体質改善しながら楽に痩せたい!を実践する方法

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

少し前、五反田にLES CACAOS(レ・カカオ)という

Been To Barのお店ができたんです。カ

カオ豆の選別から焙煎、精錬、チョコレート作りを一貫して手掛けていて、

ピエール・マルコリーニのパティシエだったKUROKIさんという方のお店です。

残念ながら、知り合いではないんですけど(笑)

会社の行き帰りに通る道沿いにあるので、ずっと気になっていたのです。

ちょっとお高めでも、たまには本物を食べたいって時ありますよね^^

 

 

「体質改善ダイエット」とか「アンチエイジング」に興味があると言うと、

食べない人って思われがちなんですが、実際は逆!

食べるの大好き!!食べ歩き大好き!!

出来ることなら「楽に痩せたい」です(笑)

ということで、今日は「楽に痩せる方法」についての小話をしようと思います。

大食家で大酒飲みでズボラ人間でもできる「体質改善ダイエット」についてです。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

食べて痩せるダイエット

デブ菌」と「ヤセ菌」。

ダイエットに興味のある方なら一度は聞いたことがあると思います。

NHKがスペシャル企画として、

腸内細菌叢(腸内フローラ)の神秘な世界を番組で放送したことがきっかけで、

世に知られることになったんですよね。

 

「肥満体質の人」と「痩せ体質の人」の腸内細菌叢(腸内フローラ)には

違いがあるんだそうです。

肥満になった結果、違いが現れるんじゃなくて、

「肥満を防ぐ腸内細菌がいないから肥満体質になる」ことが判明したのです。

 

今見つかっている肥満を防ぐ菌とは「バクテロイデス」という善玉菌グループです。

「痩せ体質の人」の腸内細菌叢(腸内フローラ)には、

このバクテロイデスが沢山いて、

天然のやせ薬」と言われる短鎖脂肪酸をつくりだしてくれているから

「痩せ体質」でいられるのだそう。

 

ふとギャル曽根が頭をよぎりました。

彼女は1日で10000キロカロリー以上とっている日もあると思うんですよね。

1日で成人女性の10日分のカロリーを摂取していると聞いたことがありますし。

お子さんを生んで多少ふくよかになったように思いますが、

それでも、食べている量に比べて痩せていますよね。

 

ひょっとすると、彼女の腸には、

バクテロイデスなどの「ヤセ菌」が沢山いるのかも知れないですよね。

バクテロイデスは、人の消化酵素では分解できない食物繊維をエサにして増殖します。

また食物繊維を原料にして短鎖脂肪酸をつくりだしています。

 

たまねぎ・ごぼうに含まれる食物繊維(イヌリン)が相性がよいようですし、

大麦やまいたけ・しいたけ・エリンギに含まれるβグルカンのネバネバ成分が、

バクテロイデスなどの善玉菌グループを腸内に留めやすくしてくれるとのこと。

 

ただしご注意を!

腸内細菌は3000種類、1000兆個にも及ぶと言われていて、

研究はまだ始まったばかりです。

たまたま今見つかっているのがバクテロイデスであって、

もっとすごいのが見つかる可能性を大きく秘めています。

しかも!

腸内細菌は多様性がある方が美容面でも健康面でもよいらしいぞ、

ということが最新研究で分かっています。

 

お肉や魚、お米、お酒にお菓子をたっぷり食べたい時は、

善玉菌のエサとなる食物繊維もモリモリ食べましょう!

 

 

でも毎日3食すべてに気をつかうのは大変。

でも痩せ菌を増やすために腸内環境の改善は大事!

そんな時こそ乳酸菌サプリの力を借りましょう。

モデルなどダイエットと美容にアンテナの高い女性は、はじめています↓


他のおススメも気になる方はこちらからどうぞ

 

食べないで痩せるデトックスダイエット

胃が「ぐ〜〜っ」と鳴るあれは「お腹すいた」のお知らせじゃなくて、

「まだ食べちゃだめだよ」のお知らせだって知っていました?

 

わたしは、しーんと静まりかえった会議中に限ってよく鳴り、

穴に入りたいほど恥ずかしい思いを何度もしているので、

会議前には何か食べてしまうのですが、

体質改善ダイエット的には良くないんですね。

 

何故かというと、

「ぐ〜〜っ」は、小腸にまで届く強烈な胃の強い収縮作用の音で、

胃腸に残っている食べカス古い粘膜(腸壁の毒素や老廃物も含まれる)をはぎ取り、

胃腸を綺麗にするデトックスの音なのです。

デトックスは、食後90分くらいから始まり、その後90分単位で繰り返されます。

 

「食べないで痩せる」の極意は、このデトックス効果を「夜」に実践する方法です。

とは言っても、夜食を抜きましょう!ということではないですよ。

「体質改善」をしながら「楽に痩せる方法」なので、

からだに元々備わっている仕組みがあれば、

じゃんじゃん活用しましょうという方法です。

 

「楽に痩せたい」ので、成長ホルモンを活用します。

成長ホルモンには、脂肪を分解する作用があるのです。

分泌量は、体内時計によってコントロールされていて、

だいたい22時〜午前3時の間に最も分泌され、

それ以降は分泌がとまるようになっています。

 

注意点は、成長ホルモンによる脂肪の分解作用は、

「空腹であること」が条件となる点です。

 

食後90分後から胃腸のデトックスが始まるので、

例えば夕食を20時までに終えたなら、

21時半くらいから胃腸のデトックスが始まって

23時頃に1回目のデトックスが完了したことになりますね。

 

女優やモデル、美容研究家の方が

「18時までには夕食を済ませる」

「遅くとも20時以降はものを食べない」

と言っている理由はこれです。

 

胃腸のデトックス回数を確保して、空腹状態をつくり、

成長ホルモンの恩恵に預かっているのです。

 

空腹時間をつくってあげるとうれしい得点がついてきます。

善玉ホルモン「アディポネクチン」の分泌が活発になって、

血管が綺麗になりますし、睡眠の効果で血流も整います。

 

大食家で大酒飲みのわたしも、

やらかし過ぎた後のメンテナンスでこの方法をよく使います。

 

1週間もしない内にお腹まわりがすっきりしますし、

肌が綺麗になりますよ〜。

案外、女性ほど同性の変化に敏感だと思うのですが、

会社の女性にも変化に気づかれるので、効果があると思います。

 

ちなみにわたしは20時以降は食べないようにしているのですが、

どうしてもお腹が空いてしまった時には、

栄養機能食品として認可を受けたコンブチャスリムを飲んでいます。

カロリーが控えめなのと乳酸菌や善玉菌のエサとなる食物繊維も豊富で、

細胞の修復に良い多品目のビタミンをバランスよく配合しているので、

体質改善をしながら楽に痩せるにはもってこいだと思います。

コンブチャスリム数量限定!キャンペーンサイトはこちら

 

「体質改善」しながら「楽に痩せる方法」は他にも沢山あるので、

順次公開予定です。

このサイトでは「体質改善ダイエット」や「楽して痩せたい」願いを叶えてくれる乳酸菌サプリをランキング形式で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2