ストレスに負けない。老けない顔を手に入れる方法

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

頭から湯気がモクモクしちゃうくらいイライラするとか

強いストレスを感じることはありますか?

 

仕事に家事や育児、本当に現代女性は忙しいですよね。

ストレスが溜まって、いつも般若顔で・・・とか

気づいたら眉間に深いシワが刻まれていた・・・とかとか

悲しき事態に陥らないために、

頑張っているあなたのために、ストレスに負けない

老けない顔を手に入れる近道についてのお話を

お送りいたします。

 

 

 

アンチエイジングマニアsayako、

実は免疫オタでもありまして、今宵は免疫オタの視点から書きます。

うんちくたっぷりですが、どうかお付き合いくださいませ。

「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

精神的ストレスが老ける原因

精神的なストレスは老ける原因になります。

でもどんな経路をたどって、影響が出るのかって

ブラックボックスな部分でもあるので、

そこをあえて、掘り下げてみようと思います。

キーワードは「白血球」と「自律神経」です。

ちょっとご説明しておきますね^^

白血球は、血液中に存在しています。

「免疫力」や「免疫システム」とか「免疫細胞」って言われたりもします。

白血球は、免疫を司っているのです。

白血球には、

「マクロファージ」や「顆粒球(かりゅうきゅう)」という

細菌や異物を食べる&殺菌する細胞と、

「リンパ球」というウイルスや体内で発生するガン細胞を

殺傷したり抗体をつくって体を守る細胞が含まれています。

からだが健康な時の白血球に占める割合はこちらです。

マクロファージ:顆粒球:リンパ球 = 5%:60%:35% 

この白血球をコントロールしているのが自律神経。

交感神経とか副交感神経って耳にされたこともあると思いますが、

それのことです。

そして、自律神経をコントロールしているのが脳(視床下部)です。

朝太陽を浴びると、脳(視床下部)は、

自律神経を交感神経にシフトさせます。

このお陰で日中は活動的に動けるんですよ~。

一方、食事後や夜の睡眠時間には、

消化やメンテナンスをするためにお休みモードの

副交感神経にシフトされます。

ちょっとややこしいですが、

次に続くお話に関係するので、こちらを覚えておいてください。

交感神経は、顆粒球と関係が深い。

副交感神経は、リンパ球と関係が深い。

精神的ストレスは活性酸素の大量発生原因で、全身の細胞壁が傷むし老ける

精神的ストレスを感じると、

脳(視床下部)は交感神経を緊張させます。

そうすると、顆粒球が増加するのです。

免疫細胞が多くなって良いじゃん!と考えがちですが

落とし穴があります。

顆粒球の寿命が尽きる時に、活性酸素が発生するのです。

精神的なストレスがない時であれば問題はないです。

(マクロファージが死んだ顆粒球を食べて溶かしてくれる)

でも精神的ストレスが慢性化すると、交感神経が緊張しっぱなしで

顆粒球が増加の一途を辿ってしまう!!

増えた顆粒球の寿命が尽きる際に大量の活性酸素が発生し、

体が活性酸素を処理できる量を越えてしまうのです。

(マクロファージが食べて溶かせる量を超えてしまう)

困ったことに、血流は全身をめぐるので、

この活性酸素が全身をめぐって、細胞壁を破壊します。

また疲弊したマクロファージが血管に詰まることによって、

血流がドロドロになるのです。

精神的ストレスによって、

細胞が傷むし、血流も悪くなるので、肌にも悪影響が出ます。

疲れたように見える人が、老けて見えるのは、

ストレス過多による交感神経の緊張で顆粒球が増えすぎて、

活性酸素が大量発生して、細胞壁を傷つけているから、

と言えるかも知れません。。。

精神的ストレスは低体温の原因となり、老化道まっしぐら!

精神的ストレスは、交感神経を緊張させすぎて活性酸素を発生させ、

あなたの細胞壁を壊して、血液もドロドロにしてしまうことも・・・。

血流が悪くなると、何が怖いかって、低体温になることです。

ちなみに、理想的な体温は36.5℃~37.1℃だそうで、

体内酵素がよく働くのは、37℃台なんですって。

平熱が35℃台の方は、これだけでもちょっと危険な状態。

 

低体温になってしまうと、体内酵素がほとんど機能しなくなるそうです。

基礎代謝や肌のターンオーバーなどなど、すべての代謝が落ちる><

 

結果的に、

  • 太る
  • シワが増える
  • シミが増える
  • 髪はバサバサ
  • 白髪が生える
  • 爪も薄くてすぐ折れる、破れる
  • 免疫力が落ちる
  • 病気がち
  • 幸福感が感じられない

など、老化道をひた進む方向へ向かってしまうのです。

 

腸内環境の改善で精神的ストレスから身を守り老けない顔を手に入れる方法

腸内環境の改善で自律神経を整える

精神的ストレスは、交感神経を緊張させすぎて

「顆粒球」という白血球の仲間を増やします。

この顆粒球が死滅するときに大量の活性酸素が発生します。

 

活性酸素が老ける原因になるので、精神的ストレスへのケアは大事です。

 

精神的ストレスから身を守って、老けない顔を手に入れるには、

自律神経のバランスを整えること。

それには脳(視床下部)を整えることが必要なのですが、

脳に直接作用できるのが「腸」だといわれています。

脳腸相関といって、迷走神経で脳と腸は直で繋がっているんですって。

だから、腸内環境の改善が大切なんですね。

腸内環境の改善に役立つ乳酸菌サプリの情報

 

自律神経を整えたい方におすすめはこちら2つ。

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

エクオール産生菌でホルモンバランスを整え生理前のイライラも解消!若見えも叶う!

 

腸内環境の改善でメンタルを整える

 

「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンというものがあります。

興奮しすぎたり、落ち込みすぎたりといった暴走を脳がしないように、

バランスをとってくれる重要な物質です。

このセロトニン、脳に10%、残りの90%は腸にあります。

腸で多くが作られるのです。

腸で作れらたセロトニンが脳に直接運ばれることはないそうです。

でもね、腸のセロトニン量が減ると、脳のセロトニン量も減ってしまう

という関係があります。

脳と腸が迷走神経で直接繋がっていて、

お互いに情報のやりとりをしていることを考えると、

納得感のある話ですよね。

 

もとい、腸内環境の改善で、セロトニンがたっぷり作られるように

してあげることが大事ですね。

腸内環境の改善に役立つ乳酸菌サプリの情報

 

 

腸内細菌に細胞修復ビタミン:パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)をつくってもらう

活性酸素で傷ついてしまった細胞を修復することも大事。

副腎という、左右の腎臓の上にちょこんとのっている臓器がその担い手です。

脳の視床下部が、細胞が傷ついた!というストレスを認知すると、

下垂体に指令を出して、

副腎から細胞修復ホルモン:コルチゾールを分泌させます。

 

細胞の修復には糖が必要なのですが、

細胞に糖がとりこまれやすいように

血糖値をコントロールするのがコルチゾールなのだそうです。

 

このコルチゾールの生成に、

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が必要とされます。

老けない顔を手に入れるには、パントテン酸カルシウムの体内量を意識しましょうね。

 

このありがたいパントテン酸カルシウムは、

なんと腸内細菌がつくり出すことができます。

プロピオン酸産生菌という腸内細菌によるものです。

このプロピオン産生菌は、

人間の消化酵素では分解できない食物繊維をエサにして

それらを発酵分解させて、

パントテン酸カルシウムをつくり出すことができるのです。

 

サプリで摂取することも可能ですが、

腸内細菌の力を借りると、食物繊維が腸内にある間、

ず〜っとつくり続けてくれるのです。

 

ただ、腸内環境が良好でないと、

プロピオン酸産生菌の菌数が少なくなったりするので、

腸内環境の改善がカギとなります。

腸内環境の改善に役立つ乳酸菌サプリの情報

おすすめはこちらの2つ。

エンテロコッカス乳酸菌の効果で体温をあげる!体質改善ダイエットにも!

ダイエットに成功!太らない体に❤ダイエット効果が高く腸を整えるコンブチャの効能

 

たっぷりの睡眠で活性酸素を除去!

睡眠中に最も活性化する成長ホルモンには、

細胞の修復作用があります。

夜は遅くても23時までには寝ましょうね。

 

また睡眠を司る「メラトニン」という物質には、

活性酸素を除去する効果があります!

このメラトニンは先ほどの「セロトニン」が原料です。

セロトニンは90%が腸内でつくられています。

ここでも腸内環境の改善って大事なのが感じられます

腸内環境の改善に役立つ乳酸菌サプリの情報

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2