でも何がどうして、そうなったのか、分からないままで、

気になったら調べないと気が済まないアンチエイジングマニアsayako、

今回も探ってみました。

姿勢がキープしにくくなった時から遡ること1ヶ月くらい前から、

ちょうど職場でのストレスが普段よりもかかっていたんです。

慢性的な精神的ストレスは、活性酸素を大量発生させるので、

筋肉を始め全身の細胞壁を傷つけるんですね

その傷んだ細胞を修復するために、

副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されるんですけど、

分泌されすぎてしまうと、筋肉が合成されずに、

分解されてしまうそうです。

こちらのサイトでもご紹介しているオールインワン乳酸菌サプリ

いつもより多めに摂取するようにして、

腸内環境を改善していった結果、

今もストレス状況はあまり変わっていないにも関わらず、

姿勢がキープできるようになりました。

乳酸菌と腸内細菌のエサとなる食物繊維の力で、

腸内の善玉菌が元気になって、短鎖脂肪酸やエクオールなど、

自律神経やホルモンバランスを整える神経伝達物質や

ビタミン類がちゃんとつくられた結果だろうな、って思っています

もしも、今、あなたがストレスフルな状況でしたら、

ぜひ、腸内環境のケアをおすすめしたいなと思います。

スタイルアップも兼ねてね^^

私が信頼する腸内環境改善のための乳酸菌サプリはこちらです。

腸にしっかり確実に届きます!
1兆個の乳酸菌!メガサンA150

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

あとこちらは、ビタミンB5を含むビタミンB群をバランス良く配合して、

国内で栄養機能食品として認可を取得したサプリです。

ビタミンB5は「ダイエットサポートのビタミン」と呼ばれると先にお話した通り

ダイエット用商品に仕上がっていますが、それだけの効果ではないです。

 

こちらは、EC12乳酸菌とエクオール(ホルモンバランスを整える)の効果で

免疫やストレスケアに良いです。食物繊維やオリゴ糖も配合で腸内環境の改善はばっちり。

商品リンク

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2