大人女性の魅力「いろはだ」には赤いビタミンB12不足の解消

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

最近、山田太一さんの「思い出作り」という脚本を読んでいます。

いつも健康志向の上質でお高めなお菓子をくれる、

女子力が高い”男性の”上司からお借りした、

といいますか、

教科書みたいに配布いただいた(笑)もので、

1982年にTBSでドラマ化された作品です。

 

当時、女性は24歳までに結婚しないと価値がぐぐっと下がるという時代背景で、

23歳の女性3人が、そんな「時代や世間のあたり前」に疑問や反発心を抱き、

自分が納得のいく人生にしようと、

色々な無茶(新しい挑戦)をしては転び、

時に振り返りしつつ葛藤を通じて、

既製品ではない自分らしさを掴んでいく物語のようです。

 

2017年の今と1982年の35年の間に横たわる時代背景は大きく変わりましたが、

女性が自分に対して自身の価値を問いかけ、

自分らしさを形作ろうと追求する姿勢は、普遍のようです。

 

みなさんはいかがですか?どんな小さなことでも、

自分らしい何かを見つけられたことは素敵なことです^^

 

わたしの小さな発見ですが、

若い時には身につけたくても全然似合わなかった赤色が、

年齢を重ねたことで、キリっと似合うようになってきたことがとっても嬉しいです。

大人の女性だからこそ持ちこなせるブランドバックのように、

赤色も大人の女性の魅力が備わってこそ、

使いこなせる色だと思うのです。

魅惑的な若々しさを伝える色ですね。

 

ファッションだけでなく肌にも言えて、

いろはだ(赤みを帯びた血色の良い肌)は、大人の女性の魅力をぐっと際立たせてくれます。

今日は、「いろはだ」に欠かせない成分である

通称「赤いビタミン」こと、ビタミンB12について小話しちゃおうと思います。

それでは「今日のアンチエイジングにいいこと♥」OPENです。

 

ビタミンB12の効果とは?「いろはだ」には赤いビタミンを

ビタミンB12は最後に見つかったビタミンで、

その構造を決定化したイギリスの科学者に1964年ノーベル賞が授与されたビタミンとしても有名です。

水溶性で、赤い色のビタミンです。

ラボで細胞を培養する時の培養液にも含まれていて、細胞のターンオーバーには欠かせない物質です。

 

血流の質をよくして、肌の血色と新陳代謝をあげる

ビタミンB12は血流の質に関係の深いビタミンです。

発見された経緯にもその特徴が現れています。

貧血には、鉄分不足のタイプだけでなく、

悪性貧血といって赤血球がうまく出来ないことによって起こるタイプがあります。

この悪性貧血を解消する物質としてビタミンB12が発見されたのです。

 

脊髄には造血幹細胞といって、血液の元になる増殖性細胞があります。

この造血幹細胞が細胞分裂することで、赤血球や白血球などが形づくられていきます。

この赤血球に分裂していく過程で、肝臓から供給されるビタミンB12が不足すると、

通常よりも巨大な「赤血球もどき」ができて、

正常な赤血球が減少してしまい、貧血症状が現れるのです。

赤血球の1/3を占めるのがヘモグロビンという、酸素を運搬する物質があります。

血液が赤いのは、このヘモグロビンが酸素と結合することによるものです。

ビタミンB12が不足すると肌の血色が悪くなり、いろはだが遠のくということですね。

 

またラボの細胞培養液に含まれるということからも分かる通り、

ビタミンB12には細胞を増やし育てる作用があるのです。

肌のターンオーバー(新陳代謝)には欠かせない物質です。

 

また光による酸化を防ぐ作用があって、たとえば皮脂の光酸化による肌ダメージを防いでくれます。

 

つまりビタミンB12が不足すると、血流の赤血球が不足して、

ヘモグロビンも不足して、細胞に十分な酸素が行き渡らず、

血色も悪くなるしターンオーバー(新陳代謝)も落ちるし、

肌老化をもたらすことに繋がるのです。

 

大人女性の魅力を倍増させる「いろはだ(赤みを帯びた血色の良い肌)」に、

ビタミンB12は不可欠という訳ですね。

ビタミンB12は腸内環境を改善して、つくることができる

このビタミンB12は、レバーや牡蠣などの動物性食品からしか摂れないと言われていますが、

プロビオン酸産生菌という善玉菌の方が効果的につくり出すことができます。

ただ、腸内環境が深く関係しているので、腸内環境を良好に保つことが大切になります。

プロビオン酸産生菌をサポートするエンテロコッカスフェカリスEF2001乳酸菌。

 

腸にしっかり確実に届きます!
1兆個の乳酸菌!メガサンA150

 

その他、植物由来の乳酸菌や酵素、食物繊維にオリゴ糖で

腸内環境を改善しつつ、ビタミンB12を含むビタミンB群のすべてを含んだ

格上の乳酸菌(栄養機能食品)。

 

EC12乳酸菌とエクオール(ホルモンバランスを整える)で

自律神経やストレスケアをしつつ、食物繊維もオリゴ糖も配合され

腸内環境の改善もできるタイプ。

商品リンク

 

神経の働きを正常にして、睡眠の質をあげ、肌が綺麗に

ビタミンB12には、たんぱく質を修復する作用があります。

折角なので神経システムのお話を少ししますね。

神経も細胞から成り立ちます。

 

神経細胞同士や、神経細胞とその他の細胞が情報を伝達する際に、

メラトニンやセロトニンなどに代表される神経伝達物質の授受をすることで情報伝達をしています。

この送受信機はこぶら状の形をしていて、シナプスとよばれます。

このシナプスがたんぱく質からできています。

 

脳には1000億個、次いで腸には1億個もの神経細胞がはりめぐらされています。

加齢やストレスなどで、このシナプスが傷むと、

ダイレクトな症状では認知症などを発症したり、

自律神経やホルモンバランスを崩し、アンチエイジングの面でも良くありません。

 

ビタミンB12は、このシナプスを修復する作用があるのです。

シナプスが正常だと、神経システムが正常に機能するので、

自律神経の日内リズム(体内時計)も整います。

睡眠と若返りの神経伝達物資:メラトニンの分泌も正常になって、睡眠の質が改善したり、

成長ホルモンの日内リズム(体内時計)が整いますので、細胞の若返りが活発になります。

 

細胞の若返りという話については、

核酸(細胞の再生コピーを担う物質)の合成にも、ビタミンB12は必要なのです。

ビタミンB12が「万能ビタミン」と呼ばれる理由も納得な気がします。

 

ちなみに核酸をつくり出しているのは肝臓で、

ビタミンB12も肝臓に備蓄されることを思うと、

無駄なくつくられているからだの神秘が宇宙を思わせるようで、何だかとっても面白いですね。

ビタミンB12をたったの1包で1日分を完璧にとれるサプリはこちら

 

ビタミンB12の不足を解消し「いろはだ」をキープする方法

ちょこちょこ上でもお話しましたが、

ビタミンB12は、プロピオン産生菌という善玉菌が

食物繊維をエサにしてつくり出すことができます。

 

食品から摂取する場合、一般的には、レバーや牡蠣などの動物性食品に含まれているので、

これらを摂取することが推奨されます。

わたしも牡蠣好きが高じて、牡蠣小屋によく通うので、

こういうスタイルのビタミンB12の不足解消法もいいですよね。

ただ、いつも牡蠣やレバーを食べるのはちょっと難しいわ、、というホンネもあったりして。

そんな方に朗報になるのは、やっぱりビタミンB12を腸内産生できることだと思うのです!

プロピオン酸産生菌は、人の消化酵素では発酵分解できない食物繊維をエサにして、

ビタミンB12をつくり出します。

しかも食物繊維が腸内にある間、ずっ〜と、つくり続けてくれるのです。

これって凄くないですか?なんとコスパが良いことか!

大人の女性の魅力、いろはだがコスパ良く叶うなんて(何だか一気に庶民の素質が出てしまいました 笑)

ただし、プロピオン産生菌も、腸内環境が悪ければ、菌数も減りますし、能力も低くなってしまいます。

ですので、腸内環境を良好に保つことが大切ですね。

このサイトではプロピオン産生菌のビタミンB12不足を解消も狙った乳酸菌サプリをランキング形式で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと♥」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2