年下男子に好かれるカッコいい女性になる秘密の方法をこっそり公開

こんにちは、アンチエイジングマニアことsayakoです。

年下男子に好かれる女性って、少し憧れませんか?

いくつになっても魅力的な女性なんだなというイメージを周囲に与えると思うのです。

年下女子と年上男子のカップルは、周りを見渡してみても多いですよね。

一方でまだ少数ではありますが、10歳年下の男子に猛烈に好かれて結婚まで行き着く女性がいたりします。

わたしの周りにも、まさに37歳の時に27歳の年下男子に猛烈に追いかけられて、結婚したかと思えば、あっという間に妊娠、そして出産した友人がいます。40代となった彼女は今も旦那さんに愛されて幸せ真っ最中です。

10代や20代前半の頃には横並びだった女性としての魅力も、30代は差がくっきりと分かれてくる世代です。

ファッションや髪型、ネイルなどの外見に気を配ることも大事ですが、20代後半からは、生まれ持った素材(体と心)に磨きをかけていく方が、自分の個性を表現する近道ですし、カッコいい女性になるためにも大事かなと感じています。

 

年下男子に好かれる女性とは?

年下男子が思わず目をとめてしまう女性とはどのような女性でしょうか?

周囲の男性数名にリサーチしてみました。

 

若見えする顔(肌コンディション)

年下男子が年齢に関係なくチェックしてしまう女性のポイントは、やはり「顔」とのこと。

年齢に関係なく、目鼻立ちが綺麗ならそれに越した事は無いようですが、シワやくすみ、キメといった肌コンディションをより重視しているようです。

生理前だと、肌がくすみ気味だったり、キメも乱れがちになる場合があると思いますが、結構、年下男子たちは見ているので、肌コンディションを整えて、若見えする顔をキープしたいですね。

シワやくすみがなくキメが整った綺麗な肌に大切なことは、肌の細胞づくりにかかっています。

肌の細胞づくりを促進するには、腸管の栄養吸収の働きをよくしたり、便秘をしないなどの腸内環境の改善が大切です。

また肌細胞を傷つける活性酸素を除去することも必要で、これには、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)とカララーゼという体内酵素の働きをあげることが大切です。

栄養は小腸から吸収されますが、腸内環境が悪いと、吸収効率が落ちて、肌細胞にわたせる栄養が激減してしまいます。

便秘をすると、大腸の腸壁から毒素が吸収されて体内をめぐり、肌細胞にも大きなダメージを与えます。

また腸の消化吸収は自律神経下でコントロールされますが、便秘などのあらゆるストレスは脳にダイレクトに伝わり(脳腸相関)、自律神経の乱れや低体温を招き、代謝が落ち、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)とカララーゼなどの体内酵素活性の低下を招きます。

通常、健康な人の肌細胞は細胞内外に「マイナス75mv」という微弱な電位差があることで、水分や栄養価を細胞内に保持することができています(内側がマイナス電荷、外側がプラス電荷です)。

肌細胞間はプラス電荷で反発しあっているからシワなどがなくハリを保つことができます。

電位差が下がると肌細胞同士の反発が弱まってシワやキメが乱れるだけでなく、細胞内の栄養のつまった水分が漏れ出すことで、くすみの原因ともなります。

肌細胞の細胞壁を壊し、電位差の乱れを起こす原因が、大腸壁から吸収されてしまった毒素であり、増え過ぎた活性酸素です。

腸内環境を整えることは、肌細胞を守ることにダイレクトに繋がるのです。

また腸内環境をよくすると、腸内細菌叢(腸内フローラ)だけがつくり出せる抗シワ成分(エクオール)なども効率よく生成できるようになって、アンチエイジングには嬉しい限り!

このサイトではアンチエイジングや腸内環境の改善によいオールインワンタイプのサプリをご紹介しています。

 

性格が明るく、メンタルが安定している

年下男子に限らず、男性は感情のアップダウンが激しい女性が苦手なのは世の常ですね。

 

確かに、メンタルが安定している空気感の女性は、周囲に安心感を抱かせますし、同性から見てもとても魅力的です。

 

メンタルに安定をもたらす物質があります。それはセロトニンというもの。

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、精神の安定をもたらしてくれる神経伝達物質です。

そのため、明るい性格をキープするためには、セロトニンが欠かせません。

 

このセロトニンは腸で90%がつくられます。

腸内環境が悪化するとセロトニンがつくられなくなるため、腸内環境の改善が大切です。

またセロトニンに限らないのですが、腸内細菌が神経伝達物質をつくりだし、脳の感じ方を直接コントロールしていることが明らかになっています。

あなたの性格を決めているのは、腸内細菌である可能性があるということです。

あくまで動物実験による結果ですが、臆病な遺伝子をもつ動物と、活発な遺伝子をもつ動物の腸内細菌叢(腸内フローラ)を入れ替えると、性格が入れ替わる結果が出ているのです。

そのため、腸内環境を良くすることが大切です。

このサイトでは腸内フローラ改善のサプリをランキング形式で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

 

自立している

経済力がすでにある年上女性はもちろんのこと、お金のある無しに関わらず、自分の人生や生活を、自ら責任をもって切り開いていくマインドの女性は、言葉にも説得力があって、年下男子にはカッコいい女性に見えるようです。

今のご時世ともいえますね。

自立しているカッコいい女性になるために、メンタル面のタフさや、やる気が重要です。

 

カッコいい女性は腸内細菌叢(腸内フローラ)が整っている

周囲の年下男子が言うように、思わず興味をそそられるカッコいい女性の条件が、「若見えする顔(肌コンディション)」や「性格が明るく、メンタルが安定している」であるとすると、実は、これらは腸内環境を改善することによって叶う可能性がとても高いものです。

フィジカルとメンタルが整うため、自然と、外向き・前向きな思考や行動を生んでいくことになると思いますので、最終的には「自立している女性」になることにつながると思うんですね。

少し飛躍してしまうかも知れないですが、カッコいい女性は、腸がつくりだしているのかも知れません。

事実、わたしは、腸内環境の改善に取り組み始めてから、外見は若返り、生き方も変わりました。そして何故か、年下男子から告白されることが増えました。

 

以下は、腸の可能性を感じてくれたあなたにお伝えします。

腸内環境を改善するには、食事が一番大切です。

レタスや白菜、キャベツなどから十分な食物繊維を摂取しましょう。

それ自体が便秘を予防・解消してくれますし、腸内細菌のエサとなってくれます。

これによって、腸内細菌が短鎖脂肪酸という「天然のやせ薬」を作り出してくれます。

短鎖脂肪酸は脂肪分解の他、代謝アップ効果があり、体温や体内酵素の活性をあげてくれる嬉しい物質です。

もちろんスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)とカララーゼなどの活性酸素を除去する体内酵素も活性があがります。

また、肌や筋肉、セロトニンの素となる鶏肉も食べましょう。

活性酸素除去のためにフルーツのビタミンCを摂取することも良いです。

ティータイムには、お砂糖の代わりにオリゴ糖をとるのも良いです。オリゴ糖は腸内細菌のエサとなり、善玉菌が優位な腸内環境へ導いてくれますからね。

 

でも最初から完ぺきにやろうとせずに、何か新しいことを知ったら、三日坊主でも良いので、とりあえずやってみよう♫というフットワークの軽さを大切にしてくださいね^^

そして誰もが羨むカッコいい女性になれる!ア〜楽しみ!!と信じ切ってやることが大切ですよ。

それでもやっぱり毎日のことなので、どうしても続かなかったり、面倒になったりするものです。

大丈夫、それが普通です。そんな時には、サプリを有効活用しましょう。わたしもそうしています。

このサイトでは、乳酸菌や自然由来のその他の発酵菌、酵素菌をはじめとするからだに良い菌をたくさん含み、なおかつアンチエイジング効果のある成分を含む選りすぐりのサプリメントをご紹介しています。

是非そちらも併せてご覧いただければと思います。

 

今日も最後まで「今日のアンチエイジングにいいこと」をお読みくださり、ありがとうございました!

 


アンチエイジングにおすすめの乳酸菌サプリ


sayako — アンチエイジング マニア —


こんにちは、sayakoです。

わたしは、まだ20代後半の頃に子宮系の病にかかったことがあります。

当時は慢性便秘やひどいむくみ、肌荒れにも悩まされていました。

一念発起して腸内環境の改善に取り組んだところ、不思議なことに病が消え、慢性便秘とひどいむくみが跡形もなくきれいに解消したのです。

肌も綺麗になって、久しぶりに会った友人たちが驚くほど外見が若返ったのです。

便秘やむくみ、肌トラブルやボディラインの崩れなどに悩む女性を1人でも多く減らしたいとの思いで、このサイトをはじめました。少しでもお役に立てたら幸いです。


アンチエイジングランキング

人気記事

  1. 豆乳でもっと美肌に!イソフラボンの美容効果を最大限に高める方法とは?
  2. ランニングで顔が老ける?”ランナーズフェイス”を回避し綺麗に痩せる運動とは?
  3. 一生太らない体をつくるための「腸ダイエット法」|アッカーマンシア菌を増やすには
  4. 【噂の真相に迫る!】コントレックスにダイエットや便秘改善の効果はあるの?
  5. 免疫力を高めることで子宮頚部異形成や頸がんの完治を目指す方法vol.2